カスタムの作成 Marketo Measure レポートタイプ creating-custom-marketo-measure-report-types

NOTE
この場合、Marketo Measure」と表示されるが、まだ「Bizible」と入力します。 アドビは現在、その更新を行っており、ブランディングの変更がまもなく CRM に反映される予定です。

カスタムの作成方法を学ぶ Marketo Measure Salesforce レポートタイプ。 作成を推奨するレポートタイプは、「購入者タッチポイント(カスタム)のリード」と「購入者タッチポイント(カスタム)」の 3 つです。 Marketo Measure 購入者タッチポイント(カスタム)を持つ顧客、購入者属性タッチポイント(カスタム)を持つ商談。

購入者タッチポイントを持つリード(カスタム) leads-with-buyer-touchpoints-custom

  1. に移動します。 設定 > ビルド > レポートタイプ > 新しいカスタムレポートタイプ.

  2. カスタムレポートタイプを定義します。

    • レポートタイプフォーカス > プライマリオブジェクト:リード
    • 識別情報 > レポートタイプラベル:購入者タッチポイントを持つリード(カスタム)
    • カテゴリに保存:その他のレポート
    • 導入 > デプロイメントステータス:デプロイ済み

  3. オブジェクトの関係を定義します。

    • リードオブジェクト (A) を Marketo Measure 人物オブジェクト (B) に続いて購入者タッチポイントオブジェクト © に続いて
    • 次を確認します。各 A/B レコードには少なくとも 1 つの B/C が必要です"件のレコードが選択されています
    • 保存

Marketo Measure 購入者タッチポイントを持つ担当者(カスタム) marketo-measure-person-with-buyer-touchpoints-custom

  1. に移動します。 設定 > ビルド > レポートタイプ > 新しいカスタムレポートタイプ.

  2. カスタムレポートタイプを定義します。

    • レポートタイプフォーカス > プライマリオブジェクト: Marketo Measure 人物
    • 識別 > レポートタイプラベル: Marketo Measure 購入者タッチポイントを持つ担当者(カスタム)
    • カテゴリに保存:その他のレポート
    • 導入 > デプロイメントステータス:デプロイ済み

  3. オブジェクトの関係を定義します。

    • 関連付け Marketo Measure 人物オブジェクト (A) から購入者タッチポイントオブジェクト (B) へ
    • 次を確認します。各 A レコードには少なくとも 1 つの B が必要です"件のレコードが選択されています
    • 保存

購入者属性タッチポイント(カスタム)を持つ商談 opportunities-with-buyer-attribution-touchpoint-custom

  1. に移動します。 設定 > ビルド > レポートタイプ > 新しいカスタムレポートタイプ.

  2. カスタムレポートタイプを定義します。

    • レポートタイプフォーカス > プライマリオブジェクト:商談
    • 識別 > レポートタイプラベル:購入者属性タッチポイント(カスタム)を持つ商談
    • カテゴリに保存:その他のレポート
    • 導入 > デプロイメントステータス:デプロイ済み

  3. オブジェクトの関係を定義します。

    • 商談オブジェクト (A) を購入者属性タッチポイントオブジェクト (B) に関連付けます。
    • 次を確認します。各 A レコードには少なくとも 1 つの B が必要です"件のレコードが選択されています
    • 保存

カスタムレポートタイプへのカスタムフィールドの追加 adding-custom-fields-to-custom-report-types

  1. レポートを作成すると、レポートタイプの概要にリダイレクトされます。 クリック レイアウトを編集.

  2. レポートに追加するカスタムフィールドが「フィールドレイアウトプロパティ」セクションに表示されていることを確認します。 追加する他のフィールドがある場合は、参照を使用して関連するフィールドを追加"オプション。

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20