Buyer Attribution Touchpoints を含む/含まない商談のレポート reporting-on-opportunities-with-or-without-buyer-attribution-touchpoints

NOTE
この場合、Marketo Measure」 (ドキュメント内)が表示されますが、CRM には「Bizible」が表示されます。 アドビは現在、その更新を行っており、ブランディングの変更がまもなく CRM に反映される予定です。

新しいレポートタイプを作成して、購入者属性タッチポイントを持つ商談と持たない商談をすべて含めます。

  1. に移動します。 設定 > 作成 > レポートタイプ.

  2. 選択 新しいカスタムレポートタイプ.

  3. プライマリオブジェクトを「 」に設定します。商談."

    • 「レポートタイプ」ラベルに「購入者属性を持つ商談、または購入者属性を持たない商談」と名前を付けます。
    • レポートタイプ名にも同じ名前を使用します。 説明の入力内で、「購入者属性タッチポイントを持つ商談、または購入者属性タッチポイントを持たない商談」を選択します。
    • レポートを「その他」をクリックし、レポートを「デプロイ済み."

  4. ここから、商談オブジェクトを購入者属性タッチポイントオブジェクトにリンクします。 「A」レコードに関連する「B」レコードが含まれている場合と含まれていない場合の両方のボタンを選択してください。」 終了したら「保存」をクリックします。

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20