アクティビティアトリビューションに関するよくある質問 activities-attribution-faq

Marketo Measure アクティビティは、すべてのアクティビティレコードをインポートし、そのタッチポイントを生成します。これにより、これらのアクティビティがアトリビューションクレジットを受け取ることができます。 最も一般的な使用例は、セールスチームのアクティビティを追跡することです。通常、見込み客に送信される電話または E メールの記録を作成するからです。 他にも、アセットのダウンロードやビデオ視聴など、コンテンツの操作をトラッキングできる固有の機能があります。

オフラインキャンペーンとの違いは何ですか?

最大の違いは、キャンペーンが提供できるタッチポイントが 1 つだけである点です。キャンペーンが許可するのは、リードまたは連絡先ごとに 1 つのキャンペーンメンバーだけです。 つまり、各グループに個別のキャンペーンを作成しない限り、アウトバウンド通話やデモ、ウェビナー出席者などの定期的なイベントを追跡することはできません。 アクティビティを使用すると、すべてのイベントを測定できます。

タスク、イベント、アクティビティに違いはありますか?

Activities オブジェクトは、Task オブジェクトおよび Event オブジェクトの傘または親として機能します。 アクティビティは、基本的にタスクとイベントの両方をカバーします。 通常、タスクは、電話や電子メールなど、1 回限りのすばやい項目を記録するために使用されます。 イベントは、通常、会議や会議など、開始日や終了日が設定されている場合に使用されます。

同じ繰り返しタスクを持つリードまたは連絡先がある場合、それらすべてに対して購入者タッチポイントが表示されますか?

あります。同期されたアクティビティと作成されたタッチポイントの間には 1:1 の関係があります。

タッチポイントが作成される原因となったレコードを確認するには、どうすればよいですか?

まず、CRM のアクティビティオブジェクトを使用してフィルターを設定することをお勧めします。 フィルタールールに基づいて、その条件に該当するレコードの数を把握し、必要に応じて絞り込むことができます。 これは必須ではありませんが、アクティビティルールの設定後に作成されるアクティビティタッチポイントの数をユーザーが理解するのに役立ちます。

とは Marketo Measure キャンペーン名?

これらのアクティビティはタッチポイントを生成するので、 Marketo Measure は、そのチャネルが属するチャネルとサブチャネルを把握している必要があります。 各ルールに対して、 Marketo Measure キャンペーン名。 作成したら、オンラインチャネル CSV を使用してマッピングします。 Marketo Measure キャンペーン名を適切なチャネルに設定します。 The Marketo Measure キャンペーン名は、 広告キャンペーン名 フィールドに入力します。

入力されるその他のタッチポイントフィールドは何ですか?

タッチポイントフィールド
リード/連絡先
すべてのアクティビティはリードまたは連絡先に関連しています
キャンペーン
Channel.Subchannel [Marketo Measure]
Touchpoint ソース
CRM アクティビティ
Activity.Type
Touchpoint のタイプ
Activity.Type
広告キャンペーン名
Marketo Measure キャンペーン名
広告コンテンツ
アクティビティの件名
広告 ID
アクティビティ外部 ID
Touchpoint の日付
[カスタム — アプリで設定]

営業担当ごとに異なるルールを作成する必要がある場合はどうすればよいですか? 別の Marketo Measure 各キャンペーン?

違う。 「動的キャンペーン名」を使用すると、 Marketo Measure アクティビティオブジェクトのフィールドを参照する「置換パラメーター」を使用するキャンペーン名。 例えば、 Marketo Measure キャンペーン名 (「Outbound Call」)。ただし、営業担当者を最後にしたい場合は、CRM フィールド名を使用し、 Marketo Measure キャンペーン名「アウトバウンドコール」 {AssignedTo}"または"アウトバウンドコール {CreatedBy}."

でアクティビティを設定する方法を教えてください。 Marketo Measure アプリ?

内でアクティビティを設定する方法に関する説明 Marketo 測定アプリは、 Marketo Measure アクティビティのサポート記事です。

演算子の意味は何ですか?

  • 次と等しい:値に完全一致(別名: social)
  • 次を含む:テキストが途中にあります ( 例: *social*)
  • 次の語句で始まる:値がテキストで始まる ( 別名: social*)
  • 次の語句で終わる:値がテキストで終わる ( 例: *ソーシャル )
  • 任意に一致:複数の値を追加し、コンマ区切りで指定します。 次の場合 次で始まる, 次の語句で終わる、または「次を含む」演算子を適用する必要がある場合は、ワイルドカード (*)
  • 次の値より大きい:数値フィールドまたは日付/時間フィールドに使用します
  • 未満:数値フィールドまたは日付/時間フィールドに使用します

これらのアクティビティはどのチャネルに属しますか?

アクティビティルールとその対応する Marketo Measure キャンペーン名を作成する場合は、オンラインチャネルの定義を使用して、キャンペーンを正しいマーケティングチャネルの下に配置します。 Marketo Measure は、メディアやソースだけでなくキャンペーンも使用して、チャネルを定義できます。

上の例では、「アウトバウンドコール {Assigned To}」キャンペーンを BDR チャネルに割り当てるには、BDR チャネルのオンラインチャネル CSV に、キャンペーン定義の「アウトバウンドコール」を含む行を挿入します*「 — アスタリスクはワイルドカード値を表すので、「アウトバウンド呼び出し」で始まるすべてのキャンペーンは、キャンペーン名ごとに別の行を作成する必要はなく、BDR チャネルの下に配置されます。

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20