Analysis Workspace の既知の制限

以下に、Analysis Workspace とその関連コンポーネントに関する既知の制限を示します。

テーブル

  • 日付範囲または指標がテーブルの行として使用されている場合は、日付比較列を追加できません。
  • セグメントをテーブルの行として使用すると、「選択から指標を作成」が無効になります。また、「選択から指標を作成」は、日付順の列には適用しないでください。
  • 分類行の条件付き書式では、カスタム範囲を使用することはできません。
  • 行の値を合計して合計を計算する設定が適用されている場合は、テーブルの合計行をトレンド表示できません(通常は静的な行項目で使用されます)。
  • 貢献度分析は、毎日の精度でのみ​実行​できます。時間別、週別などのデータに対して実行することはできません。

ビジュアライゼーション

  • セグメント化(フォールアウト、フロー、コホート、ヒストグラムなど)を利用するビジュアライゼーションでは、計算指標を入力として使用することはできません。
  • フロー:入口/出口ディメンション(例:入口ページ)は、フローでは使用できません。
  • コホート:整数以外の値をコホート条件として使用することはできません。

パネル

  • セグメント比較:最初のドロップゾーンでセグメントテンプレートが使用されている場合、他の全員セグメントは作成されません。

コンポーネント/セグメント

  • 指標やディメンションには、セグメント化できないものがあります(回数、ユニーク訪問者など)。
  • パネルのドロップゾーンで作成されたアドホックセグメントは、公開されない限り、Workspace の左パネルまたはセグメントコンポーネントマネージャーに表示されません。これは、セグメントを編集し、「このセグメントを公開する」を選択することで実行できます。

コンポーネント/計算指標

  • 計算指標は、一部のビジュアライゼーションでは使用できません。上記の「ビジュアライゼーション」を参照してください。
  • 計算指標自体に別々のアトリビューションモデルを含めることができるので、アトリビューションパネルで計算指標を使用することはできません。
  • 計算指標が Workspace から作成される場合(コンポーネント/セグメントから作成される場合とは異なり)、使用できないコンポーネントや演算子があります。例:IP アドレス。

コンポーネント/日付範囲

  • カスタム日付範囲では、昨年の今日、先月の今日などはサポートされません。

コンポーネント/仮想レポートスイート

  • レポート時間処理が有効な場合、一部のコンポーネントはサポートされません。完全なリストについては、レポート時間処理を参照してください。

コンポーネント/レポート設定

  • 「レポート設定」ページの一部の設定は適用されません。Analysis Workspace では、一番下の「言語 / 通貨 / エンコード」設定(千単位区切り文字、予定レポートのエンコード、CSV 区切り文字)のみが使用されます。

Attribution IQ

  • 指標のサブセットは、Attribution IQ ではサポートされません。完全なリストについては、Attribution IQ に関する FAQ を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now