サイトテーマのカスタマイズ customize-the-site-theme

サイトテーマの作成方法、カスタマイズ方法、および AEM のライブコンテンツを使用したテスト方法を説明します。

これまでの説明内容 story-so-far

AEM クイックサイト作成ジャーニーの前のドキュメントである Git リポジトリのアクセス情報の取得 では、フロントエンド開発者が Cloud Manager を使用して Git リポジトリ情報にアクセスする方法を確認しました。次のことができるようになりました。

  • Cloud Manager とは何かをハイレベルで理解します。
  • カスタマイズをコミットできるよう、AEM Git にアクセスするための資格情報を取得しました。

ジャーニーのこのパートでは次のステップに進み、サイトテーマについて掘り下げます。サイトテーマをカスタマイズし、取得したアクセス資格情報を使用してそれらのカスタマイズをコミットする方法を示します。

目的 objective

このドキュメントでは、AEM サイトテーマの作成方法とカスタマイズ方法、および AEM のライブコンテンツを使用したテスト方法を説明します。読み終えると、次のことができるようになります。

  • サイトテーマの基本構造と編集方法を理解する。
  • ローカルプロキシを介して実際の AEM コンテンツを使用してテーマのカスタマイズをテストする方法を参照する。
  • 変更を AEM Git リポジトリにコミットする方法を理解する。

担当する役割 responsible-role

ジャーニーのこの部分は、フロントエンド開発者に適用されます。

テーマの構造について understand-theme

AEM 管理者が提供するテーマを編集場所に抽出し、目的のエディターで開きます。

テーマの編集

テーマが一般的なフロントエンドプロジェクトであることがわかります。構造の最も重要な部分は次のとおりです。

  • src/main.ts:JS および CSS テーマのメインエントリポイント
  • src/site:サイト全体に適用される JS および CSS ファイル
  • src/components:AEM コンポーネント固有の JS および CSS ファイル
  • src/resources:アイコン、ロゴ、フォントなどの静的ファイル
TIP
標準の AEM サイトテーマについて詳しくは、このドキュメントの最後にある その他のリソース の節の GitHub リンクを参照してください。

テーマプロジェクトの構造に慣れたら、ローカルプロキシを起動して、実際の AEM コンテンツに基づいて、テーマのカスタマイズをリアルタイムで確認できるようにします。

ローカルプロキシの起動 starting-proxy

  1. コマンドラインから、ローカルマシン上のテーマのルートに移動します。

  2. npm install を実行すると、npm は依存関係を取得し、プロジェクトをインストールします。

    npm install

  3. npm run live を実行すると、プロキシサーバーが起動します。

    npm run live

  4. プロキシサーバーが起動すると、http://localhost:7001/ へのブラウザーが自動的に開きます。選択 ローカルでログイン(管理者タスクのみ) をクリックし、AEM管理者から提供されたプロキシユーザーの資格情報を使用してサインオンします。

    ローカルでログイン

    note tip
    TIP
    これらの資格情報がない場合は、このジャーニーにおける「テンプレートからサイトを作成」記事の「プロキシユーザーを設定」の節を言及したうえで、管理者にお問い合わせください。
  5. ログインしたら、AEM 管理者が指定したサンプルコンテンツのパスを指すように、ブラウザーで URL を変更します。

    • 例えば、指定されたパスが /content/<your-site>/en/home.html?wcmmode=disabled であった場合
    • URL を http://localhost:7001/content/<your-site>/en/home.html?wcmmode=disabled に変更します

    プロキシ化されたサンプルコンテンツ

サイトに移動して、コンテンツを参照できます。サイトはライブ AEM インスタンスからライブで取り出されるため、実際のコンテンツに対してテーマをカスタマイズできます。

テーマのカスタマイズ customize-theme

これで、テーマのカスタマイズを開始できます。 次に、プロキシ経由で変更をライブで確認する方法を示す簡単な例を示します。

  1. エディターで、<your-theme-sources>/src/site/_variables.scss ファイルを開きます。

    テーマを編集

  2. $color-background 変数を編集し、白以外の値に設定します。この例では、orange が使用されます。

    編集されたテーマ

  3. ファイルを保存すると、プロキシサーバーが [Browsersync] File event [change] 行を介して変更を認識していることがわかります。

    プロキシブラウザー同期

  4. プロキシサーバーのブラウザーに切り替えると、変更が直ちに表示されます。

    オレンジのテーマ

AEM 管理者から提供された要件に基づいて、テーマのカスタマイズを続行できます。

変更のコミット committing-changes

カスタマイズが完了したら、それらを AEM Git リポジトリにコミットできます。まず、リポジトリをローカルマシンにクローンする必要があります。

  1. コマンドラインで、リポジトリのクローン先に移動します。

  2. 以前に Cloud Manager から取得したコマンドを実行します。 のようになります git clone https://git.cloudmanager.adobe.com/<my-org>/<my-program>/このジャーニーの前の部分で取得した Git ユーザー名とパスワードを使用します。

    リポジトリのクローン

  3. 編集中のテーマプロジェクトを、mv <site-theme-sources> <cloned-repo> のようなコマンドを使用して、クローンリポジトリに移動します。

  4. クローンリポジトリのディレクトリで、先ほど移動したテーマファイルを次のコマンドでコミットします。

    code language-text
    git add .
    git commit -m "Adding theme sources"
    git push
    
  5. カスタマイズ内容は AEM Git リポジトリにプッシュされます。

    コミット済みの変更

これで、カスタマイズ内容が AEM Git リポジトリに安全に保存されました。

次の手順 what-is-next

これで、AEM クイックサイト作成ジャーニーのこのステップが完了しました。次のことを行う必要があります。

  • サイトテーマの基本構造と編集方法を理解する。
  • ローカルプロキシを介して実際の AEM コンテンツを使用してテーマのカスタマイズをテストする方法を参照する。
  • 変更を AEM Git リポジトリにコミットする方法を理解する。

この知識に基づいてドキュメントを次に確認し、AEMクイックサイト作成のジャーニーを続行します。 カスタマイズしたテーマをデプロイする フロントエンドパイプラインを使用したテーマのデプロイ方法を学ぶ場所です。

その他のリソース additional-resources

カスタマイズしたテーマのデプロイ のドキュメントを確認して、クイックサイト作成ジャーニーの次のパートに進むことをお勧めしますが、以下のリソースではこのドキュメントで取り上げた概念についてより詳しく説明しています。追加的なオプションであり、ジャーニーを続ける上で必須のリソースではありません。

  • AEM サイトテーマ - これは AEM サイトテーマの GitHub リポジトリです。
  • npm - サイトをすばやく作成するために使用される AEM テーマが npm に基づいている場合。
  • webpack - サイトをすばやく作成するために使用される AEM テーマが webpack に基づいている場合。
recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab