権限を持つコミュニティの作成

権限を持つコミュニティとは、いくつかの注目すべき特徴を持つコミュニティです。まず、がサポートします。 Adobe Analytics 管理者。 実装内でのビジネス要件の表現方法に関する知識が豊富です。 最後に、データに基づいた意思決定のために、自信を持って分析を使用する手段を備えています。多くの企業は、内部の Adobe Analytics ユーザーグループまたはより正式なコミュニティが提供しています。

権限を持つコミュニティは組織内に作成できます。その方法を次に示します。

1. 権限を持つコミュニティの基盤となる、強固なインフラストラクチャを構築する

  • ユーザーのオンボーディングプロセスを作成:

    関連する要件とプロセス Adobe Analytics ビジネスにアクセスできますか? 新規ユーザーのオンボーディングの要件とプロセスがまだ整っていない場合は、そのインフラストラクチャを作成することでスケーラビリティがサポートされます。

  • 適切なユーザー管理およびアクセスを実装します。

    レポートスイート、指標、ディメンション、ツール、レポートおよびコンポーネントへのユーザーアクセスは、 Adobe Analytics そして ユーザーグループ管理プロセス. 適切なツールアクセスにより、Analysis Workspaceおよび Reports &内でユーザーがセルフサービスを利用できるようになる Analytics.

  • 実装について:

    ベスト プラクティスとして、ユーザーは実装でサポートされるビジネス要件の基本的な知識を持っている必要があります。このような知識は通常、 ビジネス要件ドキュメント (BRD)および ソリューションデザインリファレンスドキュメント (SDR)を介して得ることができます。これらの要件には、実装された内容を含め、カテゴリ別にビジネス要件、レポート、eVar、イベントなどを定義する必要があります。

  • レポートテンプレートを使用:

    Adobe Analytics のレポートテンプレートとプロジェクトは、ツールユーザーがビジネスの実装、レポートの使用例およびベストプラクティスを利用できるようにするための重要なリソースです。これらのリソースは、一般的なビジネスの質問と、ツール内で最適の回答をする方法に対処する必要があります。

2. 誰が実行し、誰が関与するべきか、プランを作成する

  • コミュニティを運営するメンバーを決定:

    権限を持つコミュニティは、ビジネス要件の管理と実装を中心としたインフラストラクチャから始まります。そのため、ビジネスを管理するチームの Adobe Analytics 管理とイネーブルメントは、通常、ユーザーグループまたは内部コミュニティを管理するための鍵となります。

  • 関係者、役割、責任を定義:

    • 管理プロジェクトチーム: ビジネスのユーザーグループやコミュニティを管理するチームは、通常、プロジェクト憲章などによる商談の定義、コンテンツプランの作成(少なくとも最初は)、コミュニケーション手段(例えば、Microsoft® チーム、メール配信、四半期ごとの電話など)の決定に責任を負います。

    • エグゼクティブスポンサー: ビジネスの内部ユーザーグループまたはコミュニティの成功をサポートするエグゼクティブスポンサーを持つことが重要です。この役割は、マイルストーンのサポート、コミュニケーション、より広いチーム全体での優先順位の確保、変更管理などのための鍵になります。

    • サポート機能の責任: 組織の規模や構造によっては、web 開発、パーソナライゼーション、テストなどのチームを参加させることが有益な場合があります。

    • ツールユーザ: ビジネスの環境に合わせたデータに影響を与える可能性のある人は誰でもチャンスがあります Adobe Analytics 役職や役割を問わず、関わる実装です。

  • 忘れてはならないのは、「彼らにとってメリットは何か」ということです。コミュニティがビジネスの使用例や優先事項にフォーカスし続けることは、エンゲージメントと成功を確実にするのに役立ちます。

3. ツールを使用してコミュニティの構築を開始する

  • [プロジェクト憲章を作成する] ( アセット/Adobe-Analytics-Empowered-Community-Project-Charter-Template.pptx) (テンプレートのダウンロード):

    プロジェクト憲章は、多くの場合、権限を持つ社内コミュニティの商談に関するビジネスの足並みを揃える優れた方法です。 次の質問に答えることで、憲章のドラフトを作成するために必要な情報が得られます。

    • 解決しようとしている問題のステートメントは何ですか?コミュニティの目標は何ですか?また、範囲内外で何が予想されますか?
    • 「私にとってのメリットは何ですか?」 潜在的なメリットやコスト、成功の測定方法、リスクは何ですか?
    • コミュニティの運用を開始するまでのタイムラインを教えてください。イネーブルメント、ツール、管理者ユーザーグループなどで必要な設定作業は何ですか?通常、大規模なイニシアチブを開始する前に、ベースラインイネーブルメントリソースを開発しておくのが最善です。
    • コアチームメンバーはコミュニティの成功にどの程度効力を発していますか、またイニシアチブでは誰がサポートされますか?
    • 最後に、エグゼクティブスポンサーとは誰ですか?強力なエグゼクティブスポンサー、つまり仕事とその価値へのサポートを認めてくれる人物の価値は、いくら強調してもしきれません。
  • コンテンツプランを作成 - コミュニティにもコンテンツのアイデアはありますが、エンゲージメントを開始するためのアイデアが必要です。経験則として、任意の時点で少なくとも 6 ~ 12 か月分のコンテンツを作成することをお勧めします。

    • 主要イベント、大規模なプログラム、計画期間など、大規模なビジネスイニシアチブに合致するトピックはありますか?
    • このようなトピックについて話すのに最適な人物は誰でしょうか?コミュニティエンゲージメントの恩恵を受けるにはどうすればよいでしょうか?
    • プレゼンテーションには、どのようなコンテンツを含めるのが理想的で、どのようなコンテンツに答えることができるでしょうか?
  • コミュニケーションプランを作成 - 確かなコミュニケーションプランは、コミュニティのエンゲージメントと全体的な成功の鍵となります。 プランを作成する際に考慮すべき質問は次のとおりです。

    • コミュニティの影響を受けるのはどのチームで、ターゲットオーディエンスは誰ですか(エグゼクティブ、マネージャー、最前線のアナリストなど)?
    • 重要なメッセージの焦点、必要とされるメッセージ、ターゲットオーディエンス(WIIFM)に向けた内容、現在のリクエストは何ですか?
    • コミュニティの立ち上げの前後に、どんなコミュニケーション手段(メール、Slack、ビデオ、会議など)を使用する必要がありますか?例えば、は、 Adobe Analytics 管理ツールを使用します。 または、新しいユーザーのオンボーディングプロセスに、ニュースレターなどに利用できる内部メール配信リストのメンテナンスを含める必要がありますか?
    • 連絡を行うのは誰ですか?
    • また、いつ行いますか?コミュニティ立ち上げ前のコミュニケーションと、立ち上げ後に継続的に提供する必要のあるコミュニケーションの両方を考慮することが重要です。
  • コミュニティの連絡手段を使用して開始します。ビジネスの技術スタックに応じて、コミュニティ用のツールや連絡手段を選択できます。 お客様の組織に合わせてカスタムの手段を使用できますが、多くの場合、Microsoft Teams がうまく機能します。

4. コミュニティを維持し、その持続的な成功を確保する

  • 時間を予約 - コミュニティミーティングをカレンダーに追加して、事前に時間をブロックします。定期的なミーティングは、可能な場合は素晴らしいアイデアであり、コンテンツプランを実現するのに役立ちます。取りかかるのに役立つように、アジェンダのアイデアを次に示します。

    • ビジネスが仮想イベントをホストしている場合、より広く共有できるのはどのようなデジタルラーニングとインサイトですか?
    • Web サイトでインタラクティブツール(チャットボット、節約計算、デモなど)を使用している場合、パフォーマンスデータをどのように活用しますか?顧客とカスタマージャーニーへのよりよいサポートのために、どのようなインサイトを得ることができますか?
    • お客様のビジネスでは、既存の機能をどのように活用して、オーディエンスのインサイトを強化および活用していますか?例えば、新しい Adobe Analytics Marketoとの統合? より幅広く共有できるのはどのような知識とインサイトでしょうか?
  • 期待値の設定 - プロジェクト憲章とコミュニケーションプランを引き続き活用して、コミュニティの内容とそれ以外の内容に関する期待値を設定します。 一貫性が重要です。

  • エンゲージメントのプラン - コミュニティを立ち上げる際、会議中のチャットやコミュニティの伝達手段を通じて、チームの監視や関与を行うユーザーを指定することが有益な場合があります。

  • フィードバックを収集 - 会議、講演者、コンテンツなどの関連性を確保するために、年 2 回の調査を計画し、フィードバックの機会を提供する時間を取ります。多くの人は、会議や重要なマイルストーンの後に、コミュニティのプロジェクトチームと報告会を行うことが有効だと考えています。

コミュニティを構築し、維持し、権限を与える理由

権限を持つコミュニティを設置して維持するのは大変な作業です。これを行うことで客観的に捉え、組織が享受できるメリットに気付くことが重要です。私がこれまで目にしてきたメリットをいくつか紹介します。

  • データに基づいた意思決定 - 権限を持つコミュニティは、 ビジネスを変える ことができます。 は組織全体でアクセスできる方法でデータのストーリーテリングや、結果の予測と規定を可能にし、顧客インテリジェンスやデータに基づいた意思決定をサポートします。Adobe Analytics

  • 専門知識と効率の向上 - イネーブルメントエンゲージメントとマーケティング投資回収率の間に直接の相関関係を構築できます。 権限を持つコミュニティは、全員の専門知識を向上させ、インサイト、ベストプラクティス、プロジェクト、製品アップデートの共有を促進し、共同作業を推進します。これを実現し、 Adobe Analytics. これにより、マーケティングチャネル、ページ、ジオロケーション、オーディエンスなどをサポートします。 また、エクスペリエンスの最適化もサポートされるので、チームは最も大きな影響を与えるタスクに注力できます。

  • 価値の実現 — ビジネスが、 Adobe Analyticsですから、皆さんがその潜在力のフルバリューを実現しているのは、誰にとっても最善のことです。

  • キャリア開発 - 権限を持つコミュニティは、多くのアナリストチームの焦点を、反応的で戦術的なものから、規範的で戦略的なものへとシフトさせます。これにより、コミュニティの管理プロジェクトチームにキャリア開発の機会が生まれます。

内部の Adobe Analytics ユーザーグループまたはより正式な「コミュニティ」を作成するか、コミュニティの形成に取り組んでいます。 Adobe Experience League!

recommendation-more-help
ee36f8de-52ce-47f1-8f0c-257e5efbcd1a