Adobe Analytics レポートを表示して統合をテスト testing-the-integration-by-viewing-an-adobe-analytics-report

Adobe Analyticsで必要な変数を作成し、Adobe Dynamic Media Classic イベントにリンクして、必要な実装手順を完了したら、設定をテストできます。 データがAdobe Analytics自体の中に取り込まれていることをテストし、検証できます。 設定が正常に動作する場合は、それ以上の手順は必要ありません。上記の手順に従い、Adobe Dynamic Media Classic イベントデータを 1 つ以上のカスタムトラフィック変数にリンクしたとすると、このワークフローに従って、Adobe Analytics内のデータをテストします。

Adobe Analytics レポートを表示して統合をテストするには:

  1. アカウント、特に、取得する指標をブロードキャストするアカウントからAdobe Dynamic Media Classic ビューアを開始し、そのビューアを操作してイベントデータを作成します。

    例えば、画像セットの一般的な代替ビューを測定する場合は、画像セットをプレビューし、異なるサムネール画像をクリックします。

  2. Adobe Analytics内で、に移動します カスタムトラフィック > カスタムトラフィック 1 ~ 10 > [prop の名前]、メニュー選択からトラフィック prop 名を選択します。

    例えば、にアクセスするには LoadAsset サンプルアカウントでは、適切なメニュー選択は次のとおりです。 カスタムトラフィック > カスタムトラフィック 1 ~ 10 > LoadAsset. 10 を超えるカスタム prop がある場合は、他のメニューも表示されます。

  3. Adobe Analytics が生成したチャートを参照します。このグラフは、通常、単一の指標のデータです。 このデータがどのアセットに関連付けられているかも把握したい場合は、このイベントのアセットデータを取得します。 例えば、どのビデオが 50% しか視聴されていないのか、またはセット内のどの画像が人気があるのかを知ることは、多くの場合、役に立ちます。

NOTE
すべてのAdobe Dynamic Media Classic ビューアデータは、Adobe Analyticsのカスタムトラフィックレポートまたはカスタムコンバージョンレポートに表示およびレポートされます。

詳しくは、を参照してください Analytics Tutorials.

recommendation-more-help
ba789e76-bace-4e0e-bd26-52691fb2cb26