ビデオコンポーネントの設定 configure-the-video-component

この ビデオコンポーネント 定義済みですぐに使用できるビデオアセットをページに配置できます。

適切なトランスコードを行うために、管理者が FFmpeg を個別にインストールします。詳しくは、FFmpeg のインストールと AEM の設定を参照してください。HTML5 要素と共に使用する場合、管理者はビデオプロファイルの設定も実施してください。

CAUTION
この基盤コンポーネントは廃止されました。代わりに、コアコンポーネント埋め込みコンポーネントを利用することをお勧めします。
CAUTION
このコンポーネントは、広範なプロジェクトレベルのカスタマイズをしない限り、標準搭載の状態では使用できなくなりました。

ビデオプロファイルの設定 configure-video-profiles

HTML 5 要素を使用するには、ビデオプロファイルを定義します。ここで選択したものは順番に使用されます。アクセスするには、デザインモード(クラシック UI のみ)を使用し、「プロファイル」タブを選択します。

chlimage_1-317

このダイアログから、ビデオコンポーネントのデザインや、再生、Flash、詳細のパラメーターを設定することもできます。

FFmpeg のインストールと AEM の設定 install-ffmpeg

ビデオコンポーネントは、ビデオのトランスコーディングにサードパーティのオープンソース製品 FFmpeg を使用します。https://ffmpeg.org/ からダウンロードします。FFmpeg をインストールした後、特定のオーディオコーデックと特定のランタイムオプションを使用するように AEM を設定します。

FFmpeg を Windows にインストールするには、次の手順を実行します。

  1. ffmpeg.zip というコンパイル済みバイナリをダウンロードします。
  2. アーカイブをフォルダーに解凍します。
  3. システム環境変数 PATHご利用の ffmpeg- の場所\binに設定します。
  4. AEM を再起動します。

FFmpeg を macOS X にインストールするには、次の手順に従います。

  1. developer.apple.com/xcode で入手可能な Xcode をインストールします。
  2. XQuartz で入手可能な X11 をインストールします。
  3. www.macports.org で入手可能な MacPorts をインストールします。
  4. コンソールで sudo port install ffmpeg コマンドを実行し、画面上の指示に従って操作します。FFmpeg 実行ファイルのパスが PATH システム変数に追加されていることを確認します。

FFmpeg を macOS X 10.6 にインストールするには、事前にコンパイルされたバージョンを使用して、次の手順に従います。

  1. コンパイル済みバージョンをダウンロードします。
  2. /usr/local ディレクトリにアーカイブを解凍します。
  3. コンソールで、sudo ln -s /usr/local/Cellar/ffmpeg/0.6/bin/ffmpeg /usr/bin/ffmpeg を実行します。パスを適宜変更します。

AEM を設定 ​するには、次の手順に従います。

NOTE
これらの手順は、コーデックをさらにカスタマイズする必要がある場合にのみ必要です。
  1. Web ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。http://localhost:4502/crx/de にアクセスします。

  2. /libs/settings/dam/video/format_aac/jcr:content ノードを選択し、ノードのプロパティが次のようになっていることを確認します。

    • audioCodec マウントされる aac.
    • customArgs マウントされる -flags +loop -me_method umh -g 250 -qcomp 0.6 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -bf 16 -b_strategy 1 -i_qfactor 0.71 -cmp chroma -subq 8 -me_range 16 -coder 1 -sc_threshold 40 -b-pyramid normal -wpredp 2 -mixed-refs 1 -8x8dct 1 -fast-pskip 1 -keyint_min 25 -refs 4 -trellis 1 -direct-pred 3 -partitions i8x8,i4x4,p8x8,b8x8.
  3. 設定をカスタマイズするには、 /apps/settings/ ノードにオーバーレイを作成し、同じ構造を /conf/global/settings/ ノードの下に移動します。/libs ノードで編集することはできません。例えば、パス /libs/settings/dam/video/fullhd-bp をオーバーレイするには、/conf/global/settings/dam/video/fullhd-bp で作成します。

    note note
    NOTE
    変更が必要なプロパティだけでなく、プロファイルノード全体をオーバーレイおよび編集してください。そのようなリソースは SlingResourceMerger 経由で解決されません。
  4. いずれかのプロパティを変更した場合は、「すべて保存」をクリックします。

NOTE
AEM インスタンスをアップグレードしても、標準のワークフローモデルに対する変更は保持されません。 アドビでは、変更したワークフローモデルを編集する前にコピーすることをお勧めします。例えば、標準のをコピーします DAM アセットの更新 で FFmpeg トランスコーディング手順を編集する前のモデル DAM アセットの更新 アップグレード前に存在していたビデオプロファイル名を選択するモデル。 次に、をオーバーレイできます /apps ノードを使用して、AEMが標準モデルのカスタム変更を取得できるようにします。
recommendation-more-help
19ffd973-7af2-44d0-84b5-d547b0dffee2