機能パック 201809 のリリースノート release-notes-for-feature-pack

CAUTION
Adobeでは、最新バージョンのAdobe Experience Manager(AEM)にアップグレードすることをお勧めします。 AEM Screensは、AEM 6.3 Screens プラットフォームのメンテナンスサポートを提供します。

AEM 6.4.2 機能パック 2 および AEM 6.3.3 機能パック 4 向けの AEM Screens がリリースされました。詳細は以下のとおりです。

リリース日 release-date

AEM Screens 機能パック 201809 のリリース日は 2018 年 10 月 1 日です。

新機能 what-s-new

  • Adobe Analytics Proof of Play レポート:を参照 Adobe AnalyticsとAEM Screensの統合 を参照してください。

  • Adobe Analyticsを使用すると、プレーヤーがキャッシュして送信できます playback Adobe Analyticsへのイベント:を参照 Adobe AnalyticsとAEM Screensの設定 を参照してください。

  • オフラインコンテンツの一括更新:すべてのチャネルを一括で更新できます。特定のチャネルに移動してコンテンツを更新する手間が省けます。 参照: オフライン一括更新 を参照してください。

  • すべてのパブリッシュインスタンスへのチャネルの一括公開

  • プレーヤーのログメカニズムの機能強化:AEM Screens Player の最大ログファイル数を指定できます。参照: AEM Screens Player の操作 を参照してください。

  • オーサー/パブリッシュのデプロイメント(堅牢化)

リリースされている AEM Screens Player

AEM 6.4.2 機能パック 2 および AEM 6.3.3 機能パック 4 向けに、次の AEM Screens Player がリリースされています。

  • Chrome OS
  • Windows
  • Android™
  • iOS

AEM Screens Player のダウンロード

最新のAEM Screens Player のダウンロードとバグ修正について詳しくは、以下を参照してください。 AEM Screens Player のダウンロード.

recommendation-more-help
adce462a-f916-4dbe-9ab5-0b62cfb0f053