データ要素でのコンポーネントエントリの編集

Analytics 管理者は、特定のレポートスイートのデータ要素でのコンポーネントエントリを編集できます。 変更内容は、レポートスイートのすべてのユーザーに表示されます。

データ要素でのコンポーネントを編集するには:

  1. 編集するコンポーネントを含む Analysis Workspace プロジェクトに移動します。

  2. Analysis Workspace の左側のパネルにある「データ要素」アイコンを選択します(データ要素にアクセスする別の方法については、データ要素の概要の「データ要素へのアクセス」を参照してください)。

    データ要素ウィンドウが表示されます。

    データ要素の管理者表示

  3. ドロップダウンメニューで正しいレポートスイートが選択されます。デフォルトでは、既に存在するレポートスイートが表示されます。

  4. (オプション)検索フィールドに、編集するコンポーネントの名前を入力します。

    コンポーネントの種類は、色とアイコンの両方で識別できます。 Dimension Dimensionアイコン オレンジ色です セグメント セグメントアイコン 青い 日付範囲 日付範囲アイコン 紫色で 指標 指標アイコン は緑です。 Adobeアイコンは、計算指標テンプレートまたはセグメントテンプレート、および計算ツールアイコンを示します 計算ツールアイコン は、組織の Analytics 管理者が作成した計算指標を示していました。

  5. (オプション)フィルター​アイコン データ要素のフィルターアイコン を選択し、次のフィルターオプションのいずれかを選択して、コンポーネントのリストをフィルタリングします。

    オプション 関数
    承認済み 管理者が承認済みとしてマークしたコンポーネントのみを表示します。
    お気に入り お気に入りのリストにあるコンポーネントのみを表示します。お気に入りのリストにコンポーネントを追加する方法については、コンポーネントの概要を参照してください。
    ディメンション ディメンションであるコンポーネントのみを表示します(このオプションは、最初にデータ要素にアクセスした際に「クイックフィルター」タブでも使用できます)。
    指標 指標であるコンポーネントのみを表示します(このオプションは、最初にデータ要素にアクセスした際に「クイックフィルター」タブでも使用できます)。
    セグメント セグメントであるコンポーネントのみを表示します(このオプションは、最初にデータ要素にアクセスした際に「クイックフィルター」タブでも使用できます)。
    日付範囲 日付範囲であるコンポーネントのみを表示します(このオプションは、最初にデータ要素にアクセスした際に「クイックフィルター」タブでも使用できます)。
    すべてを表示 すべてのコンポーネントの表示。 このオプションは、管理者のみが使用できます。
    未承認 管理者が承認済みとしてまだマークしていないコンポーネントのみを表示します。レビューと承認が必要なコンポーネントを管理者が識別する際に役立ちます。このオプションは、管理者のみが使用できます。
    説明がありません 「説明」フィールドにまだ説明がないコンポーネントのみを表示します。このオプションは、管理者のみが使用できます。
    重複の表示

    選択したレポートスイート内の別のコンポーネントと同じ名前や同じ定義があるコンポーネントのみを表示します。重複として表示するには、名前または定義が完全に一致している必要があります。

    このオプションは、管理者のみが使用できます。

    メモ:​定義には、ユーザー作成のコンポーネントとアドビ提供のコンポーネントが含まれます。名前には、現在、ユーザー作成のコンポーネントのみが含まれ、アドビ提供のコンポーネントは含まれません。アドビ提供のコンポーネントの重複した名前を表示する機能は、今後のリリースで追加される予定です。

    最近のデータがありません 過去 90 日間にデータを収集していないコンポーネントのみを表示します。 このオプションは、管理者のみが使用できます。
    作成者:アドビ アドビが作成したコンポーネントのみを表示します。組織内の管理者または別のユーザーが作成したコンポーネントは表示しません。
  6. (オプション) 並べ替え アイコン コンポーネントを並べ替えアイコン次に、次のいずれかのフィルターオプションを選択して、コンポーネントのリストを並べ替えます。

オプション 関数
推奨 コンポーネントを、リストの最上部で推奨されるコンポーネントと並べ替えます。 自分や組織内の他のユーザーが最も頻繁に使用し、最近使用したコンポーネントがリストの上位に表示されます。
アルファベット順 コンポーネントをアルファベット順に並べ替えます。
分類 コンポーネントのタイプ(ディメンション、指標、セグメント、日付範囲)に従ってコンポーネントを並べ替えます。
  1. コンポーネントのリストから、編集するコンポーネントを選択します。

  2. コンポーネント名の横にある​編集​アイコン データ要素編集アイコン を選択します。

  3. コンポーネントに関する次の情報を編集します。

オプション 関数
承認済み

コンポーネントが管理者にレビューおよび承認されたことを示します。

コンポーネントが承認されたら、管理者は「承認済み」ボタンを選択して承認を削除できます。

承認が必要です

コンポーネントがまだ管理者にレビューおよび承認されていないことを示します。

管理者には、「承認」オプションが表示されます。このオプションを選択すると、ユーザーに対してコンポーネントが「承認済み」としてマークされます。

説明 コンポーネントの意図された機能について説明します(この情報は、コンポーネントの説明の追加で説明しているように、Analytics 管理者が追加します)。
次でよく使用される

表示しているコンポーネントで最も一般的に使用されるコンポーネントを表示します。

指標、計算指標、ディメンション、セグメントおよび日付範囲の 5 つの主要なコンポーネントタイプで最大 5 つのコンポーネントを表示します。

このリストは、過去 90 日間のデータに基づいています。表示するアクセス権を持つコンポーネントのみを表示します。

管理者は、「常に含める」および「常に除外」ドロップダウンフィールドで目的のコンポーネントを選択することにより、このセクションでユーザーに表示されるコンポーネントをキュレートできます。ユーザーに表示されるコンポーネントをキュレートする前に、最初に​すべて表示​フィルターを適用して、共有されていないコンポーネントが表示されるようにします。

類似

表示しているコンポーネントと同様の名前を持つコンポーネントを表示します。

指標、計算指標、ディメンション、セグメントおよび日付範囲の 5 つの主要なコンポーネントタイプで最大 5 つのコンポーネントを表示します。

表示するためのアクセス権を持つコンポーネントのみを表示します。

レポートスイート内の重複するコンポーネントもすべてここに表示されます。データ要素の正常性の監視で説明しているように、Analytics 管理者はすべての重複するコンポーネントを特定して削除する必要があります。

管理者は、「常に含める」および「常に除外」ドロップダウンフィールドで目的のコンポーネントを選択することにより、このセクションでユーザーに表示されるコンポーネントをキュレートできます。ユーザーに表示されるコンポーネントをキュレートする前に、最初に​すべて表示​フィルターを適用して、共有されていないコンポーネントが表示されるようにします。

メモ:​現在、「類似」セクションには、ユーザー作成のコンポーネントのみが含まれており、アドビ提供のコンポーネントは含まれていません。アドビ提供のコンポーネントは、今後のリリースで追加される予定です。

タグ コンポーネントに適用されているすべてのタグを表示します。管理者アクセス権を持つユーザーは、コンポーネントの編集時にタグを追加できます。
コンポーネントの種類 ディメンション、指標、セグメント、または日付範囲のいずれかであるコンポーネントのタイプをリストします。
作成者 コンポーネントを作成したユーザーの名前を表示します。
プレビュー Analysis Workspace でのコンポーネントの外観のプレビューを表示します。
最終変更日 コンポーネントの最終変更日を表示します。 このセクションは、セグメント、計算指標および日付範囲を表示する際に表示されます。
  1. 保存​アイコン データ要素保存アイコン をクリックして、変更内容を保存します。

このページ