OSGi 上の AEM 6.5 Forms へのアップグレード upgrade-to-aem-forms-osgi

AEM 6.3 Forms と AEM 6.4 Forms の場合、AEM 6.5 Forms へ直接アップグレードすることができます。

AEM 6.0 Forms、AEM 6.1 FormsAEM 6.2 Forms の場合、AEM 6.5 Forms に直接アップグレードすることはできません。最初に AEM 6.2 FormsAEM 6.3 Forms、または AEM 6.4 Forms にアップグレードしてから、AEM 6.5 Forms にアップグレードしてください。

AEM 6.3 Forms または AEM 6.4 Forms から AEM 6.5 Forms にアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1. 既存の AEM インスタンスを AEM 6.5 にアップグレードします。手順は次のとおりです。

    1. AEM 6.3 Forms または AEM 6.4 Forms の最新のサービスパックおよびパッチをインストールします。詳しくは、 AEM Sustenance Hub を参照してください。

    2. アップグレードのソースインスタンスを準備します。詳しくは、「AEM 6.5 へのアップグレード」を参照してください。

    3. AEM 6.5 QuickStart をダウンロードします。

    4. (Unix/Linux ベースのインストールのみ) 基盤のオペレーティングシステムとして UNIX または Linux を使用している場合は、ターミナルウィンドウを開いて crx-quickstart が含まれているフォルダーに移動し、次のコマンドを実行します。

      chmod -R 755 ../crx-quickstart

    5. AEM インスタンスを AEM 6.3 にアップグレードします。詳しい手順については、AEM 6.5 Forms へのアップグレードを参照してください。

      次の手順に進む前に、ServiceEvent REGISTERED および ServiceEvent UNREGISTERED メッセージが <crx-repository>/error.log ファイルに出現しなくなるまで待ちます。

      note note
      NOTE
      サーバーを立ち上げて稼動させた後、いくつかの AEM Forms バンドルがインストール状態で残ります。バンドルの数は、インストールごとに異なる可能性があります。これらのバンドルの状態は無視しても問題ありません。バンドルは、https://[[server]]:[[port]]/system/console/ に一覧表示されます。
  2. AEM Forms アドオンパッケージのインストール. 手順は次のとおりです。

    1. ソフトウェア配布を開きます。ソフトウェア配布にログインするには、Adobe ID が必要です。

    2. ヘッダーメニューで「Adobe Experience Manager」を選択します。

    3. フィルター」セクションで、

      1. ソリューション」ドロップダウンリストから「Forms」を選択します。
      2. パッケージのバージョンとタイプを選択します。また、「ダウンロードを検索」オプションを使用して結果をフィルターすることもできます。
    4. お使いのオペレーティングシステムに適した Forms アドオンパッケージの名前を選択し、「EULA 利用条件に同意する」を選択して、「ダウンロード」を選択します。

    5. パッケージマネージャーを開き「パッケージをアップロード」をクリックしてパッケージをアップロードします。

    6. パッケージを選択して、「インストール」をクリックします。

      AEM Forms リリース」記事に記載されている直接リンクからパッケージをダウンロードすることもできます。

      note note
      NOTE
      パッケージのインストールが完了したら、AEM インスタンスを再起動します。その際、すぐにサーバーを停止しないでください。 AEM Forms サーバーを停止する前に、ServiceEvent REGISTERED メッセージと ServiceEvent UNREGISTERED メッセージが <crx-repository>/error.log ファイルに表示されなくなり、このログファイルが安定した状態になるまで待ちます。また、いくつかのパッケージについては、インストールされたままの状態になる場合があります。これらのパッケージの状態は無視しても問題ありません。
  3. AEM インスタンスを再起動します。

    note note
    NOTE
    SDK を再起動するには、「Ctrl + C」コマンドを使用することをお勧めします。Java プロセスの停止など、別の方法を使用して AEM SDK を再起動すると、AEM 開発環境で不整合が生じる場合があります。
  4. インストール後のアクティビティを実行します。

    • 移行ユーティリティを実行

      移行ユーティリティにより、以前のバージョンのアダプティブフォームや対応する管理アセットが AEM 6.5 Forms で使用できるようになります。このユーティリティは、AEM ソフトウェア配布からダウンロードできます。 移行ユーティリティの詳しい設定方法と使用方法については、移行ユーティリティに関する説明を参照してください。

      ドラフト統合とコンポーネント送信のサンプルをデータベースで使用して旧バージョンのアップグレードを行う場合は、アップグレードの実行後に、以下の SQL クエリを実行してください。

      code language-sql
      UPDATE metadata m, additionalmetadatatable am
      SET m.dataType = am.value
      WHERE m.id = am.id
      AND am.key = 'dataType'
      
      code language-sql
      DELETE from additionalmetadatatable
      WHERE `key` = 'dataType'
      
    • Adobe Sign の再設定(AEM 6.2 Forms 以前のバージョンをアップグレードする場合のみ)

      Adobe Sign を以前のバージョンの AEM Forms で設定してある場合は、AEM Cloud サービスから Adobe Sign を再設定します。詳しくは、Adobe Sign と AEM Forms の統合を参照してください。

    • jQuery のサポート

      AEM 6.5 Forms では、jQuery のバージョンが 3.2.1 に、jQuery UI のバージョンが1.12.1に更新されます。AEM Form は、noConflict モードの JQuery を使用します。そのため、他の jQuery バージョンを使用している場合、アップグレードの実行中に問題は表示されません。 ただし、AEM 6.5 Forms にアップグレードする場合は、次の手順を実行します。

      • カスタムコンポーネントが(存在する場合)、サポートされる jQuery バージョンと互換性があることを確認します。
      • サポートされていない API をカスタムコンポーネントから削除します。 削除された API のリストについては、アップグレードガイドを参照してください。 例えば、load()、.unload()、.error() の各 API のサポートは削除されています。 前述の API の代わりに.on() メソッドを使用します。 例えば、$("img").load(fn) を $("img").on("load", fn) に変更します。
    • 分析機能とレポートの再設定(バージョン 6.2 以前の AEM Forms をアップグレードする場合のみ)

      AEM 6.4 Forms では、ソースのトラフィック変数とインプレッションの成功イベントは使用できません。そのため、バージョン 6.2 以前の AEM Forms をアップグレードすると、AEM Forms から Adobe Analytics サーバーにデータが送信されなくなり、アダプティブフォームの分析レポートが使用できなくなります。さらに、AEM 6.4 Forms では、フォーム分析のバージョンのトラフィック変数と、フィールドでの滞在時間の成功イベントが導入されています。そのため、AEM Forms 環境で分析とレポートを再設定します。詳しい手順については、分析とレポートの設定を参照してください。

  5. サーバーのアップグレードが成功し、すべてのデータが正常に移行され、問題なく動作することを確認してください。

    • バンドルのステータスを確認: ​すべてのバンドルがアクティブ状態になっていることを確認します。

    • レプリケーションとリバースレプリケーションの検証: ​移行されたフォームをいくつか公開、入力および送信します。送信されたデータも検証します。

    • 管理者および開発者のユーザーインターフェイスへのアクセスを確認: ​管理者アカウントで AEM インスタンスにログインし、次の URL にアクセスできることを確認します。

      • https://'[server]:[port]'/crx/packmgr
      • https://'[server]:[port]'/crx/de
      • https://'[server]:[port]'/aem/forms.html/content/dam/formsanddocuments
    note note
    NOTE
    AEM 6.4 Forms では crx-repository の構造が変更されています。6.3 Forms から AEM 6.5 Forms にアップグレードした場合、新規作成するカスタマイズについては、変更後のパスを使用してください。変更後のパスの一覧については、「AEM Forms におけるリポジトリの再構築」を参照してください。
recommendation-more-help
19ffd973-7af2-44d0-84b5-d547b0dffee2