散布図

散布図ビジュアライゼーションは、ディメンション項目と最大 3 つの指標の関係を表示します。3 つのコンポーネントが必要で、最大 4 つのコンポーネントの視覚化をサポートします。

  • 行コンポーネント(通常はディメンション)は、グラフ上の各ポイントを表します。それぞれの行が、異なる色のドットで表示されます。
  • 一番左の列(通常は指標)には、Y 軸(垂直方向)上の点の位置が描画されます。
  • 2 番目の列には、X 軸(水平方向)上の点の位置が描画されます。
  • 3 番目の列は、ドットの半径を決定します。
  • フリーフォームテーブルの後続の列は、散布図のビジュアライゼーションでは無視されます。

散布図

以下に、散布図のビジュアライゼーションに関するビデオを示します。

このページ