リードジェネレーション

E コマース業界では、web サイトのクリックやソーシャルメディアでの広告のチェック、商品の探索など、ブランドや商品に興味を示す人がリードします。 今日のリードは明日はお客様になる可能性があるので、e コマース業界でリードを生み出すことは、ビジネスの重要な部分です。 リードジェネレーションは時間がかかり、忍耐を必要とする長いプロセスです。

次の図は、小売業者がリードジェネレーションに使用できるシンプルなワークフローを示しています。

リードジェネレーションファネル図

ベストプラクティス

リードジェネレーションのベストプラクティスには、次のものが含まれます。

  • 一意のコンテンツ – 小売業者は、調査を行い、お客様の好みや興味、購入したいものを見つけ出す必要があります。 コンテンツは、顧客の注意を引き、彼らを陰謀し、彼らとの絆を生み出す必要があります。 コンテンツは映像や画像に限らず、ソーシャルメディアも含みます。

  • オンラインコミュニティ – レビュー、質問または懸念を投稿できるInstagram ページやFacebook コミュニティなど、オンラインコミュニケーションを設定できます。 カスタマーサービスチームは、ソーシャルメディアに積極的に関与できます。

  • 影響者 – インフルエンサーを起用して、自社ブランドをアピールしているのですね。 インフルエンサーには、彼らを聴くファンベース(フォロワーのグループ)があり、ブランドにとって有益です。 あなたは正式に協力するか、彼らが宣伝するためにインフルエンサーに無料の製品を送ることができます。

  • ソーシャルメディア – ソーシャルメディアを持つことは、今のブランドにとって重要です。 ブランドは、定期的に投稿し、様々な顧客にコンテンツを投稿し、コンテンツが正しいことを確認し、常に元の投稿にコメントを再投稿することで、存在感を感じられるようにする必要があります。

  • SEO SEO ランキングはサイトトラフィックを増加させ、ブランドが気づく機会を増やすので、適切な SEO を配置する必要があります。

  • 有料キャンペーン – 有料キャンペーンの投稿に集中して、サイトにフォーカスを当てることができます。

  • 不幸な顧客 – 満足されていないお客様への働きかけが必要なのですね。

リードジェネレーションは簡単ではないかもしれませんが、自社ブランドが市場で成功し、競争上の優位性を持つことを望むなら必要です。

B2B と B2C の比較

リードジェネレーションは B2B と B2C のビジネスで異なります。

  • 販売サイクル—B2B 契約は B2C 取引に比べて長期契約であるため、B2B 事業のリードジェネレーションは B2C 事業に比べてはるかに長くなります。 B2B トランザクションに割り当てられた価格、時間、リソースが多くなっています。 B2C のセールスサイクルははるかに短く、時間、費用、リソースを減らすことができます。

  • コンテンツ—B2B のお客様は通常、より多くの製品調査を行うので、製品に関するより多くの知識を持っています。一方、B2C のお客様は通常、市場の傾向のコンテンツに基づいて購入します。

  • 対象読者—B2C ビジネスは様々なオーディエンスにリーチしますが、B2B ビジネスは特定のオーディエンスを持ちます

  • 目標—B2C ビジネスは飽和状態の市場から顧客を引き付ける傾向がありますが、B2B ビジネスは信頼できる顧客との関係を構築します。 B2B と B2C の両方のビジネスには、ROI の向上という同じ最終目標があります。

  • 相互作用—B2C のお客様は購入に関する意思決定を個別に行われますが、B2B 購入の意思決定プロセスには複数の関係者が関与します。

リードを発生させる決まった方法はありませんが、事業のニーズに合った最適な方法を分析し、組織の形成に役立てることで、リードの発生量を増やすことが可能です。

recommendation-more-help
576492ba-8a33-4b55-90e7-bf54be87ceb8