Discover ダッシュボードの基本 discover-dashboard-basics

この記事では、再設計されたインターフェイスの基本的な機能を説明し、データに容易にアクセスし、解釈できるようにします。 フィルタ・ペインの動的な詳細を調べ、ドリル機能、クロス・フィルタ、ツールチップなど、強化されたレポート機能の複雑さを明らかにします。

フィルターウィンドウ filter-pane

各ダッシュボードには様々なフィルターがあり、シームレスなナビゲーションとカスタマイズのための次のコントロールが付属しています。

名前
説明
フィルタ切り替えボタン

フィルターパネルを開くか閉じるかを切り替えます。

検索バー

フィルターペインの上部にある検索を使用して、特定のフィルターを検索します。 各フィルターには、独自の検索バーもあります。

フィルターをクリアボタン

フィルターをクリアするには、各フィルターの右上隅にある消しゴムアイコンをクリックします。

適用ボタン

「 」をクリックして、ダッシュボードでフィルターの変更を確認し、実装します。

ビジュアルに対するフィルター filters-on-visual

ビジュアルの右上隅にマウスポインターを置くと、適用されたフィルターの読み取り専用リストが表示されます。

レポートの機能 report-capabilities

ドリルダウンして上へ drill-down-and-up

  • ビジュアルの上にマウスポインターを置くと、そのビジュアルに階層があるかどうかが識別されます。アクションバーにドリルコントロールオプションが表示されている場合は、それが示されます。

  • 灰色の背景でハイライト表示された下向き矢印を 1 つクリックして、ドリルダウンを有効にします。 元に戻すには、ドリルアップアイコンを使用します。

一度に 1 つのフィールドをドリルダウンするには、ドリルダウンアイコンをオンにして、バーなどのビジュアル要素を選択します。

二重矢印のドリルダウンアイコンを使用して、次の階層レベルに進みます。

分岐のようなアイコンを使用して、現在のビューに階層レベルを追加します。

ドリルスルー drill-through

ビジュアルの背後にあるデータを参照するには、ビジュアル要素を右クリックし、「ドリルスルー」オプションを選択します。

データのエクスポート export-data

ビジュアルから基になるデータを書き出すには、右上隅にマウスポインターを置きます。 「その他のオプション」ボタンをクリックし、「データをエクスポート」を選択し、希望の形式を選択して、「エクスポート」をクリックします。

フォーカスモード focus-mode

特定のビジュアルまたはタイルにズームインするには、右上隅の上にマウスポインターを置いて、「フォーカス」ボタンを選択します。

クロスフィルター cross-filtering

あるビジュアライゼーションで値または軸のラベルを選択すると、レポートページ上の他のビジュアルをクロスフィルターし、関連するフィルターされたデータのみが表示されるようにします。

ツールチップ tooltips

ツールチップには、表示されたデータに関する補足的な詳細が表示されます。 ビジュアル要素の上にマウスポインターを置くと、コンテキストツールチップがポップアップ表示され、その特定のデータポイントに関連するインサイトや説明が表示されます。

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20