ゲーミフィケーション

ゲーミフィケーションとは、ゲームとは無関係の学習にゲームの思考と仕組みを採り入れ、学習することでポイントの獲得を促す方法です。

概要 overview

Learning Manager では、構造的なゲーミフィケーションレイヤーをコンテンツに適用して、学習者を引き付け、学習目標の達成に向けて動機付けすることができます。 様々な学習活動でポイントを獲得し、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナのレベルを達成することができます。

デフォルトでは、ユーザーがパターンを理解できるように、一部のゲーミフィケーションポイントとデータが用意されています。 それに応じて点を修正できます。

ゲーミフィケーション設定 gamificationsettings

設定にアクセスするには、次の手順に従います。

  1. 管理者としてログインし、左ペインで「 ゲーミフィケーション ​を選択します。
  2. 新しい Learning Manager アカウントを作成すると、ゲーミフィケーションはデフォルトで無効になります。 有効にするには、「 有効にする をクリックします。

管理者のアクション administratoractions

管理者は、機密ユーザーのリストの作成、ゲーミフィケーションポイントのリセット、学習者に対するゲーミフィケーション機能の無効化/有効化を行うことができます。 ページの右上隅にある「アクション」ドロップダウンリストをクリックすると、以下のスナップショットに示すようなアクションが表示されます。

管理者のゲーミフィケーションオプション

機密性設定 confidentialitysettings

必要に応じて、より高度な管理ユーザーを機密ユーザーにすることができます。 ユーザーの機密ゲーミフィケーションアクティビティは、リーダーボードの他の学習者には表示されません。

機密性設定は、内部ユーザーと外部ユーザーの両方に適用できます。

  1. クリック ゲーミフィケーション > 設定 > 機密性設定.

機密性設定の表示

  1. リストされたユーザーのユーザー名のチェックボックスをクリックし、「非表示」をクリックして、そのユーザーを機密ユーザーにします。

    note note
    NOTE
    ユーザー名のチェックボックスをオンにすると、リストされたユーザーの機密ユーザーを識別できます。
  2. 「機密ユーザー」タブをクリックして、機密ユーザーのリストを表示します。 デフォルトでは、これらのエレメントは表示されません。 ドロップダウン矢印アイコンをクリックして、リストを表示します。

  3. 機密ユーザーリストのユーザー名のチェックボックスをクリックし、「追加」をクリックして機密リストからユーザーを削除します。

ゲーミフィケーションのリセット resetgamification

学習者が獲得したゲーミフィケーションポイントをリセットしたり、構成設定をリセットしたりできます。 ユーザーのスコアをリセットすると、ユーザーが獲得したすべてのポイントが消去され、ゼロにリセットされます。 ユーザー・スコアおよび構成設定をリセットするように選択した場合、レベルおよびタスクに割り当てられたすべてのデフォルト・ポイントはゼロにリセットされます。

ゲーミフィケーションのリセット設定は、社内ユーザーと社外ユーザーの両方に適用できます。

学習者のスコアと設定をリセットするには、「ゲーミフィケーションをリセット」をクリックし、必要に応じてオプションを選択します。 「学習者のスコアのみをリセット」または「学習者のスコアをリセット&設定」のいずれかを選択できます。 選択したら、「OK」をクリックします。

ゲーミフィケーションポイントをリセット

ゲーミフィケーションの無効化 disablegamification

クリック ゲーミフィケーション > 設定 > ゲーミフィケーション機能. これにより、ゲーミフィケーション機能とリーダーボードを、学習者ごとに個別に有効にすることができます。 要件に応じて、「社内学習者に対して有効にする」または「社外学習者に対して有効にする」を選択し、「OK」をクリックします。 ゲーミフィケーションを再度有効にすると、すべてのポイントが保持されます。

ゲーミフィケーションを無効にする

社内ユーザーと社外ユーザーの両方のゲーミフィケーションを無効にできます。

ポイントを設定する setuppoints

管理者は、以下の手順に従って、学習者のゲーミフィケーションポイントを設定できます。

  1. クリック ゲーミフィケーション 管理者としてログインした後
    ブロンズ、シルバー、ゴールド、およびプラチナというレベルの一覧と、各レベルに到達するために必要なポイントが記載されたページが表示されます。 タスクと対応するポイントの一覧が表示されます。
  2. 各タスクの隣にある「編集」アイコンをクリックし、ポイントを設定します。
  3. 月、四半期、または年に指定した数のコースを完了するなどのタスクの出現頻度を変更する。
  4. 「保存」 ​をクリックします。

タスク tasks

学習者のゲーミフィケーションタスクは5つあり、管理者はこれらに対してポイントを設定できます。 すべての学習者のタスクとポイントの例を以下に示します。

NOTE
特定のタスクでは、学習者のゲーミフィケーションポイントが累積されません。 ただし、異なるタスク間で学習者にこれらのポイントが付与された場合、ポイントは学習者アカウントに累積されて追加されます。

管理者はポイントをコースに割り当てる際に、学習者がポイントを累積できるように設定する必要があります。

学習ペースが速い学習者の場合

このタスクは特定の数のコースを 1 か月、四半期または 1 年以内に完了した学習者に適用されます。このタスクは学習ペースを速めることを目的としています。

以下に例を示すます。

  1. 1 か月、四半期または 1 年以内に 2 コースを完了すると 20 ポイントが付与されます。
  2. 1 が月、四半期または 1 年以内に 4 コースを完了すると 100 ポイントが付与されます。
  3. 8 コースを完了すると 300 ポイントが付与されます。
  4. 10 コースを完了すると、500 ポイントが付与されます。
NOTE
管理者はポイントを獲得するために必要な期間とコース数を変更できます。

単一タスク内で付与されるポイントは累積されません。例えば、学習者が 2 つのコースを完了し、20 ポイントを獲得したとします。 学習者が 4 つのコースを完了すると 100 ポイントを獲得しますが、それまでに獲得した 20 ポイントは累積されません。

自己学習タイプの学習者の場合(a)

このタスクは、学習者が規定数のコースを登録し、1か月、四半期、または1年以内に完了した場合に適用されます。 この場合、管理者はこのタスクを有効にしてポイントを割り当て、ポイントを推奨できます。

考えられるシナリオ:

  1. 1 か月、四半期または 1 年以内に 1 コースに登録すると 50 ポイントが付与されます。
  2. 1か月、四半期または1年以内に2つのコースに登録すると、150ポイントが付与されます。
NOTE
管理者は期間とコース数を変更できます。

自己学習タイプの学習者の場合(b)

このタスクは、1 か月、四半期または 1 年以内に完了させる必要があるコース数よりも多くのコースに登録し、完了した学習者に適用されます。この場合、管理者はこのタスクを使用してポイントを割り当てることで、登録を促すことができます。

例えば、必要数よりも多くのコースに登録した学習者に対して以下を適用することができます。

  1. 1 か月、四半期または 1 年以内に 1 コースに登録すると 20 ポイントが付与されます。
  2. 1か月、四半期または1年以内に2つのコースに登録すると、100ポイントが付与されます。
  3. 1 か月、四半期または 1 年以内に 3 コースに登録すると、300 ポイントが付与されます。
  4. 1 か月、四半期または 1 年以内に 4 コースに登録すると、500 ポイントが付与されます。
NOTE
管理者は期間とコース数を変更できます。 例えば、3 番目のシナリオではコース数を 3 から 5 に変更し、付与されるポイント数を 80 に変更することもできます。

上位レベルを達成した場合(a)

このタスクは、特定数のコンピテンシーを完了した学習者に適用されます。管理者はこのタスクを選択することで、できるだけ多くのコンピテンシーを達成するよう学習者に促すことができます。

例えば、達成したコンピテンシー数に応じて以下を適用することができます。

  1. 学習者が1つのコンピテンシーを達成すると、100ポイントが付与されます。
  2. 学習者は2つのコンピテンシーを達成すると、300ポイントを獲得します。
  3. 学習者は3つのコンピテンシーを達成すると、600ポイントを獲得します。
  4. 学習者は4つのコンピテンシーを達成すると、900ポイントを獲得します。
NOTE
このタスクには期間が適用されません。 管理者はシナリオごとにコース数を変更できます。

上位レベルを達成した場合(b)

このタスクは、学習者がコンピテンシー内で上位レベルを達成するたびに適用されます。

例えば、コンピテンシー内で達成した上位レベルの数に応じて以下を適用することができます。

  1. 学習者が1レベルに達すると100ポイントが付与されます。
  2. 学習者が2つのレベルに到達すると200ポイントが付与されます。
  3. 学習者が3つのレベルに到達すると、500ポイントが付与されます。
NOTE
このタスクには期間を適用できません。 学習者が高いレベルのコンピテンシーを達成してから低いレベルのコンピテンシーを達成した場合は、高いレベルのポイントだけが付与されます。

早期完了ポイント

このタスクは、コースを最初に完了した N 人以内の学習者に適用されます。

考えられるシナリオ:
コースを最初に完了した10人には100ポイントが付与されます。

期日内完了ポイント

このタスクは、コースへの登録後、規定日数以内にコースを完了した学習者に適用されます。

考えられるシナリオ:
コースの開始時点から10日以内にコースを完了すると100ポイントが付与されます。

グループレベルのゲーミフィケーション grouplevelgamification

管理者は範囲設定を変更することにより、ゲーミフィケーションの範囲を定義できます。類似するプロファイルのユーザー、グループ、または場所に対して、ゲーミフィケーションを選択的に有効にできます。

  1. 管理者ログインで、 ゲーミフィケーション をクリックします。

  2. 開く ゲーミフィケーション > 設定 > 範囲設定. この ゲーミフィケーションスコープ設定 ダイアログが表示されます。

    ゲーミフィケーションスコープ設定ダイアログの表示

  3. オプションをクリックします 範囲設定を有効にする.

  4. ドロップダウンリストから「ユーザー特性」を選択します。

  5. 選択したユーザー特性に対応する値を選択します。 たとえば、プロファイルとしてユーザー特性を選択した場合、ドロップダウンリストから値を選択する必要があります。 プロファイル値のサンプルを以下のスクリーンショットに示します。

  6. クリック 保存.

recommendation-more-help
d5e5961a-141b-4c77-820e-8453ddef913d