メンテナンスリリースノート maintenance-release-notes

次の節では、2023.9.0 機能のアクティベーションに関連する Experience Manager as a Cloud Service のメンテナンスリリースに関するテクニカルリリースノートの概要を説明します。

リリース 13420 release-13420

2023年9月12日(PT)に公開された、メンテナンスリリース 13420 の継続的な改善点を以下にまとめます。このメンテナンスリリースは、リリース 13323 に代わるものです。

2023.9.0 機能のアクティベーションでは、このメンテナンスリリースの機能がすべて提供されます。詳しくは、Experience Manager リリースロードマップを参照してください。

機能強化 enhancements-13420

  • ASSETS-19544:プロパティによって最終変更されたアセットが、処理をリクエストするユーザーに設定されるようになりました。

修正された問題 fixed-issues-13420

  • ASSETS-27628:アセット検索パネルのカスタマイズ時に誤った「チャネル」ノードが作成される。
  • ASSETS-27539:制限付き正規表現照合をアップロードします。
  • ASSETS-26530:統合シェルで、ユーザーが元のページに戻りません。
  • ASSETS-22719:スマート切り抜きブレークポイントの命名でブラケットが表示されると、スマート切り抜き編集機能が壊れます。
  • ASSETS-27726: linkshare.html のインデックスは、Googleでは作成できません。
  • ASSETS-27791:メタデータスキーマの検証は、最初のフィールドに対してのみおこなわれます。
  • ASSETS-25544:無効になっている CDN キャッシュの無効化ボタンを修正しました。
  • ASSETS-26575:画像セット作成時の名前の切り捨てを修正しました。
  • ASSETS-26705:DM 以外のフォルダーアセットとコンテンツフラグメントで不要な処理を修正しました。
  • ASSETS-25740:下向き矢印キーを使用して、「スマート切り抜きを編集」ページの編集/切り抜きコントロールの名前と役割を読み上げないスクリーンリーダーを修正しました。
  • CQ-4354266:インボックス項目を開けない。
  • CQ-4354347: AEM Translations を更新しました。
  • DISP-1009: User-Agent as non-first header trims X-Forwarded-Host.
  • 様々なアクセシビリティおよびセキュリティ関連の修正。

既知の問題 known-issues-13420

なし。

組み込みテクノロジー embedded-tech-13420

テクノロジー
バージョン
リンク
AEM Oak
1.54-T20230817132355-3800a65
Oak API 1.54.0 API
AEM SLING API
バージョン 2.27.2
Apache Sling API 2.27.2 API
AEM HTL
Version 1.4.20-1.4.0
HTML テンプレート言語仕様
AEM コアコンポーネント
バージョン 2.23.2
AEM WCM コアコンポーネント

リリース 13323 release-13323

2023年9月1日(PT)に公開された、メンテナンスリリース 13323 の継続的な改善点を以下にまとめます。このメンテナンスリリースは、リリース 13239 に代わるものです。

2023.9.0 機能のアクティベーションでは、このメンテナンスリリースの機能がすべて提供されます。詳しくは、Experience Manager リリースロードマップを参照してください。

機能強化 enhancements-13323

  • GRANITE-46784:BearerAuthenticationHandler を無効にするオプションを追加します。
  • GRANITE-36205:内部 Oak リリースバージョンを最新に更新します。
  • ASSETS-26713:新しい Experience UI ダッシュボードへのタッチ UI 外部リンク — unified-shell-integration および ui-touch-optimized アップグレード。
  • SKYOPS-63302: com.adobe.granite:com.adobe.granite.auth.saml を v1.0.54 にアップグレードします。
  • GRANITE-46634:イベンティングクライアント 1.4.0 にアップグレードします。
  • GRANITE-46788:ライブラリを Apache Commons IO 2.13.0、Commons Lang 3.13.0、Commons Code 1.16.0、および Commons Compress 1.23.0に更新します。
  • GRANITE-46705: Apache Felix Http Jetty 4.1.14 に更新します。
  • GRANITE-46631:Jackrabbit のバージョンを2.20.11に更新します。
  • SKYOPS-61895: Jackrabbit Filevault 3.7.0 に更新しました。

修正された問題 fixed-issues-13323

  • ASSETS-28461:13239から修正された、PDFに対して Doc Cloud ビューアが機能しない。
  • SKYOPS-63290:バケットの誤った展開を修正しました。
  • SKYOPS-54607: Ratelimiter のサーバロード計算が失敗した要求に対して正しく行われません。
  • ASSETS-27648:ContentModelIT は、他のバンドルから除外ファイルを読み取れません。
  • GRANITE-43744:認証要件とバニティパスの設定に誤りがある場合、Sling Authenticator は正しく機能しません。
  • GRANITE-46419:Auth0 Idp とのAEM統合の問題。
  • AEM-46292: Cloud の更新後に Okta SAML 設定が機能しない。
  • GRANITE-47059: Granite Jetty SSL バンドルを削除します。

既知の問題 known-issues-13323

  • SITES-15622:GraphQL - 数値およびブール値のパラメーターを持つ永続的なクエリに関する問題。
  • SITES-15654:GraphQL - 同じ名前の和集合とプロパティに関する問題。
  • FORMS-10652:変数が変数選択ドロップダウンに入力されない。 したがって、ユーザーはワークフローステップで変数をマッピングできません。
  • CQ-4353233:ワークフローを再試行し、操作に失敗した場合、誤ったエラーメッセージが表示されます。
  • AEM-45567:Granite エクスペリエンスを削除すると、誤ったエラーメッセージが表示されます。

組み込みテクノロジー embedded-tech-13323

テクノロジー
バージョン
リンク
AEM Oak
1.54-T20230817132355-3800a65
Oak API 1.54.0 API
AEM SLING API
バージョン 2.27.2
Apache Sling API 2.27.2 API
AEM HTL
Version 1.4.20-1.4.0
HTML テンプレート言語仕様
AEM コアコンポーネント
バージョン 2.23.2
AEM WCM コアコンポーネント
recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab