線のビジュアライゼーションは、一定期間の値の変化を示すために、線を使用して指標を表します。 折れ線グラフは、時間がディメンションとして使用される場合にのみ使用できます。

行のビジュアライゼーション

線ビジュアライゼーションの右上にある歯車アイコンをクリックして、使用可能な​ビジュアライゼーション設定​にアクセスします。 設定は次の分類に分類されます。

  • 一般:ビジュアライゼーションタイプ間で共通の設定
  • :線のビジュアライゼーションの X または Y 軸に影響する設定
  • オーバーレイ:行のビジュアライゼーションに表示されるシリーズに、追加のコンテキストを追加するオプションです。

ビジュアライゼーション設定

精度の変更

ビジュアライゼーション設定の精度ドロップダウンにより、トレンドビジュアライゼーション(折れ線、棒など)を日別から週別、月別などに変更できます。データソーステーブルの精度も更新されます。

最小または最大を表示

ビジュアライゼーション設定オーバーレイ最小値/最大値を表示​で、最小値と最大値のラベルをオーバーレイして、指標内のピークと谷をすばやく強調できます。注意:最小値と最大値は、ディメンション内のすべての値ではなく、ビジュアライゼーション内に表示されたデータポイントから得られます。

最小値/最大値を表示

近似曲線オーバーレイを表示

ビジュアライゼーション設定オーバーレイトレンドラインを表示​で、移動平均のトレンドラインを線系列に追加することを選択できます。近似曲線は、データにより明確なパターンを表現するのに役立ちます。

次に、折れ線グラフのビジュアライゼーションに近似曲線を追加するビデオを示します。

ヒント

トレンドラインは、本日(データの一部)や未来の日付を含まないデータに適用することをお勧めします。これらを含めるとトレンドラインがゆがむためです。 ただし、未来の日付を含める必要がある場合は、データからゼロを削除して、それらの日のゆがみを防ぎます。 これをおこなうには、ビジュアライゼーションのデータソーステーブルに移動し、指標列を選択して、列設定ゼロを値なしで解釈​を有効にします。

線形近似曲線

すべての回帰モデルのトレンドラインは、通常の最小二乗法を使用して求めます。

モデル 説明
線形 単純な線形データセットに対して最適な直線を作成します。この直線は、データが一定速度で増減する場合に便利です。数式:y = a + b * x
対数 最適な曲線を作成し、データの変化率が急速に増減し、次にレベルアウトする場合に便利です。対数近似曲線には、負の値と正の値を使用できます。数式:y = a + b * log(x)
指数関数的 曲線を作成します。データが一貫して加速し上昇または下降する場合に便利です。データに 0 または負の値が含まれる場合は、このオプションを使用しないでください。数式:y = a + e^(b * x)
曲線を作成します。これは、特定の速度で増加する測定値を比較するデータセットに役立ちます。データに 0 または負の値が含まれる場合は、このオプションを使用しないでください。数式:y = a * x^b
二次 放物線(上または下に凹面)のような形状のデータセットに最適なデータを検索します。数式:y = a + b * x + c * x^2
移動平均 平均値のセットに基づいて、滑らかなトレンドラインを作成します。 移動平均は、ローリング平均とも呼ばれ、特定数のデータポイント(「期間」セクションで決定されます)を使用して平均し、その平均値を折れ線グラフのポイントとして使用します。例えば、7 日の移動平均や 4 週間の移動平均があります。

このページ