モバイルアプリのページテンプレート page-templates-for-mobile-apps

NOTE
単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアントサイドレンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報

モバイルアプリのページテンプレート page-templates-for-mobile-apps-1

angular アプリ用に作成するページコンポーネントは、/libs/mobileapps/components/page/ng-page コンポーネント(ローカルサーバーでCRXDE Liteーで開く)に設定します。 このコンポーネントには、コンポーネントが継承またはオーバーライドする次の JSP スクリプトが含まれています。

  • ng-page.jsp
  • head.jsp
  • body.jsp
  • angular-app-module.js.jsp
  • angular-route-fragment.js.jsp
  • angular-app-controllers.js.jsp
  • controller.js.jsp
  • template.jsp
  • angular-module-list.js.jsp
  • header.jsp
  • footer.jsp
  • js_clientlibs.jsp
  • css_clientlibs.jsp

ng-page.jsp ng-page-jsp

を使用してアプリケーションの名前を決定します。 applicationName プロパティです。は、pageContext を使用して公開します。

head.jsp と body.jsp が含まれます。

head.jsp head-jsp

を書き出す <head> アプリページの要素。

アプリの viewport meta プロパティを上書きする場合は、上書きするファイルです。

ベストプラクティスに従い、アプリの先頭にはクライアントライブラリの css 部分が含まれ、末尾には JS が含まれます < body> 要素。

body.jsp body-jsp

angularページの本文のレンダリングは、wcmMode が検出されるかどうかによって異なります(!= WCMMode.DISABLED)を使用して、ページをオーサリング用に開くか、公開済みページとして開くかを指定します。

オーサーモード

オーサーモードでは、個々のページが別々にレンダリングされます。 Angularは、ページ間のルーティングを処理しません。また、ページのコンポーネントを含む部分的なテンプレートの読み込みに使用される ng ビューでもありません。 代わりに、ページテンプレート(template.jsp)のコンテンツが、 cq:include タグ。

この方法を使用すると、作成者の機能(段落システムでのコンポーネントの追加や編集、Sidekick、デザインモードなど)を変更せずに機能させることができます。 アプリ用のページなど、クライアントサイドのレンダリングに依存するページは、AEM オーサーモードでは適切に実行されません。

template.jsp インクルードはにラップされます。 div を含む要素 ng-controller ディレクティブ。 この構造により、DOM コンテンツとコントローラをリンクすることが可能になります。 そのため、クライアントサイドでページをレンダリングするページは失敗しますが、個々のコンポーネントは正常に機能します(以下のコンポーネントの節を参照)。

<div ng-controller="<c:out value="${controllerNameStripped}"/>">
      <cq:include script="template.jsp"/>
</div>

公開モード

公開モードでは(コンテンツ同期を使用してアプリを書き出す場合など)、すべてのページがシングルページアプリ(SPA)になります。 (SPAについて詳しくは、特にAngularのチュートリアルを参照してください。 https://docs.angularjs.org/tutorial/step_07.)

SPA(を含むページ)には 1 つのHTMLページしかありません。 <html> 要素)に含まれます。 このページは、「レイアウトテンプレート」と呼ばれます。 angularの用語では、「。…これは、アプリケーション内のすべてのビューに共通のテンプレートです。」という意味です。 このページを「トップレベルのアプリページ」と見なします。 慣例により、最上位のアプリページはです。 cq:Page ルートに最も近い(リダイレクトではない)アプリケーションのノード。

アプリの実際の URI は公開モードで変更されないので、このページから外部アセットへの参照には相対パスを使用する必要があります。 したがって、書き出し用に画像をレンダリングする際にこの最上位ページを考慮に入れる特別な画像コンポーネントが提供されます。

SPAの場合、このレイアウトテンプレートページでは、ng-view ディレクティブを使用して div 要素を生成するだけです。

 <div ng-view ng-class="transition"></div>

angularルートサービスは、この要素を使用して、現在のページ(template.jsp に含まれる)のオーサリング可能なコンテンツを含む、アプリ内のすべてのページのコンテンツを表示します。

body.jsp ファイルには、空の header.jsp と footer.jsp が含まれます。 すべてのページに静的コンテンツを提供する場合は、アプリでこれらのスクリプトを上書きできます。

最後に、Javascript の clientlib が <body> サーバーで生成される 2 つの特別な JS ファイルを含む要素: <page name="">.angularアプリモジュール.js と <page name="">.angular-app-controllers.js

angular-app-module.js.jsp angular-app-module-js-jsp

このスクリプトは、アプリケーションのAngularモジュールを定義します。 このスクリプトの出力は、テンプレートの残りのコンポーネントが生成するマークアップに html ng-page.jsp の要素。次の属性が含まれます。

ng-app="<c:out value='${applicationName}'/>"

この属性は、この DOM 要素のコンテンツを次のモジュールにリンクする必要があることをAngularに示します。 このモジュールは、ビュー(AEMでは cq:Page resources)を対応するコントローラーにリンクします。

このモジュールは、という名前の最上位コントローラも定義します。 AppController 公開する wcmMode 変数をスコープに追加し、コンテンツ同期更新ペイロードを取得する URI を設定します。

最後に、このモジュールは、各 descendant page (それ自体を含む)を反復処理し、各 page のルートフラグメントのコンテンツを(angular-route-fragment.js セレクターおよび拡張子を介して)レンダリングします。これには、Angularの$routeProvider への config エントリとして含まれます。 つまり、$routeProvider は、特定のパスがリクエストされたときにレンダリングするコンテンツをアプリに指示します。

angular-route-fragment.js.jsp angular-route-fragment-js-jsp

このスクリプトは、次の形式を取る必要がある JavaScript フラグメントを生成します。

.when('/<path>', {
    templateUrl: '<path to template>',
    controller: '<controller name>'
})

このコードは、$routeProvider (angular-app-module.js.jsp で定義)に「/<path>「」は、次の場所にあるリソースで処理されます templateUrl、によってワイヤリングされる controller (次に説明します)。

必要に応じて、このスクリプトを上書きして、変数を含むより複雑なパスを処理できます。 この例は、AEMと共にインストールされる/apps/geometrixx-outdoors-app/components/angular/ng-template-page/angular-route-fragment.js.jsp スクリプトに表示されます。

// note the :id suffix on the path
.when('<c:out value="${resource.path}"/>/:id', {
    templateUrl: '<c:out value="${relativeResourcePath}"/>.template.html',
    controller: '<c:out value="${controllerNameStripped}"/>'
})

angular-app-controllers.js.jsp angular-app-controllers-js-jsp

angular、コントローラは$scope 内の変数をワイヤアップして、ビューに公開します。 angular-app-controllers.js.jsp スクリプトは、angular-app-module.js.jsp で示されるパターンに従います。つまり、このスクリプトは下位の各ページ(それ自体を含む)を反復処理し、各ページが定義するコントローラフラグメント(controller.js.jsp 経由)を出力します。 モジュールが定義すると、そのモジュールが呼び出されます cqAppControllers およびは、ページコントローラーを使用可能にするために、最上位のアプリモジュールの依存関係としてリストされる必要があります。

controller.js.jsp controller-js-jsp

controller.js.jsp スクリプトは、各ページのコントローラフラグメントを生成します。 このコントローラフラグメントの形式は次のとおりです。

.controller('<c:out value="${controllerNameStripped}"/>', ['$scope', '$http',
    function($scope, $http) {
        var data = $http.get('<c:out value="${relativeResourcePath}"/>.angular.json' + cacheKiller);

        // component fragments which consume the contents of `data` go here
    }
])

この data 変数には、Angularから返される promise が割り当てられます $http.get メソッド。 このページに含まれる各コンポーネントでは、必要に応じて.json コンテンツを(angular.json.jsp スクリプト経由で)使用できるようにし、リクエストの解決時にこのリクエストのコンテンツに基づいて処理を行うことができます。 モバイルデバイスでは、ファイルシステムにアクセスするだけなので、リクエストは非常に高速です。

コンポーネントをこの方法でコントローラの一部にするには、/libs/mobileapps/components/extend/ng-component コンポーネントをangularして、 frameworkType: angular プロパティ。

template.jsp template-jsp

最初に body.jsp セクションで紹介されるように、template.jsp にはページの parsys が含まれます。 公開モードでは、このコンテンツは次の場所から直接参照されます。 <page-path>.template.html)に設定し、$routeProvider に設定された templateUrl を介してSPAに読み込む。

このスクリプトの parsys は、任意のタイプのコンポーネントを受け入れるように設定できます。 ただし、(SPAではなく)従来の web サイト用に構築されたコンポーネントを扱う場合は注意が必要です。 例えば、基盤画像コンポーネントは、アプリ内のアセットを参照するように設計されていないので、最上位のアプリページでのみ正しく機能します。

angular-module-list.js.jsp angular-module-list-js-jsp

このスクリプトは、トップレベルのAngularアプリモジュールのAngularの依存関係を出力するだけです。 angular-app-module.js.jsp によって参照されます。

header.jsp header-jsp

静的コンテンツをアプリの上部に配置するスクリプト。 このコンテンツは、ng-view の範囲外で、トップレベルページに含まれています。

footer.jsp footer-jsp

アプリの下部に静的コンテンツを配置するスクリプト。 このコンテンツは、ng-view の範囲外で、トップレベルページに含まれています。

js_clientlibs.jsp js-clientlibs-jsp

このスクリプトを上書きして JavaScript clientlibs を含めます。

css_clientlibs.jsp css-clientlibs-jsp

このスクリプトを上書きして CSS clientlibs を含めます。

アプリのコンポーネント app-components

アプリコンポーネントは、AEM インスタンス(パブリッシュまたはオーサー)で動作するだけでなく、コンテンツ同期によってアプリケーションコンテンツがファイルシステムに書き出される場合にも動作する必要があります。 したがって、コンポーネントには次の特性を含める必要があります。

  • PhoneGap アプリケーション内のすべてのアセット、テンプレート、スクリプトは、相対的に参照する必要があります。
  • AEM インスタンスがオーサーモードまたはパブリッシュモードで動作している場合は、リンクの処理が異なります。

相対アセット relative-assets

PhoneGap アプリケーションの特定のアセットの URI は、プラットフォームごとに異なるだけでなく、アプリのインストールごとに一意になります。 例えば、iOS シミュレーターで動作しているアプリの次の URI に注意してください。

file:///Users/userId/Library/Application%20Support/iPhone%20Simulator/7.0.3/Applications/24BA22ED-7D06-4330-B7EB-F6FC73251CA3/Library/files/www/content/phonegap/geometrixx/apps/ng-geometrixx-outdoors/en/home.html

パス内の GUID 「24BA22ED-7D06-4330-B7EB-F6FC73251CA3」を確認します。

PhoneGap デベロッパーの場合、関係するコンテンツは www ディレクトリの下にあります。 アプリアセットにアクセスするには、相対パスを使用します。

この問題を複雑にするために、PhoneGap アプリケーションでは、ベース URI (ハッシュを除く)が変更されないように、シングルページアプリ(SPA)のパターンを使用します。 したがって、参照するすべてのアセット、テンプレートまたはスクリプトが対象となります 最上位ページに対する相対パスにする必要があります。 トップレベルのページでは、次の方法でAngularのルーティングとコントローラを初期化しています。 *<name>*.angular-app-module.js および *<name>*.angular-app-controllers.js. このページは、sling:redirect を拡張しないリポジトリのルートに最も近いページである必要があります。

相対パスを処理するために、次のヘルパーメソッドを使用できます。

  • FrameworkContentExporterUtils.getTopLevelAppResource
  • FrameworkContentExporterUtils.getRelativePathToRootLevel
  • FrameworkContentExporterUtils.getPathToAsset

使用例を確認するには、/libs/mobileapps/components/location にある mobileapps ソースをangularします。

リンクには、 ng-click="go('/path')" すべての WCM モードをサポートする機能。 この関数は、スコープ変数の値に依存して、リンクアクションを正しく判断します。

<c:choose><c:when test="${wcmMode}">
    <%-- WCMMode is enabled - page is being rendered in AEM --%>
    $scope.wcmMode = true;
</c:when><c:otherwise>
    <%-- WCMMode is disabled --%>
    $scope.wcmMode = false;
</c:otherwise></c:choose>

条件 $scope.wcmMode == true 結果が URL のパスやページ部分に対する変更になるように、各ナビゲーションイベントを通常の方法で処理します。

または、次の場合: $scope.wcmMode == false各ナビゲーションイベントの結果、URL のハッシュ部分に対する変化が生じ、これがAngularの ngRoute モジュールによって内部で解決されます。

コンポーネントスクリプトの詳細 component-script-details

chlimage_1-36

ng-component.jsp ng-component-jsp

このスクリプトは、編集モードが検出されると、コンポーネントのコンテンツまたは適切なプレースホルダーを表示します。

template.jsp template-jsp-1

template.jsp スクリプトは、コンポーネントのマークアップをレンダリングします。 問題のコンポーネントがAEMから抽出された JSON データ(「ng-text」など:/libs/mobileapps/components/angular/ng-text/template.jsp)によって駆動される場合、このスクリプトは、ページのコントローラースコープによって公開されたデータを使用してマークアップをワイヤリングします。

ただし、パフォーマンス要件により、クライアント側のテンプレート(データバインディングとも呼ばれます)を実行しないことが求められる場合があります。 この場合は、コンポーネントのマークアップをサーバーサイドでレンダリングするだけで、ページテンプレートコンテンツに含められます。

overhead.jsp overhead-jsp

JSON データで駆動されるコンポーネント(「ng-text」など:/libs/mobileapps/components/template/ng-text)では、overhead.jsp を使用して、angular.jsp からすべての Java コードを削除できます。 その後、template.jsp から参照され、リクエストで公開されているすべての変数が使用できるようになります。 この方法では、プレゼンテーションからのロジックの分離が推奨され、既存のコンポーネントから新しいコンポーネントを派生する際に、コピーして貼り付ける必要があるコードの量が制限されます。

controller.js.jsp controller-js-jsp-1

AEMのページテンプレートに記載されているように、各コンポーネントは JavaScript フラグメントを出力して、によって公開された JSON コンテンツを使用できます。 data 約束。 angular規則に従って、コントローラはスコープに変数を割り当てる場合にのみ使用してください。

angular.json.jsp angular-json-jsp

このスクリプトは、ページ全体のにフラグメントとして含まれています。<page-name>ng-page を拡張するページごとに書き出される。angular.json' ファイル。 このファイルで、コンポーネント開発者は、コンポーネントに必要な任意の JSON 構造を公開できます。 「ng-text」の例では、この構造は、コンポーネントのテキストコンテンツと、コンポーネントにリッチテキストが含まれているかどうかを示すフラグのみを含みます。

Geometrixxoutdoors アプリの product コンポーネントは、より複雑な例です(/apps/geometrixx-outdoors-app/components/product/ng-product)。angular

{
    "content-par/ng-product": {
        "items": [{
            "name": "Cajamara",
            "description": "Bike",
            "summaryHTML": "",
            "price": "$610.00",
            "SKU": "eqsmcj",
            "numberOfLikes": "0",
            "numberOfComments": "0"
        }]
    },
    "content-par/ng-product/ng-image": {
        "items": [{
            "hasContent": true,
            "imgSrc": "home/products/eq/eqsm/eqsmcj/jcr_content/content-par/ng-product/ng-image.img.jpg/1377771306985.jpg",
            "description": "",
            "alt": "Cajamara",
            "title": "Cajamara",
            "hasLink": false,
            "linkPath": "",
            "attributes": [{
                "attributeName": "class",
                "attributeValue": "cq-dd-image"
            }]
        }]
    }
}

CLI アセットのダウンロードの内容 contents-of-the-cli-assets-download

アプリコンソールから CLI アセットをダウンロードして、特定のプラットフォーム用に最適化してから、PhoneGap コマンドライン統合(CLI) API を使用してアプリを作成します。 ローカルファイルシステムに保存する ZIP ファイルの内容は、次のような構造になっています。

.cordova/
  |- hooks/
     |- after_prepare/
     |- before_platform_add/
     |- Other Hooks
plugins/
www/
  |- config.xml
  |- index.html
  |- res/
  |- etc/
  |- apps/
  |- content/
  |- package.json
  |- package-update.json

.cordova cordova

これは、現在の OS 設定によっては表示されない隠しディレクトリです。 このディレクトリに含まれるアプリフックを変更する予定がある場合は、このディレクトリが表示されるように OS を設定する必要があります。

.cordova/hooks/ cordova-hooks

このディレクトリにはが含まれます。 CLI フック. hooks ディレクトリのフォルダーには、ビルド中の正確なポイントで実行される node.js スクリプトが含まれています。

.cordova/hooks/after-platform_add/ cordova-hooks-after-platform-add

after-platform_add ディレクトリには、次の内容が含まれます。 copy_AMS_Conifg.js ファイル。 このスクリプトは、AdobeMobile Services 分析の収集をサポートする設定ファイルをコピーします。

.cordova/hooks/after-prepare/ cordova-hooks-after-prepare

後準備ディレクトリには、次の内容が含まれます。 copy_resource_files.js ファイル。 このスクリプトは、複数のアイコンとスプラッシュスクリーンの画像をプラットフォーム固有の場所にコピーします。

.cordova/hooks/before_platform_add/ cordova-hooks-before-platform-add

before_platform_add ディレクトリには、 install_plugins.js ファイル。 このスクリプトは、Cordova プラグイン識別子のリストを反復処理し、検出された識別子はまだ使用できない識別子をインストールします。

この方法では、Maven を実行するたびにプラグインをバンドルしてAEMにインストールする必要はありません content-package:install コマンドが実行されます。 ファイルを SCM システムにチェックインする別の方法として、バンドルとインストールを繰り返し行う必要があります。

.cordova/hook/Other Hook cordova-hooks-other-hooks

必要に応じて他のフックを含めます。 次のフックを使用できます(Phonegap サンプル hello world アプリによって提供されています)。

  • after_build
  • before_build
  • after_compile
  • before_compile
  • after_docs
  • before_docs
  • after_emulate
  • before_emulate
  • after_platform_add
  • before_platform_add
  • after_platform_ls
  • before_platform_ls
  • after_platform_rm
  • before_platform_rm
  • after_plugin_add
  • before_plugin_add
  • after_plugin_ls
  • before_plugin_ls
  • after_plugin_rm
  • before_plugin_rm
  • after_prepare
  • before_prepare
  • after_run
  • before_run

プラットフォーム/ platforms

このディレクトリは、を実行するまで空です phonegap run <platform> コマンドを実行します。 現在、 <platform> 次のいずれかになります ios または android.

特定のプラットフォーム用にアプリをビルドすると、対応するディレクトリが作成され、プラットフォーム固有のアプリコードが含まれます。

plugins/ plugins

plugins ディレクトリは、 .cordova/hooks/before_platform_add/install_plugins.js を実行した後のファイル phonegap run <platform> コマンド。 ディレクトリは最初は空です。

www/ www

www ディレクトリには、アプリケーションの外観と動作を実装するすべての web コンテンツ(HTML、JS、CSS ファイル)が含まれています。 以下に説明する例外を除き、このコンテンツはAEMから生成され、コンテンツ同期を介して静的フォームに書き出されます。

www/config.xml www-config-xml

PhoneGap のドキュメント (https://docs.phonegap.com)はこのファイルを「グローバル設定ファイル」として参照します。 config.xml には、アプリ名、アプリの「環境設定」(例えば、iOS web ビューでオーバースクロールが許可されているかどうか)、次のようなプラグインの依存関係など、多くのアプリプロパティが含まれています のみ phongap ビルドで使用されます。

config.xml ファイルはAEMの静的ファイルで、コンテンツ同期を使用してそのまま書き出されます。

www/index.html www-index-html

index.html ファイルが、アプリケーションの開始ページにリダイレクトされます。

config.xml ファイルには、次が含まれます content 要素:

<content src="content/phonegap/geometrixx/apps/ng-geometrixx-outdoors/en.html" />

PhoneGap ドキュメント (https://docs.phonegap.com)、この要素は「オプション <content> 要素は、最上位の web アセットディレクトリでアプリの開始ページを定義します。 デフォルト値は index.html で、通常はプロジェクトの最上位の www ディレクトリに表示されます。」

index.html ファイルが存在しない場合、PhoneGap ビルドは失敗します。 そのため、このファイルはインクルードされます。

www/res www-res

res ディレクトリには、スプラッシュ・スクリーン・イメージとアイコンが含まれています。 この copy_resource_files.js スクリプトは、次の期間にファイルをプラットフォーム固有の場所にコピーします after_prepare ビルドフェーズ。

www/etc www-etc

慣例により、AEMでは、/etc ノードに静的 clientlib コンテンツが含まれます。 etc ディレクトリには、Topcoat、AngularJS、Geometrixx ng-clientlibsall ライブラリが含まれています。

www/apps www-apps

apps ディレクトリには、スプラッシュページに関連するコードが含まれています。 AEM アプリのスプラッシュページの独特の特徴は、ユーザーの操作なしでアプリを初期化することです。 したがって、アプリの clientlib コンテンツ(CSS と JS の両方)は、パフォーマンスを最大化するために最小限に抑えられます。

www/content www-content

コンテンツディレクトリには、アプリの残りの web コンテンツが含まれます。 コンテンツには次のファイルが含まれますが、これらに限定されません。

  • AEMで直接作成されるHTMLページコンテンツ
  • AEM コンポーネントに関連付けられた画像アセット
  • サーバーサイドスクリプトで生成される JavaScript コンテンツ
  • ページまたはコンポーネントのコンテンツを記述する JSON ファイル

www/package.json www-package-json

package.json ファイルは、 フル コンテンツ同期のダウンロードに含まれるもの このファイルには、コンテンツ同期ペイロードが生成されたタイムスタンプ(lastModified)に設定します。 このプロパティは、AEMからアプリの部分的な更新をリクエストする際に使用されます。

www/package-update.json www-package-update-json

このペイロードがアプリ全体のダウンロードである場合、このマニフェストにはファイルの正確なリストが次のように含まれます package.json.

ただし、このペイロードが部分更新の場合は、 package-update.json には、この特定のペイロードに含まれるファイルのみが含まれます。

recommendation-more-help
2eeeb575-8007-40cc-a72d-206fbc4ddd4b