ユーザーとユーザーグループの設定 configure-your-users-and-user-groups

NOTE
単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアントサイドレンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報

この章では、ユーザーの役割と、モバイルアプリのオーサリングと管理をサポートするためのユーザーとグループの設定方法について説明します。

AEM Mobile アプリケーションユーザーおよびグループ管理 aem-mobile-application-users-and-group-administration

AEM Mobile アプリケーションコンテンツ作成者(app-author グループ) aem-mobile-application-content-authors-app-author-group

app-author グループのメンバーは、ページ、テキスト、画像およびビデオを含むAEM モバイルアプリケーションのコンテンツをオーサリングする責任を負います。

グループ設定 – app-authors group-configuration-app-authors

  1. 「app-authors」という名前のユーザーグループを作成します。

    ユーザーAdmin Consoleに移動します。 http://localhost:4502/libs/granite/security/content/groupadmin.html

    ユーザーグループ コンソール内から「+」ボタンを選択してグループを作成します。

    このグループの ID を「app-authors」に設定して、AEM内のモバイルアプリケーションのオーサリングに固有のオーサーユーザーグループであることを示します。

  2. グループにメンバーを追加:作成者

    chlimage_1-167

  3. app-authors ユーザーグループを作成したので、 ユーザーAdmin Console.

    chlimage_1-168

  4. 以下をAEM コンテンツ作成者グループに追加できます。

    (読み取り):

    • /app
    • /etc/clientlibs
    • /etc/designs
    • /etc/cloudservices/dps2015

AEM Mobile アプリケーション管理者グループ(app-admins グループ) aem-mobile-application-administrators-group-app-admins-group

app-admins グループのメンバーは、app-authors に含まれるものと同じ権限でアプリケーションコンテンツを作成できます および また、次も担当します。

  • アプリケーションのステージング、公開、消去、コンテンツ同期 OTA の更新
NOTE
権限によって、AEM App Command Center で一部のユーザーアクションを使用できるかどうかが決まります。
app-authors には、app-admins で使用できるオプションがいくつか用意されています。

グループ設定 – app-admins group-configuration-app-admins

  1. app-admins という名前のグループを作成します。

  2. 次のグループを新しい app-admins グループに追加します。

    • content-authors
    • ワークフローユーザー

    chlimage_1-169

    note note
    NOTE
    ワークフローユーザーは、PhoneGap Buildサービスを使用したリモートビルドに必要です
  3. に移動します。 権限コンソール クラウドサービスを管理するための権限の追加

    • /etc/cloudservices/mobileservices の(読み取り、変更、作成、削除、レプリケート)
  4. 同じ権限コンソールで、アプリのコンテンツの更新をステージング、公開、クリアする権限を追加します。

    • (読み取り、変更、作成、削除、レプリケート)/etc/packages/mobileapp
    • /var/contentsync の(読み取り)
    note note
    NOTE
    パッケージレプリケーションは、アプリの更新をオーサーインスタンスからパブリッシュインスタンスに公開するために使用されます
    note caution
    CAUTION
    /var/contentsync アクセスがデフォルトで拒否される。
    読み取り権限を省略すると、空の更新パッケージが作成およびレプリケートされる可能性があります。
  5. 必要に応じて、このグループにメンバーを追加

  6. コンテンツのエクスポートまたはアップロード

    • エクスポートテンプレートにアクセスするには、/etc/contentsync で(読み取り)
    • /var の(読み取り)読み取り時のパストラバーサル
    • /var/contentsync の(読み取り、書き込み、変更、削除)により、ContentSync にキャッシュされた書き出しコンテンツの書き込み、読み取り、クリーンアップを行います。

その他のリソース additional-resources

AEM Mobile On-demand Services アプリケーションを作成するための他の 2 つの役割と責務について詳しくは、次の資料を参照してください。

recommendation-more-help
2eeeb575-8007-40cc-a72d-206fbc4ddd4b