シングルページアプリケーション (SPA) での at.js 2.0 を使用したAdobe Targetの実装

Adobe Target at.js 2.0 は、次世代のクライアントサイドテクノロジーでパーソナライゼーションを実行するための機能セットを提供します。 このバージョンはアップグレードに重点を置いています at.js を使用すれば、シングルページアプリケーション (SPA) と調和したインタラクションを実現できます。

SPAで at.js 2.0 を実装する方法

  • 実装方法 at.js 2.0 の <head> を使用します。
  • の実装 adobe.target.triggerView() 関数は、SPAで表示が変更された場合に常に機能します。 これをおこなうには、URL ハッシュの変更のリッスン、SPAで実行されるカスタムイベントのリッスン、 triggerView() コードをアプリケーションに直接組み込みます。 特定の単一ページアプリケーションに最適なオプションを選択する必要があります。
  • ビュー名は、 triggerView() 関数に置き換えます。 シンプルで明確で一意の名前を使用して、Target の Visual Experience Composer で簡単に選択できるようにします。
  • 小さなビューの変更でトリガービューを表示できます。また、SPA以外のコンテキスト(無限にスクロールするページの半分下など)でも表示できます。
  • at.js 2.0 および triggerView() は、Adobe Experience Platform Launchなどのタグ管理ソリューションを介して実装できます。

at.js 2.0 の制限

次の制限事項に注意してください: at.js 2.0 (アップグレード前):

  • クロスドメイントラッキングは、 at.js 2.0
  • mboxOverride.browserIp および mboxSession URL パラメーターは、 at.js 2.0
  • レガシー関数 mboxCreate、mboxDefine、mboxUpdate は、 at.js 2.0。デフォルトコンテンツが表示され、ネットワークリクエストはおこなわれません。

ビデオで使用されるライブラリのフッターコード

以下のコードは、 at.js ライブラリをビデオ中に追加しました。 アプリが最初に読み込まれ、次にアプリ内のハッシュの変更時に実行されます。 クリーンアップバージョンのハッシュがビュー名として使用され、ハッシュが空の場合は「home」が使用されます。 SPAを識別するために、コードは URL 内で「react/」というテキストを探します。このテキストは、サイト上で更新する必要がある可能性が高くなります。 また、SPAで triggerView() カスタムイベントが表示されない、またはコードを直接アプリに埋め込むことによって削除されます。

function sanitizeViewName(viewName) {
  if (viewName.startsWith('#')) {
    viewName = viewName.substr(1);
  }
  if (viewName.startsWith('/')) {
    viewName = viewName.substr(1);
  }
  return viewName;
}
function triggerView(viewName) {
  viewName = sanitizeViewName(viewName) || 'home';
  // Validate if the Target Libraries are available on your website
  if (typeof adobe != 'undefined' && adobe.target && typeof adobe.target.triggerView === 'function') {
    adobe.target.triggerView(viewName);
    console.log('AT: View triggered on page load: '+viewName)
  }
}
//fire triggerView when the SPA loads and when the hash changes in the SPA
if(window.location.pathname.indexOf('react/') >-1){
    triggerView(location.hash);
}
window.onhashchange = function() {
    if(window.location.pathname.indexOf('react/') >-1){
        triggerView(location.hash);
    }
}

その他のリソース

recommendation-more-help
0f172607-337e-442f-a279-477fd735571f