ディメンションの権限のカスタマイズ

重要

ユーザーおよび製品管理は、Admin Console に移行されます。ユーザーを移行する時期は、アドビから通知されます。すべての顧客が移行されたら、Analytics > 管理者 > すべての管理者 > ユーザー管理​のヘルプコンテンツは利用できなくなります。

eVar、トラフィックレポート、ソリューションレポートおよびパスレポートを含む、詳細なレベルでユーザーアクセスをカスタマイズします。

ユーザー管理グループレポートアクセスディメンションカスタマイズ

重要

一部のディメンションについては、現時点では権限を指定できません。このようなディメンションとしては、モバイルのブックマークの長さ、モバイルデバイス番号、モバイル DRM、モバイル情報サービス、モバイル Java VM、モバイルデコレーションメール、モバイルインターネットプロトコル、モバイル OS、モバイルプッシュトゥトークがあります。

これらのディメンションは、他の権限にかかわらず、すべてのユーザーが使用可能です。

このページの設定は、ユーザーグループの定義ページで選択されたレポートスイートに関係します。

権限のディメンションカテゴリに関する次の情報について説明します。

  • eVar 1 ~250 に対して個別に権限が与えられます。
  • すべてのトラフィックレポートはディメンションです。
  • ビデオおよびモバイルレポートおよびその他の Analytics ソリューリョンレポート(Experience Manager、Advertising Cloud、Social など)はディメンションです。
  • パスレポートは、ユーザーが親ディメンションにアクセスできる場合に使用できます。
  • カスタムグループ内にあるすべてのディメンションと指標は新しいカテゴリに自動的に移行されます。既存のグループで指標が有効な場合、新しく権限を付与できるすべてのディメンション(eVar およびコンテンツに対応するもの)および指標は、デフォルトで有効になります。
  • 分類インポーター(以前の SAINT)の権限:分類へのアクセスは、分類の基となる変数へのアクセスによって判断されます。

詳しくは、ユーザーとグループの権限の変更を参照してください。

ディメンションのカスタマイズ

次の項目は、権限を設定できるディメンションです。

要素 説明

eVar

eVar 1 ~250 に対して個別に権限が与えられます。eVar は、カスタムレポートのコンバージョン成功指標をセグメント化するために使用するカスタムコンバージョン変数です。

prop

prop は、カスタムトラフィック変数です。

Analytics の導入のトラフィック prop と コンバージョン eVar を参照してください。

階層

階層(hierN)変数は、サイトの階層またはページ構造におけるページの位置を決定します。

Listvar

リスト Prop の機能と同様、リスト変数は、同じイメージリクエスト内で複数の値を許可します。

Standard

Analytics の標準(標準搭載の)Analytics のディメンション。

AEM

Adobe Experience Manager

AMO

Adobe Advertising Cloud

Activity Map

Activity Map レポートディメンション:Activity Map ページ、Activity Map リンク、Activity Map 地域、Activity Map 地域別リンク、Activity Map XY

モバイル

Adobe Mobile Services

Comscore

このパートナーとの統合は無効になりました。

Nielsen

このパートナーとの統合は無効になりました。

Social

未使用。

このページ