コードリファクタリングツール用 Unified Experience unified-experience

Adobeは、Adobe Experience Manager(AEM)as a Cloud Serviceとの互換性が必要なコードリファクタリングタスクの一部を自動化するツールを開発しました。 様々なコードリファクタリングツールのインストールと設定に伴う複雑さを軽減するために、Adobeでは、コードとリポジトリで動作するツールを統合するプラグインを開発しました。

メリット benefits

Unified Experience プラグインには次のようなメリットがあります。

  • ソースコードで機能するツールを 1 つの node.js アプリケーションに統合し、aio-cli プラグインとして公開して、ユーザーに対して一貫性のあるユーザーエクスペリエンスを提供する。

  • 1 つのコマンドを使用してすべてのツールを実行し、必要に応じて特定のツールを柔軟に実行できます。

  • エクスペリエンスの一貫性を維持しながら、新しいツールの追加を簡素化します。

プラグインについて understanding-plugin

aio-cli-plugin-aem-cloud-service-migration プラグインは、次の 2 つの主要な部分で構成されています。

  • ユーザーインターフェイス

    • aio-cli 1 つ以上のコードリファクタリングツールを実行するコマンド(ツールを連結して順番に実行する方法)
    • 必要な入力パラメーターを取り込む config.yaml
  • 基礎となるコードリファクタリングツールスイート

    コードリファクタリングツールは、次の方法で機能を実行します。

    • 顧客のコードの各セクションをスキャンし、(コードの実装に基づくベストプラクティスに基づく)コードを操作して出力を生成し、検証して導入する。

    • 実行中に実行された操作を記録するサマリレポートを生成する。

入手方法 availability

詳しくは、 Git リソース:aio-cli-plugin-aem-cloud-service-migration 使用方法や、GitHub でオープンソースになっているこのプラグインコードに貢献する方法について説明します。

NOTE
現在、このプラグインは AEM Dispatcher Converter および Repository Modenizer と統合されています。
recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab