タッチポイントを削除してはいけない理由 why-you-should-never-delete-touchpoints

オポチュニティにタッチポイントが誤ってアトリビューションクレジットを割り当てられている場合は、担当のアカウントマネージャーに連絡して、次の手順を決定してください。 このような状況では、バイヤーのタッチポイント抑制機能を使用して、SFDC および ROI ダッシュボードからタッチポイントを削除することをお勧めします。 担当のアカウントマネージャーが、これらのルールの作成に役立ちます。 これらのタッチポイントを手動で自分で削除しないでください。

The Marketo Measure タッチポイントが SFDC から手動で削除されたという情報は、処理システムによって登録されません。 現在のところ、データを調整するためにシステムに信号を送るトリガーはありません。 Marketo Measure は、別のタッチポイントを自動的にプッシュして削除されたタッチポイントに置き換えたり、タッチポイントの位置またはアトリビューションを後続のタッチポイントに再割り当てしたりすることはありません。

タッチポイントが削除されると、アトリビューションデータに穴が作成されます。 通常、これはオポチュニティのアトリビューションタッチポイントで表示されます。 次の画像では、商談の作成タッチを受け取ったと思われるタッチポイントが削除されていました。 その結果、このオポチュニティには OC タッチポイントがなく、この商談の属性割合は最大 100%になりません。

SFDC からタッチポイントが削除されている場合は、次の URL にアクセスしてください: Marketoサポート をクリックして、データの再インポートをリクエストします。

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20