オフラインチャネル offline-channels

Screens Player では、以下を使用してチャネルをオフラインサポートします。 ContentSync 技術。

プレーヤーは、解凍されたコンテンツを提供するためにローカル http サーバーを使用します。

チャネルが実行されるように設定されている場合 オンライン ​プレーヤーは、AEM サーバーにアクセスしてチャネルリソースを提供します。 ただし、チャネルが実行されるように設定されている場合は、 オフライン ​プレーヤーは、ローカル http サーバーからチャネルリソースを提供します。

プロセスのワークフローは次のとおりです。

  1. 目的のページを解析します。
  2. 関連するすべてのアセットを収集します。
  3. すべてを zip ファイルにパッケージ化します。
  4. zip ファイルをダウンロードし、ローカルで抽出します。
  5. コンテンツのローカルコピーを表示します。

更新ハンドラー update-handlers

ContentSync は、更新ハンドラーを使用して、特定のプロジェクトに必要なすべてのページとアセットを解析および収集します。AEM Screensでは、次の更新ハンドラーを使用します。

共通オプション common-options

  • タイプ:使用する更新ハンドラーのタイプ
  • パス:リソースへのパス
  • [targetRootDirectory]:zip ファイル内のターゲットフォルダー
タイプ
説明
Options
channels
チャネルを収集します
extension:収集するリソースの拡張子
[pathSuffix='']:チャネルパスに追加するサフィックス
clientlib
指定されたクライアントライブラリを収集します
[extension='']:css か js のどちらか(前者のみか後者のみを収集するために指定)
assetrenditions
アセットレンディションを収集します
[renditions=[]]:収集するレンディションのリスト。デフォルトで元のレンディションに設定
copy
指定された構造をパスからコピーします

コンテンツ同期設定のテスト testing-contentsync-configuration

ContentSync 設定をテストするには、以下の手順に従います。

  1. https://localhost:4502/libs/cq/contentsync/content/console.html を開きます。
  2. リストで設定をクリックします
  3. 「キャッシュをクリア」をクリックします。
  4. 「キャッシュを更新」をクリックします。
  5. 「すべてダウンロード」をクリックします。
  6. zip ファイルを解凍します。
  7. 解凍したフォルダーでローカルサーバーを起動します。
  8. 開始ページを開き、アプリのステータスを確認します

チャネルのオフライン設定の有効化 enabling-offline-config-for-a-channel

チャネルのオフライン設定を有効にするには、次の手順に従います。

  1. チャネルコンテンツをInspectし、チャネルコンテンツがAEM インスタンス(オンライン)からリクエストされたものかどうかを確認します。

    chlimage_1-24

  2. チャネルダッシュボードに移動します。

  3. クリック が含まれる チャネル情報 パネル。

    chlimage_1-25

  4. チャネルプロパティに移動します。

  5. 「((チャネル))」タブで、チェックボックスが無効になっていることを確認し、クリックします 保存して閉じる.

    screen_shot_2017-12-19at122422pm

    コンテンツを適切にデバイスに実装する前に、「オフラインコンテンツを更新」をクリックします。

    screen_shot_2017-12-19at122637pm

    これに合わせて「プロパティ」の「オフライン」ステータスも更新されます。

    screen_shot_2017-12-19at124735pm

  6. チャネルコンテンツを調べて、それがローカルの Player-Cache から要求されているかどうかを確認します。

    chlimage_1-26

NOTE
カスタムのオフラインリソースハンドラーのテンプレートと最小要件について詳しくは、を参照してください。 pom.xml 具体的なプロジェクトについては、を参照してください。 カスタムハンドラーのテンプレート 。対象: AEM Screens用カスタムコンポーネントの開発.
recommendation-more-help
adce462a-f916-4dbe-9ab5-0b62cfb0f053