プログラム的に保証された契約の交渉に関するヒント

最終更新日: 2023-01-26
  • 作成対象:
  • User

プログラム的に保証された契約を交渉する場合、購入者と発行者は、次の項目について話し合い、確認する必要があります。

  • フライト日
  • 地域
  • 在庫タイプ
  • クリエイティブの長さ
  • 表示サイズ
  • パフォーマンス目標
  • ブランドの安全要件
  • ターゲットオーディエンス
  • Impressions
  • 予算
  • CPM
  • 頻度
  • 時間帯区分
  • 有効化プロセス

プログラム的に保証された契約に対する購入者の責任

  • 契約の設定とアクティベーション
  • プログラム的に保証された配置の作成
  • トラブルシューティング
  • 配信の監視
  • 95%~100%の入札/応答率の実行

プログラム的に保証された契約に対するパブリッシャーの責任

  • 必要なフライト日内での、ネゴシエートされた予算、インプレッション数、CPM、地域、オーディエンス、頻度および時間帯区分の配信
  • KPI およびブランドの安全要件を必要なフライト日内に満たす
  • トラブルシューティング

このページ