UTM パラメーターの設定のベストプラクティス best-practices-for-setting-up-utm-parameters

UTM パラメーターは、マーケティングデータをスライスしてデータを多角的に分析する優れた方法です。Marketo Measure は、すべての UTM パラメーターを使用して取り込み、Salesforce および Marketo Measure アプリのフィールドに値を入力します。この情報を使用すると、リード、商談、クローズ/獲得した契約の発信元を詳細に把握できます。

すべての UTM リンクをより簡単にトラッキングする方法が必要な場合は、Google URL Builder to set up your UTM parameters and add them to your links within your marketing efforts. Use this Google Spreadsheet を使用してください。

各パラメーターの高レベル値 high-level-values-for-each-parameter

utm_medium:このフィールドは、「メディア」フィールドにマッピングします。高レベルのチャネルを示すには、utm_medium を使用します。

例:Social、CPC、メール、Web、オーガニック

サブチャネルを呼び出すために、このフィールドを使用しないでください。

utm_source:このフィールドは、「タッチポイントソース」フィールドにマッピングします。リードの発信元となるサブチャネルを定義するには、utm_source を使用します。

例:Facebook、Twitter、LinkedIn、Drip_email、Email_blast、ニュースレター。

シンプルにしておきましょう。リターゲティング、スポンサー付きなどの広告タイプを示すために、このパラメーターを使用しないでください。utm_source = homepage、webdirect、website は追加しないでください。Marketo Measure により、この情報は自動的に入力されます。

utm_campaign:このフィールドは、広告キャンペーン名にマッピングします。広告プラットフォームに存在するキャンペーンのタイトルや、内部で参照されるキャンペーンのタイトルを示すには、utm_campaign を使用します。

これは、位置情報、広告ネットワークのタイプ(表示と検索)などを示すのに適したパラメーターでもあります。

スペースの代わりにアンダースコアを使用し、句読点の使用は避けることをお勧めします。これにより、パラメーターを読み取る際に、ブラウザーでエンコードエラーが発生する可能性が低くなります。

例:AU_Idea_for_an_App_50k

utm_content:これは、広告コンテンツにマッピングします。utm_content パラメーターで広告タイトルを使用します。画像広告の場合は、広告タイトルを使用し、広告の寸法を含めます。

例:[広告タイトル] 200x400px

utm_term:これは、キーワードテキストにマッピングします。広告の配信に関連するキーワードを示すには、このパラメーターを使用します。

広告に関連するキーワードがない場合、このパラメーターは空白のままにします。

例:iPhone アプリのアイデア

シンプルかつ簡潔にしておきましょう。取り組み、用語、チャネルを重複させないでください。

UTM の階層は、次のようになると想定されます。

メディア/ソース/キャンペーン/コンテンツ/用語

例えば、Facebook にディスプレイ広告を配置する場合は、次をお勧めします。

fakewebsite.com/

?utm_medium=social

&utm_source=facebook

&utm_campaign=Display_campaign_ID

&utm_content=content_of_campaign

この場合、用語/チャネルは重複せず、utm_term は使用されません。

ご質問がある場合は、アドビのアカウントチーム(担当のアカウントマネージャー)または Marketo サポートにお問い合わせください。

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20