キャンペーンの同期日 campaign-sync-dates

キャンペーン同期日機能の機能と、この機能の使用例を説明します。

NOTE
この記事では、古いプロセスについて説明します。 ユーザーには、 新しく改善されたアプリ内プロセス.

Marketo Measure必要なパッケージ:6.9 以降

この機能は、 Salesforce キャンペーンオブジェクト:

  • タッチポイントの開始日
  • タッチポイント終了日

特定のキャンペーンで購入者タッチポイントが有効になると、キャンペーンの同期日によって、個々のキャンペーンにタッチポイントの日付パラメーターを設定できるようになります。 例えば、2017 年 3 月 1 日にタッチポイント終了日を追加する場合、 Marketo Measure は、その日以前にキャンペーンに追加されたキャンペーンメンバーに対してのみタッチポイントを作成します。 Marketo Measure では、2017 年 3 月 1 日以降に追加されたキャンペーンメンバーのタッチポイントは作成されません。

同様に、キャンペーンにタッチポイントの開始日(2017 年 1 月 1 日など)を追加する場合、 Marketo Measure では、2017 年 1 月 1 日以前にキャンペーンに追加されたキャンペーンメンバーにタッチポイントを作成しません。 タッチポイント終了日を追加する場合や、その逆の場合は、タッチポイント開始日を追加する必要はありません。

ユースケース use-cases

タッチポイントのバックフィル

マーケティングチームが特定のマーケティング活動に utm パラメーターを追加しない場合があります。 キャンペーンの同期日を使用すると、(オンライン活動に SFDC キャンペーンを使用している場合)ミスしたデータをバックフィルできます。 5 月 1 日から始まる電子メールキャンペーンを実行しているのに、チームが 5 月 15 日までその電子メールキャンペーンに utm パラメーターを追加していなかったとします。 SFDC キャンペーン経由で電子メールコンバージョンを追跡する場合は、そのキャンペーンに 5 月 15 日のタッチポイント終了日を設定し、キャンペーンの「応答済み」メンバーのタッチポイントを有効にすることができます。 このアクションは、 Marketo Measure :5 月 15 日までのすべての応答にタッチポイントを作成します。

遡及的なキャンペーンメンバーシップタッチポイント

新規の Marketo Measure のお客様は、SFDC キャンペーン経由で追跡したマーケティングデータの一部を取り込みたい場合があります。 ただし、オンライン SFDC キャンペーンに対してタッチポイントを有効にする場合は、以降、アトリビューションの二重カウントの問題が発生する可能性があります。 Marketo Measure は、オンラインマーケティング活動のタッチポイントを自動的に作成しています。 データの二重カウントを避けるために、Campaign タッチポイントの終了日を使用して、 Marketo Measure を SFDC キャンペーンに設定します。 例えば、SFDC で追跡していたソーシャルキャンペーンに遡及的なコンバージョンを追加する場合は、 Marketo Measure 7 月 1 日に(オンラインタッチポイントを作成している)JavaScript を編集し、Social SFDC キャンペーンを編集して、7 月 1 日と等しいタッチポイント終了日を含め、そのキャンペーンの購入者タッチポイントを有効にできます。

タッチポイントの終了日に関しては、他にも多くの使用例が考えられます。 特定の状況を見つけ出すのに役立つ場合は、 Marketoサポート.

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20