AEM での Edge Delivery Services の使用 using-edge

Edge Delivery Services はコンテンツソースから切り離されており、様々なコンテンツソースからコンテンツを取り込むことができます。つまり、選択したソースに関係なく、同じ web サイト上で複数のコンテンツソースをシームレスかつ効率的に公開できるようになります。

Edge Delivery Services を使用すると、作成者がコンテンツをすばやく更新して公開したり、新しいサイトを迅速に立ち上げたりできる、迅速な開発環境を作成できます。編集したコンテンツを、ほんの数秒でインターネット上に表示できます。

Edge 配信のコンテンツソース

複数のコンテンツソースからの取り込みにより、ユーザーには最大限の柔軟性が提供されます。アドビでは、プロジェクトに最適なコンテンツソースを選択するのに役立つガイダンスを提供します。

コンテンツソースが事前定義されている場合や、柔軟性がない場合があります(例: プロジェクトで Sharepoint や Google ドライブを使用できない)。ただし、多くの場合、ツールは事前に定められておらず、ツールの選択に明確な区別はありません。

アドビの指針はシンプルさです。ドキュメントベースのオーサリングから開始し、必要に応じて複雑さを高めます。ツールの変更が必要な場合は、AEM の Edge 配信サービスの統合によってコンテンツの移行がカバーされます。

コンテンツソースの柔軟性

オーサリング authoring-edge

Edge 配信サービスを使用すると、オーサリングが簡単、迅速、柔軟に行えます。ドキュメントベースのオーサリングを使用してオーサリングすることも、ユニバーサルエディターを使用した WYSIWYG オーサリングを使用してオーサリングすることもできます。

詳しくは、Edge 配信サービス向けのコンテンツのオーサリングを参照してください。

公開 publishing-edge

Edge 配信サービスを使用すると、コンテンツソースに関係なく、コンテンツの公開をシームレスに行えます。

詳しくは、Edge 配信サービス向けのコンテンツの公開を参照してください。

開発 developing-edge

Edge 配信サービスは、ブロックの概念に基づいています。AEM には、プロジェクトのニーズに合わせて拡張できる事前定義済みのブロックの包括的なライブラリが付属しています。Edge 配信サービスプロジェクトのコードは、GitHub で管理されます。

ドキュメントを参照してください Edge Delivery Servicesを使用した WYSIWYG オーサリングの開発者向けスタートガイド を参照してください。

既存の AEM プロジェクト existing-projects

新しい AEM プロジェクトで Edge 配信サービスのメリットを活用できるようになるまで待つ必要はありません。Edge 配信サービスは既存の AEM プロジェクトに統合できるので、パフォーマンスの向上をすぐに活用できます。

詳しくは、既存の AEM プロジェクトでの Edge 配信サービスの使用を参照してください。

recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab