次または前の項目パネル

この 次または前の項目 パネルは、Reports & Analytics のレポートとして、 レポート > 最頻使用 > 次のページ/前のページ. 現在は、Workspace パネルになっています。 このパネルには、特定のディメンションの次または前のディメンション項目を簡単に識別できる、多数のテーブルとビジュアライゼーションが含まれています。 例えば、顧客がホームページを訪問した後、どのページに最も頻繁にアクセスしたかを調べたい場合があります。

パネルへのアクセス

パネルには、内からアクセスできます レポート または Workspace.

アクセスポイント 説明
レポート
  • パネルは既にプロジェクトにドロップされています。
  • 左側のレールが折りたたまれます。
  • 選択した場合 次のページの場合、デフォルト設定は既に適用されています ( 例: ページ 対象 Dimension、および Dimension項目, 次へ 対象 方向 および 訪問 対象 コンテナ. これらの設定はすべて変更できます。
次/前のパネル
Workspace 新しいプロジェクトを作成し、左側のパネルでパネルアイコンを選択します。 次に、 次または前の項目 パネルを使用して、フリーフォームテーブルの上に表示できます。 この Dimension および Dimension項目 フィールドは空白のままです。 ドロップダウンリストからディメンションを選択します。 Dimension項目 が ディメンション 君が選んだ。 上位のディメンション項目が追加されますが、別の項目を選択できます。 デフォルトは「次へ」と「訪問者」です。 これらも変更できます。

次/前のパネル

パネル入力

次の項目を設定できます。 次または前の項目 パネルパネルで次の入力設定を使用できます。

設定 説明
セグメント(または他のコンポーネント)ドロップゾーン セグメントや他のコンポーネントをドラッグ&ドロップして、パネル結果をさらにフィルタリングできます。
ディメンション 次または前の項目を調査するディメンション。
ディメンション項目 次の問い合わせ/前の問い合わせの中心にある特定の項目。
方向 を探しているかどうかを指定します 次へ または 前へ ディメンション項目。
コンテナ 訪問 または 訪問者 (デフォルト)お問い合わせの範囲を決定します。

クリック ビルド をクリックして、パネルを構築します。

パネル出力

この 次または前の項目 パネルは、特定のディメンション項目に続く、または特定のディメンション項目に先行する発生件数をより深く理解できるように、豊富なデータとビジュアライゼーションのセットを返します。

次/前のパネル出力

次/前のパネル出力

ビジュアライゼーション 説明
横棒グラフ 選択したディメンション項目に基づいて、次の(または前の)項目をリストします。 個々のバーにカーソルを合わせると、フリーフォームテーブル内の対応する項目がハイライトされます。
概要番号 現在の月(現在まで)の次のディメンション項目または前のディメンション項目の発生件数の概要。
フリーフォームテーブル 選択したディメンション項目に基づいて、次の(または前の)項目をテーブル形式でリストします。 例えば、ホームページまたはワークスペースペースページの後(または前)にユーザーが最も人気のあるページ(発生件数別)でした。

このページ