ジャーナル処理と AEM イベント

ジャーナルから AEM イベントの初期セットを取得し、各イベントの詳細を調べる方法について説明します。

ジャーナル処理は、AEM イベントを使用するプルメソッド、ジャーナルはイベントの順序付きリストです。Adobe I/O Events Journaling API を使用すると、ジャーナルから AEM イベントを取得して、アプリケーションで処理できます。このアプローチでは、指定したサイクルに基づいてイベントを管理し、それらを一括で効率的に処理できます。保持期間やページネーションなどの重要な考慮事項を含む、詳細なインサイトついては、ジャーナル処理を参照してください。

Adobe Developer Console プロジェクト内では、ジャーナル処理に対してすべてのイベント登録が自動的に有効になり、シームレスな統合が可能になります。

この例では、アドビ提供の​ ホスト型 web アプリケーション ​を利用すると、アプリケーションをセットアップしなくても、ジャーナルから AEM イベントの最初のバッチを取得できます。このアドビ提供の web アプリケーションは、Glitch にホストされています。Glitch は、web アプリケーションの構築とデプロイに役立つ web ベース環境を提供することで知られているプラットフォームです。ただし、必要に応じて、独自のアプリケーションを使用するオプションも使用できます。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、以下が必要になります。

IMPORTANT
AEM as a Cloud Serviceイベンティングは、プレリリースモードで登録のユーザーのみが使用できます。 AEM as a Cloud Service 環境で AEM イベンティングを有効にするには、AEM-イベンティングチームに連絡します。

Web アプリケーションへのアクセス

アドビ提供の web アプリケーションにアクセスするには、次の手順に従います。

Adobe Developer Console プロジェクトの詳細の収集

ジャーナルから AEM イベントを取得するには、IMS 組織 IDクライアント IDアクセストークン ​などの資格情報が必要です。これらの資格情報を収集するには、次の手順に従います。

  • Adobe Developer Console でプロジェクトに移動し、クリックして開きます。

  • 資格情報」セクションで、「OAuth サーバー間」リンクをクリックして「資格情報の詳細」タブを開きます。

  • アクセストークンを生成」ボタンをクリックして、アクセストークンを生成します。

    Adobe Developer Console プロジェクトのアクセストークンの生成

  • 生成されたアクセストークンクライアント ID および​ 組織 ID をコピーします。これらは、このチュートリアルで後ほど必要になります。

    Adobe Developer Console プロジェクトの資格情報のコピー

  • すべてのイベント登録は、ジャーナル処理に対して自動的に有効になっています。イベント登録の​ 一意のジャーナル処理 API エンドポイント ​を取得するには、AEM イベントをサブスクライブしているイベントカードをクリックします。「登録の詳細」タブから、ジャーナル処理の一意の API エンドポイント ​をコピーします。

    Adobe Developer Console プロジェクトのイベントカード

AEM イベントジャーナルの読み込み

話を簡単にするために、このホスト型 web アプリケーションは、ジャーナルから AEM イベントの最初のバッチのみを取得します。これらは、ジャーナルで使用可能な最も古いイベントです。詳しくは、イベントの最初のバッチを参照してください。

  • Glitch のホストされた web アプリケーションで、Adobe Developer Console プロジェクトからコピーした IMS 組織 IDクライアント ID および​ アクセストークン ​を入力し、「送信」をクリックします。

  • 成功すると、テーブルコンポーネントに AEM イベントジャーナルデータが表示されます。

    AEM イベントジャーナルデータ

  • イベントペイロード全体を表示するには、行をダブルクリックします。Web フックでイベントを処理するために必要な情報がすべて AEM イベントの詳細に含まれていることがわかります。例えば、イベントタイプ(type)、イベントソース(source)、イベント ID(event_id)、イベント時刻(time)、イベントデータ(data)が表示されています。

    AEM イベントペイロードの全体

その他のリソース

recommendation-more-help
4859a77c-7971-4ac9-8f5c-4260823c6f69