ビデオのサムネールサポート thumbnail-support-videos

はじめに introduction

コンテンツ作成者は、画像がプレースホルダーとして使用されるように、ビデオのサムネールを定義できます。 適切なチームが実際のビデオに仕上げる間に、コンテンツの再生とターゲティングを適切にテストできます。 その画像は、ビデオの再生に失敗した場合でも使用できます。

ビデオコンポーネントにサムネール画像のサポートを追加すると、ユーザーは実際のコンテンツと共に有効なコンポーネントをチャネルに適切に追加し、ビデオが実際に配信される前にターゲティング設定を実行できます。

NOTE
サムネール画像は、ビデオコンポーネントに設定されている場合、プレーヤーでビデオの再生が失敗した場合に再生されます。このフォールバックを使用すると、コンテンツを完全にスキップするのではなく、(コンテンツを再生して)目的のメッセージをオーディエンスに配信できます。

サムネールのサポートにより、次のことが可能になります。

  • ビデオがまだ準備できていない場合や、プレーヤーに大きなアセットをダウンロードしてテストする必要がない場合に、チャネルエクスペリエンスを準備する

  • デバイスで再生の問題が発生した場合に備えて、フォールバックメカニズムを設定する

ビデオでのサムネールの使用 using-thumbnails

ビデオでサムネールを使用するには、次の手順に従います。

  1. 既存の AEM Screens チャネルに移動するか、チャネルを作成します。

  2. チャネルをクリックし、 編集 アクションバーから。

    画像

  3. 既存のビデオコンポーネントを追加または編集します(下図を参照)。

    画像

  4. ビデオをクリックし、 レンチ アイコン。

    画像

  5. ビデオ ​ダイアログボックスが開き、サムネール ​ドロップゾーンが表示されます。

    画像

  6. アセットピッカーから​ サムネール ​ドロップゾーンに画像をドラッグ&ドロップし、「完了」をクリックします。

    画像

  7. プレビュー ​をクリックします。

  8. コンポーネントにビデオが設定されている場合は、ビデオが再生されます。ビデオが設定されておらず、サムネールが設定されている場合は、サムネールが再生されます。それ以外の場合、コンポーネントは未設定と見なされ、スキップされます。

ビデオでサムネールを使用する際にサポートされているユースケース understand-use-case

ビデオ内のサムネールでは、次のユースケースをサポートしています。

  • 何も設定されていないビデオコンポーネントはスキップされます。

  • サムネールのみ設定されているビデオコンポーネントでは、サムネールを再生します。

  • ビデオ(正しいレンディションがあるもの)とサムネールの両方が設定されているビデオコンポーネントでは、ビデオを再生します。

  • ビデオが設定されているビデオコンポーネントでは、再生エラーが発生した場合はサムネールを再生し、サムネールが設定されていない場合は次の項目までスキップします。

recommendation-more-help
adce462a-f916-4dbe-9ab5-0b62cfb0f053