bin/uct (アップグレード互換性ツール)

バージョン: 3.0.16

このリファレンスには、 bin/uct コマンドラインツール。
最初のリストは、 bin/uct list Adobe Commerceでコマンドを実行します。

ツールについて詳しくは、を参照してください。 概要.

NOTE
この参照は、アプリケーションコードベースから生成されます。 コンテンツを変更するには、対応するコマンド実装のソースコードを コードベース 変更をレビュー用にリポジトリーして送信します。 もう 1 つの方法は、 フィードバックを提供 (右上のリンクを見つけます)。 投稿のガイドラインについては、を参照してください。 コードの投稿.

_complete

bin/uct _complete [-s|--shell SHELL] [-i|--input INPUT] [-c|--current CURRENT] [-S|--symfony SYMFONY]

シェル補完の候補を提供する内部コマンド

--shell, -s

シェルタイプ ("bash")

  • 値が必要です

--input, -i

入力トークンの配列(例:COMP_WORDS または argv)

  • デフォルト: []
  • 値が必要です

--current, -c

カーソルがある「入力」配列のインデックス (例:COMP_CWORD)

  • 値が必要です

--symfony, -S

完了スクリプトのバージョン

  • 値が必要です

--help, -h

指定されたコマンドのヘルプを表示します。 コマンドが指定されていない場合は、list コマンドの表示ヘルプが表示されます

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--quiet, -q

メッセージを出力しない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--verbose, -v|-vv|-vvv

メッセージの冗長さを増やします。通常の出力の場合は 1、詳細な出力の場合は 2、デバッグの場合は 3 です。

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--version, -V

このアプリケーションのバージョンを表示

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--ansi

ANSI 出力を強制(または無効化 – no-ansi)

  • 値を受け入れません

--no-ansi

「– ansi」オプションを否定します

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--no-interaction, -n

対話型の質問をしない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

completion

bin/uct completion [--debug] [--] [<shell>]

シェル完了スクリプトをダンプ

The completion command dumps the shell completion script required
to use shell autocompletion (currently only bash completion is supported).

Static installation
-------------------

Dump the script to a global completion file and restart your shell:

    uct/bin/uct completion bash | sudo tee /etc/bash_completion.d/uct

Or dump the script to a local file and source it:

    uct/bin/uct completion bash > completion.sh

    # source the file whenever you use the project
    source completion.sh

    # or add this line at the end of your "~/.bashrc" file:
    source /path/to/completion.sh

Dynamic installation
--------------------

Add this to the end of your shell configuration file (e.g. "~/.bashrc"):

    eval "$(/var/jenkins/workspace/gendocs-uct-cli/uct/bin/uct completion bash)"

shell

シェルの型(例:''bash'')は、''$SHELL''環境変数の値が指定されていない場合に使用されます

--debug

完了デバッグログのテール

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--help, -h

指定されたコマンドのヘルプを表示します。 コマンドが指定されていない場合は、list コマンドの表示ヘルプが表示されます

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--quiet, -q

メッセージを出力しない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--verbose, -v|-vv|-vvv

メッセージの冗長さを増やします。通常の出力の場合は 1、詳細な出力の場合は 2、デバッグの場合は 3 です。

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--version, -V

このアプリケーションのバージョンを表示

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--ansi

ANSI 出力を強制(または無効化 – no-ansi)

  • 値を受け入れません

--no-ansi

「– ansi」オプションを否定します

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--no-interaction, -n

対話型の質問をしない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

help

bin/uct help [--format FORMAT] [--raw] [--] [<command_name>]

コマンドのヘルプを表示する

The help command displays help for a given command:

  uct/bin/uct help list

You can also output the help in other formats by using the --format option:

  uct/bin/uct help --format=xml list

To display the list of available commands, please use the list command.

command_name

コマンド名

  • デフォルト: help

--format

出力形式(txt、xml、json、md)

  • デフォルト: txt
  • 値が必要です

--raw

生のコマンド ヘルプを出力するには

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--help, -h

指定されたコマンドのヘルプを表示します。 コマンドが指定されていない場合は、list コマンドの表示ヘルプが表示されます

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--quiet, -q

メッセージを出力しない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--verbose, -v|-vv|-vvv

メッセージの冗長さを増やします。通常の出力の場合は 1、詳細な出力の場合は 2、デバッグの場合は 3 です。

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--version, -V

このアプリケーションのバージョンを表示

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--ansi

ANSI 出力を強制(または無効化 – no-ansi)

  • 値を受け入れません

--no-ansi

「– ansi」オプションを否定します

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--no-interaction, -n

対話型の質問をしない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

list

bin/uct list [--raw] [--format FORMAT] [--short] [--] [<namespace>]

コマンドのリスト

The list command lists all commands:

  uct/bin/uct list

You can also display the commands for a specific namespace:

  uct/bin/uct list test

You can also output the information in other formats by using the --format option:

  uct/bin/uct list --format=xml

It's also possible to get raw list of commands (useful for embedding command runner):

  uct/bin/uct list --raw

namespace

名前空間名

--raw

生のコマンド リストを出力するには

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--format

出力形式(txt、xml、json、md)

  • デフォルト: txt
  • 値が必要です

--short

説明コマンドの引数をスキップするには

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--help, -h

指定されたコマンドのヘルプを表示します。 コマンドが指定されていない場合は、list コマンドの表示ヘルプが表示されます

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--quiet, -q

メッセージを出力しない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--verbose, -v|-vv|-vvv

メッセージの冗長さを増やします。通常の出力の場合は 1、詳細な出力の場合は 2、デバッグの場合は 3 です。

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--version, -V

このアプリケーションのバージョンを表示

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--ansi

ANSI 出力を強制(または無効化 – no-ansi)

  • 値を受け入れません

--no-ansi

「– ansi」オプションを否定します

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--no-interaction, -n

対話型の質問をしない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

refactor

bin/uct refactor <path>

自動的に修正できる問題を解決します。 指定されたパスのコードが更新されます。

path

で問題を解決するためのパスです。

  • 必須

--help, -h

指定されたコマンドのヘルプを表示します。 コマンドが指定されていない場合は、list コマンドの表示ヘルプが表示されます

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--quiet, -q

メッセージを出力しない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--verbose, -v|-vv|-vvv

メッセージの冗長さを増やします。通常の出力の場合は 1、詳細な出力の場合は 2、デバッグの場合は 3 です。

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--version, -V

このアプリケーションのバージョンを表示

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--ansi

ANSI 出力を強制(または無効化 – no-ansi)

  • 値を受け入れません

--no-ansi

「– ansi」オプションを否定します

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--no-interaction, -n

対話型の質問をしない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

core:code:changes

bin/uct core:code:changes [-o|--output [OUTPUT]] [--] <dir> [<vanilla-dir>]

アップグレード互換性ツールは、Adobe Commerce インスタンスにインストールされているすべての非Adobe Commerce モジュールを分析して、そのインスタンスを特定のバージョンと照合するコマンドラインツールです。 新しいバージョンのAdobe Commerce コードにアップグレードする前に対処する必要があるエラーと警告のリストを返します。

dir

Adobe Commerce インストールディレクトリ。

  • 必須

vanilla-dir

Adobe Commerce vanilla インストールディレクトリ。

--output, -o

出力の書き出し先となるファイルのパス(JSON 形式)

  • 値を受け入れる

--help, -h

指定されたコマンドのヘルプを表示します。 コマンドが指定されていない場合は、list コマンドの表示ヘルプが表示されます

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--quiet, -q

メッセージを出力しない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--verbose, -v|-vv|-vvv

メッセージの冗長さを増やします。通常の出力の場合は 1、詳細な出力の場合は 2、デバッグの場合は 3 です。

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--version, -V

このアプリケーションのバージョンを表示

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--ansi

ANSI 出力を強制(または無効化 – no-ansi)

  • 値を受け入れません

--no-ansi

「– ansi」オプションを否定します

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--no-interaction, -n

対話型の質問をしない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

dbschema:diff

bin/uct dbschema:diff <current-version> <target-version>

選択した 2 つのバージョンにおけるAdobe Commerce DB スキーマの違いを一覧表示できます。 使用可能なバージョン:2.3.0 | 2.3.1 | 2.3.2 | 2.3.2-p2 | 2.3.3 | 2.3.3-p1 | 2.3.4 | 2.3.4-p1 | 2.3.4-p2 | 2.3.5 | 2.3.5-p1 | 2.3.5-p2 | 2.3.6 | 2.3.6-p1 | 2.3.7 | 2.3.7-p1 | 2.3.7-p2 | 2.3.7-p3 | 2.3.7-p4 | 2.4.0 | 2.4.0-p1 | 2.4.1 | 2.4.1-p1 | 2.4.2 | 2.4.2-p1 | 2.4.2-p2 | 2.4.3 | 2.4.3-p1 | 2.4.3-p2 | 2.4.3-p3 | 2.4.4 | 2.4.4-p1 | 2.4.5 | 2.4.4-p2 | 2.4.5-p1 | 2.4.4-p3 | 2.4.4-p4 | 2.4.4-p5 | 2.4.5-p2 | 2.4.5-p3 | 2.4.5-p4 | 2.4.6 | 2.4.6-p1 | 2.4.6-p2 | 2.4.7 – ベータ 1 | 2.4.4-p6 | 2.4.5-p5 | 2.4.6-p3 | 2.4.7-beta2 | 2.4.4-p7 | 2.4.5-p6 | 2.4.6-p4 | 2.4.7-beta3 | 2.4.7 | 2.4.6-p5 | 2.4.5-p7 | 2.4.4-p8

current-version

現在のバージョン(例:2.3.2)。

  • 必須

target-version

ターゲットバージョン(2.4.5 など)。

  • 必須

--help, -h

指定されたコマンドのヘルプを表示します。 コマンドが指定されていない場合は、list コマンドの表示ヘルプが表示されます

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--quiet, -q

メッセージを出力しない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--verbose, -v|-vv|-vvv

メッセージの冗長さを増やします。通常の出力の場合は 1、詳細な出力の場合は 2、デバッグの場合は 3 です。

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--version, -V

このアプリケーションのバージョンを表示

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--ansi

ANSI 出力を強制(または無効化 – no-ansi)

  • 値を受け入れません

--no-ansi

「– ansi」オプションを否定します

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--no-interaction, -n

対話型の質問をしない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

graphql:compare

bin/uct graphql:compare [-o|--output [OUTPUT]] [--] <schema1> <schema2>

GraphQL スキーマの互換性の検証

schema1

最初のGraphQL スキーマを指すエンドポイント URL。

  • 必須

schema2

2 つ目のGraphQL スキーマを指すエンドポイント URL。

  • 必須

--output, -o

出力の書き出し先となるファイルのパス (JSON 形式)

  • 値を受け入れる

--help, -h

指定されたコマンドのヘルプを表示します。 コマンドが指定されていない場合は、list コマンドの表示ヘルプが表示されます

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--quiet, -q

メッセージを出力しない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--verbose, -v|-vv|-vvv

メッセージの冗長さを増やします。通常の出力の場合は 1、詳細な出力の場合は 2、デバッグの場合は 3 です。

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--version, -V

このアプリケーションのバージョンを表示

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--ansi

ANSI 出力を強制(または無効化 – no-ansi)

  • 値を受け入れません

--no-ansi

「– ansi」オプションを否定します

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--no-interaction, -n

対話型の質問をしない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

upgrade:check

bin/uct upgrade:check [-a|--current-version [CURRENT-VERSION]] [-c|--coming-version [COMING-VERSION]] [--json-output-path [JSON-OUTPUT-PATH]] [--html-output-path [HTML-OUTPUT-PATH]] [--min-issue-level [MIN-ISSUE-LEVEL]] [-i|--ignore-current-version-compatibility-issues] [--context CONTEXT] [--] <dir>

アップグレード互換性ツールは、Adobe Commerceのカスタマイズ済みインスタンスにインストールされているすべてのモジュールを分析し、そのインスタンスを特定のバージョンと照合するコマンドラインツールです。 最新バージョンのAdobe Commerceにアップグレードする前に対処する必要があるエラーと警告のリストを返します。

dir

Adobe Commerce インストールディレクトリ。

  • 必須

--current-version, -a

現在のAdobe Commerceのバージョン。省略すると、Adobe Commerce インストールのバージョンが使用されます。

  • 値を受け入れる

--coming-version, -c

Target のAdobe Commerceのバージョン。 省略した場合は、最新リリースの安定したAdobe Commerceが使用されます。 使用可能なAdobe Commerceのバージョン:2.3.0 | 2.3.1 | 2.3.2 | 2.3.2-p2 | 2.3.3.3| 2.3.3-p1 | 2.3.4-p1 | 2.3.4-p1 | 2.3.5| 2.3.5-p2 | 2.3.6| 2.3.6-p1 | 2.3.7-p1 | 2.3.7-p1 | 2.3.7-p2| 2.3.7-p3 | 2.3.7-p4 | 2.4.0 | 2.4.0-p1 | 2.4.1 | 2.4.1-p1 | 2.4.2-p1 | 2.4.2-p1 | 2.4.3| 2.4.3-p2 | 2.4.3-p3 | 2.4.4| 2.4.4-4-p1 | 2.4.4-p2 | 2.4-p2 | 2.4-p2| 2.4 4-p3 | 2.4.4-p4 | 2.4.4-p5 | 2.4.4-p6 | 2.4.4-p7 | 2.4.4-p8 | 2.4.5-p1 | 2.4.5-p2 | 2.4.5-p3 | 2.4.5-p4 | 2.4.5-p5 | 2.4.5-p6 | 2.4.5-p6 | 2.4.6| 2.4.6| 2.4-p1 2.4.6-p2 | 2.4.6-p3 | 2.4.6-p4 | 2.4.6-p5 | 2.4.7-beta1 | 2.4.7-beta2 | 2.4.7-beta3 | 2.4.7

  • 値を受け入れる

--json-output-path

出力が JSON 形式で書き出されるファイルのパス

  • 値を受け入れる

--html-output-path

HTML形式で出力を書き出すファイルのパス

  • 値を受け入れる

--min-issue-level

レポートに表示する最小限の問題レベル(警告、エラー、重大)。

  • デフォルト: warning
  • 値を受け入れる

--ignore-current-version-compatibility-issues, -i

現在および今後のバージョンでよくある問題を無視

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--context

実行コンテキスト。 このオプションは統合目的で、実行結果には影響しません。

  • 値が必要です

--help, -h

指定されたコマンドのヘルプを表示します。 コマンドが指定されていない場合は、list コマンドの表示ヘルプが表示されます

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--quiet, -q

メッセージを出力しない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--verbose, -v|-vv|-vvv

メッセージの冗長さを増やします。通常の出力の場合は 1、詳細な出力の場合は 2、デバッグの場合は 3 です。

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--version, -V

このアプリケーションのバージョンを表示

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--ansi

ANSI 出力を強制(または無効化 – no-ansi)

  • 値を受け入れません

--no-ansi

「– ansi」オプションを否定します

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません

--no-interaction, -n

対話型の質問をしない

  • デフォルト: false
  • 値を受け入れません
recommendation-more-help
c2d96e17-5179-455c-ad3a-e1697bb4e8c3