Marketo Measure Dynamics の収益ワークフロー marketo-measure-revenue-workflows-for-dynamics

第 1 部:推定売上高と実際の売上高 part-estimated-revenue-vs-actual-revenue

Marketo Measure は初期設定の 1 つの標準収益フィールド(実際の収益)を指しますが、Dynamics には、実際の収益と推定売上高の 2 つの標準収益フィールドがあります。 Discover ダッシュボードでパイプライン売上高を利用するには、カスタムフィールドとワークフローを使用して、商談がオープンかクローズ(獲得)かに応じて、「推定売上高」フィールドと「実際の売上高」フィールドのどちらかから正しい金額を取得する必要があります。

手順 1:Dynamics でカスタム商談額フィールドを作成する

NOTE
すべての Dynamics 収益フィールドには、基本フィールドと標準フィールドがあります。 ベースフィールドを無視します。

手順 2:手順 1 で作成したカスタム商談額フィールドと、 Marketo Measure 商談の金額フィールド。

NOTE
我々は、 Marketo Measure Dynamics アカウントを使用した Discover の商談額 (bizible2_bizible_opportunity_amount) フィールド。 Dynamics のお客様は、次のカスタム商談額フィールドを作成する必要があります: Marketo Measure をクリックして、Discover 内のを指します。 完了したら、更新するワークフローを作成する必要があります 両方 の Marketo Measure 商談額 (bizible2_bizible_opportunity_amount) および カスタム商談額フィールド。 The Marketo Measure 商談額フィールドにはパッケージが付属しますが、カスタムフィールドを作成する必要があります。

ワークフローの指示数の合計:

ワークフロー#1:オポチュニティ — 更新 Marketo Measure 商談額フィールドおよびカスタムフィールド=推定売上高

このワークフローは、推定収益が変更されるたびにオープン商談に対して実行され、 Marketo Measure 「商談の金額」フィールドとカスタムフィールドが「推定売上高」フィールドと同じ値になるように設定します。 ワークフローは「リアルタイム」に設定する必要がありますが、「オンデマンド」で実行して、進行中の商談を更新することもできます。

次の項目を指定: Marketo Measure カスタム商談額フィールドの名前を持つ連絡先。 顧客が Marketo Measure アプリの商談設定:カスタムの商談額フィールドの名前を含めます。 これにより、レポートで使用するフィールドを Discover に知らせます。

ワークフロー#2:オポチュニティ — 更新 Marketo Measure 商談額フィールドおよびカスタムフィールド=実際の売上高

ユーザーが商談を閉じ、 Marketo Measure 商談がクローズ済みとしてロックダウンされる前に、商談のクローズ済みフォームに実際の収益が追加された商談額フィールドおよびカスタムフィールド。

第 2 部:推定クローズ日と実際のクローズ日 part-estimated-close-date-vs-actual-close-date

Dynamics には、デフォルトで、「推定クローズ日」と「実際クローズ日」の 2 つの在庫クローズ日フィールドがあるので、デフォルトでは、パイプライン収益データはダッシュボードでは使用できません。 Marketo Measure は、ダッシュボードの 1 つの終了日フィールドのみを指し、実際の終了日を指しています。

オープン商談の「実績クローズ日」フィールドにデータがない場合、ダッシュボードにオープン商談のデータが表示されません。 ただし、両方の日付フィールドをサポートするには、商談のステージに基づいてワークフローが必要です。

  1. 商談オブジェクトのカスタムクローズ日フィールドの作成 (Marketo Measure カスタム終了日を参照 )。

  2. ワークフローを作成して、 Marketo Measure 商談がオープンかクローズかに応じて、Estimated Close Date または Actual Close Date の日付を含むカスタム・クローズ日フィールド(ワークフローはリアルタイムで実行する必要がありますが、現在のオープン商談を更新するには少なくとも 1 回は「オンデマンド」で実行する必要があります)。

  3. ワークフローをテストし、動作を確認します。

  4. カスタム終了日 API 名を次に指定するお客様: Marketo Measure.

  5. Marketo Measure を更新するには、 Marketo Measure を示すアプリ設定 Marketo Measure ダッシュボードのカスタム終了日フィールド。

    上記の手順が完了したら、ワークフローを実行して両方のカスタムを更新します Marketo Measure 「商談額」フィールドと Marketo Measure 正しいデータを反映する履歴商談のカスタムクローズ日フィールド。 これにより、変更された「On」/「By」フィールドが変更される可能性があるので、問題が発生したかどうかをチームに確認する必要があります。

クローズした商談を更新するには…

  1. 次の期間以降にクローズした商談を分離 Marketo Measure 開始日は、ワークフローがアクティブになるまでです。 これは、ワークフローを介して更新する必要がある履歴商談のグループです。
  2. すべてのレコードを Excel にエクスポートします。
  3. Excel ファイルを開き、コンテンツを有効にします。
  4. 実際のクローズ日データのコピー先 Marketo Measure カスタムクローズ日。
  5. 実際の売上高データのコピー先 Marketo Measure カスタム商談額 および Marketo Measure 商談の金額(2 つのフィールドがあります)。
  6. ファイルを保存します。
  7. ファイルをインポートします。 Dynamics は、更新する既存のレコードを含むファイルとしてこれを認識します。
  8. インポートファイルでエラーが発生していないかを確認します。
NOTE
このドキュメントで概要を説明するワークフローは、フィールドの更新に関する簡単な方法です。 Marketo Measure を使用すると、Discover に正しいデータを表示できます。 同じ仕事を別の方法でやるなら、それを取りに行くことができます。 基本的に、次のようなワークフローが必要になります。
  • 商談=オープンの場合は、カスタムクローズ日フィールド、カスタム商談額フィールドを更新し、 Marketo Measure 商談の金額フィールドが、それぞれ「推定クローズ日」と「推定売上高」に等しくなります。
  • 商談=獲得クローズの場合、カスタムクローズ日フィールド、カスタム商談額フィールドを更新し、 Marketo Measure 商談額フィールドが「実際のクローズ日」と「実際の収益」にそれぞれ等しくなります。
recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20