ストレージ設定 storage-configuration

ストレージ設定は、コミュニティコンテンツ(ユーザー生成コンテンツ(UGC)とも呼ばれます)用に選択されたストレージを識別する手段です。

この設定により、UGC へのアクセス時に使用されるストレージリソースプロバイダー(SRP)の実装がAEM Communities コードに通知されます。 Adobe Experience Manager(AEM)のデプロイ時に確立されたトポロジを反映する必要があります。

ストレージオプションとデプロイメントトポロジについては、次を参照してください。

ストレージ設定コンソール storage-configuration-console

jsrp-configuration

オーサー環境で、ストレージ設定コンソールにアクセスします。

  • グローバルナビゲーションから、を選択します。 ツール > コミュニティ > ストレージ設定

デフォルトの JCR 以外のストレージオプションを選択するには:

JCR ストレージについて about-jcr-storage

何も選択しない場合、デフォルトはAEM リポジトリ JCR です。

JCR は ではない オーサー環境とパブリッシュ環境で共有される共通ストア。 コミュニティコンテンツは、そのコンテンツが作成されたオーサー環境またはパブリッシュ環境からのみ表示されます。

訪問 JCR ストア を参照してください。

NOTE
ノードの欠落 srpc 未満 /etc/socialconfig デフォルトを示します JCR ストア.
recommendation-more-help
81e2cd9d-0789-409d-b87c-2a8ce4f28791