一般的なエラーメッセージ

Analysis Workspace の操作中に、パフォーマンスにも影響を与えるエラーが発生することがあります。以下に、最も一般的なエラータイプ、エラーの発生理由、および実行可能な最適化を示します。

エラーメッセージ エラーの発生理由 最適化
システムエラーが発生しました。「ヘルプ/サポートチケットを送信」でカスタマーケアのリクエストとエラーコードをログに記録します。 アドビで問題が発生しています。この問題は解決する必要があります。 エラーコードをカスタマーケアに送信してください。
予期しないエラーが発生しました。プロジェクトを再度更新してください。それでも問題が解決しない場合は、Adobeカスタマーケアにこのエラー ID を送信して、詳細な診断を受けてください。 アドビで問題が発生しています。この問題は解決する必要があります。 プロジェクトの更新を試しても問題が解決しない場合は、エラーコードをカスタマーケアに送信してください。
エラー500:ページの読み込みに失敗しました 会社のファイアウォール設定など、ローカルネットワークに関する問題が、このエラーの原因の 1 つです。さらに、解決が必要な問題がアドビで発生している可能性があります。 数分後にもう一度ログインしてみてください。問題が解決しない場合は、EIM インスタンス ID コードをカスタマーケアに送信します。
このビジュアライゼーションのセグメントまたは検索のいずれに、返された結果が多すぎるテキスト検索が含まれています。 セグメント条件またはレポートフィルターの範囲が広すぎます。 検索テキストの条件を絞り込んで、リクエストを再試行してください。
レポートスイートで、異常に重いレポート処理が発生しています。後でやり直してください。 組織が特定のレポートスイートに対して同時に実行するリクエストが多すぎます。このエラーの原因となっているのは、API リクエスト、スケジュール済みプロジェクト、スケジュール済みレポート、スケジュール済みアラート、およびレポートリクエストをおこなう同時ユーザーです。 レポートスイートのリクエストやスケジュールを、1 日を通じて均等に配分します。
リクエストが複雑すぎます。 レポート要求が大きすぎるので、実行できません。このエラーの原因は、リクエストのサイズ、セグメントまたは検索フィルターで一致した項目が多すぎる、含まれる指標が多すぎる、互換性のないディメンションと指標の組み合わせなどが原因でタイムアウトになります。 テーブルの一部の列や行を削除してリクエストを簡略化するか、テーブルを個別のリクエストに分割することを検討します。
このディメンションでは、現在、デフォルト以外のアトリビューションモデルをサポートしていません。 デフォルト以外の属性は、お使いのディメンションではサポートされません。 テーブル内のディメンションを、Attribution IQ と互換性のあるディメンションに置き換えます。
列が多すぎるか事前設定された行が原因で、要求に失敗しました。 テーブルに含まれるフリーフォームセル(行 x 列)が多すぎます。 テーブルの列または行を削除するか、テーブルを個別のリクエストに分割することを検討します。

このページ