異常値検出リクエストの設定

Report Builder で異常値検出関連データを抽出する手順です。

  1. サイト指標トラフィック​レポートなどで、トレンドレポートを選択します。

  2. 精度の適用メニューで、「」を選択します。

    メモ

    異常値検出メニューは、「日」の精度を選択した場合にのみ利用できます。選択した期間を問わず、過去 30 日間のデータが統計データのトレーニング期間として使用されます。

  3. 日付範囲の設定後、「次へ」をクリックします。

    手順の結果 1リクエストウィザード:ステップ 2 / 2 で、訪問回数​などの指標を追加します。

    手順の結果 1追加した指標の「なし」リンクをクリックします。

    手順の結果

  4. 異常の検出[!UICONTROL <selection>] を選択します。

    ステップ情報

    いずれかのオプションを選択すると、元の指標から異常値検出用のコピーが作成されます。例えば、訪問指標の場合、指標グループに下限訪問指標が追加されます。

  5. 完了」をクリックし、Excel に出力するセルを選択します。

    異常値検出を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now