分類データの削除

アップロード後に分類データを削除する必要が生じる場合があります。削除する対象に応じて、~empty~ または ~deletekey~ のいずれかを使用します。

分類データを削除する手順

分類データを削除するには、適切なセルに ~empty~ または ~deletekey~ を含む分類ファイルをアップロードする必要があります。

  1. 管理者分類インポーター​をクリックします。
  2. ブラウザーエクスポート」をクリックします。
  3. 分類データを削除するレポートスイートおよびデータセットを選択します。
  4. 探している特定のデータに対してフィルター処理を実行ようにオプション設定を調節したうえで、「ファイルのエクスポート」をクリックします。
  5. ファイルがダウンロードされたら、ファイルを開き、分類値を ~empty~ または ~deletekey~ に置き換えます。
  6. ファイルをタブ区切りテキストファイルとして保存します。
  7. ファイルのインポート​をクリックし、保存した分類ファイルを Adobe Analytics にアップロードし直します。

個々の分類値の削除

複数の分類を同じ変数に属させることができます。例えば、eVar1 に 2 つの異なる分類を設定できます。1 つの分類済み値のみを削除する場合は、その分類値を ~empty~ に置き換えます。次に例を示します。

在庫 SKU(eVar8) 在庫名 在庫カテゴリ
857467 V ネックセーター 婦人服
948203 足首ブレスレット 宝飾品
174391 白いコーデュロイパンツ ~empty~

在庫カテゴリ分類の下で ~empty~ を使用すると、在庫名分類のデータが保持されます。~empty~ 値によって、そのセルの分類データのみが削除されます。

分類行全体の削除

任意の列で ~deletekey~ を使用して、分類行全体を削除します。次に例を示します。

在庫 SKU(eVar8) 在庫名 在庫カテゴリ
857467 V ネックセーター 婦人服
948203 足首ブレスレット 宝飾品
174391 白いコーデュロイパンツ ~deletekey~

在庫カテゴリ分類で ~deletekey~ を使用すると、キー値 174391 のすべての分類データが削除されます。その行が分類されなかったかのようになります。

注意事項とヒント

  • ~deletekey~ を使用する場合、分類ファイルで必要なのは 1 行に 1 つだけです。
  • ~empty~~deletekey~ は​完全に​一致する必要があります。スペースや大文字は使用できません。
  • キー列内の値は削除できません。これらの値は変数に直接渡され、永久的です。
  • 下位分類が設定された分類値を削除すると、下位分類も削除されます。下位分類ではその親がキー値となっており、キー値がない状態では分類が存在することはできないからです。
  • 親分類はそのままに、下位分類のデータを削除することは可能です。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now