ユニバーサルエディターのアーキテクチャ architecture

ユニバーサルエディターのアーキテクチャと、そのサービスとレイヤー間でのデータのフローについて説明します。

アーキテクチャ構築ブロック building-blocks

ユニバーサルエディターは、優れたエクスペリエンスを提供し、コンテンツベロシティを向上し、最新のデベロッパーエクスペリエンスを提供するために、コンテンツ作成者があらゆる実装、あらゆるコンテンツ、あらゆる側面を編集するための 4 つの基本的な要素で構成されます。

このドキュメントでは、これらの各構成要素の概要と、それらがデータを交換する仕組みについて説明します。

ユニバーサルエディターのアーキテクチャ

TIP
ユニバーサルエディターとそのアーキテクチャの実際の動作を確認するには、「AEM のユニバーサルエディターの概要」で、ユニバーサルエディターのアクセス権を取得する方法と、最初の AEM アプリを使用するための実装を開始する方法を参照してください。

エディター editors

  • ユニバーサルエディター - ユニバーサルエディターは実装された DOM を使用して、コンテンツのインプレース編集を可能にします。必要なメタデータに関する詳細については、属性とタイプを参照してください。AEM の実装の例については、AEM のユニバーサルエディターの概要を参照してください。
  • プロパティパネル - コンポーネントの一部のプロパティは、コンテキスト内で編集できません。例えば、カルーセルの回転時間や、アコーディオンタブを常に開いたり閉じたりするプロパティです。このようなコンポーネント情報を編集できるように、エディターのサイドパネルにフォームベースのエディターが用意されています。

リモートアプリ remote-app

ユニバーサルエディターのコンテキスト内でアプリを編集可能にするには、DOM を実装する必要があります。リモートアプリは、DOM 内の特定の属性をレンダリングする必要があります。必要なメタデータに関する詳細については、属性とタイプを参照してください。AEM の実装の例については、AEM のユニバーサルエディターの概要を参照してください。

ユニバーサルエディターは最小限の SDK を目標としているので、実装はリモートアプリ実装によって行われます。

API レイヤー api-layer

  • コンテンツデータ - ユニバーサルエディターの場合、コンテンツデータのソースシステムも、コンテンツデータの使用方法も重要ではありません。重要なのは、コンテキスト内で編集可能なデータを使用し、必要な属性を定義して提供することです。
  • データを保持中 - 編集可能な各データには、URN 識別子があります。この URN は、永続性を適切なシステムとリソースにルーティングするために使用されます。

永続レイヤー persistence-layer

  • コンテンツフラグメントモデル - コンテンツフラグメントプロパティ編集用のパネルをサポートするには、コンテンツフラグメントエディター、フォームベースのエディター、コンポーネントごとのモデル、コンテンツフラグメントが必要です。
  • コンテンツ - AEM や Magento などの任意の場所に保存できます。

永続レイヤー

ユニバーサルエディターサービスとバックエンドシステムディスパッチ service

ユニバーサルエディターは、すべてのコンテンツの変更を、ユニバーサルエディターサービスと呼ばれる一元化されたサービスにディスパッチします。Adobe I/O Runtime 上で動作するこのサービスは、指定された URN に基づいて、拡張レジストリで使用可能なプラグインを読み込みます。プラグインはバックエンドに通信し、統合応答を返す役割を持ちます。

ユニバーサルエディターサービス

パイプラインのレンダリング rendering-pipelines

サーバーサイドレンダリング server-side

サーバーサイドレンダリング

静的サイト生成 static-generation

静的サイト生成

クライアントサイドレンダリング client-side

クライアントサイドレンダリング

その他のリソース additional-resources

ユニバーサルエディターの詳細については、次のドキュメントを参照してください。

recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab