メッセージブローカー

Adobe Commerceはを使用します RabbitMQ オープンソースのメッセージブローカ。 信頼性が高く、可用性が高く、スケーラブルで、ポータブルなメッセージングシステムを提供します。

メッセージキューは、メッセージの送信者と受信者が互いに接触しない非同期通信メカニズムを提供します。 また、メッセージキューと同時に通信する必要もありません。 送信者がメッセージをキューに入れると、受信者が受信するまで保存されます。

Adobe Commerceをインストールする前に、メッセージキューシステムを確立する必要があります。 基本的なシーケンスは次のとおりです。

  1. インストール RabbitMQ およびその前提条件。
  2. 接続 RabbitMQ をAdobe Commerceに送信します。
NOTE
MySQL を使用するか、 RabbitMQ メッセージキューの処理用。 メッセージキューシステムの設定については、を参照してください。 メッセージキューの概要. Adobe Commerceで Bulk API を使用する場合、メッセージキューのシステム設定はデフォルトで次を使用します RabbitMQ メッセージブローカーとして。 参照: メッセージキューコンシューマーの開始 を参照してください。

インストール RabbitMQ Ubuntu の場合

をインストールするには RabbitMQ ubuntu 16 で、次のコマンドを入力します。

sudo apt install -y rabbitmq-server

このコマンドは、必要な Erlang パッケージもインストールします。

古いバージョンの Ubuntu がある場合は、 RabbitMQ では、Web サイトからパッケージをインストールすることをお勧めします。

  1. .deb パッケージを rabbitmq-server.
  2. を含むパッケージのインストール dpkg.

こちらを参照してください Debian/Ubuntu へのインストール を参照してください。

インストール RabbitMQ (CentOS 上)

Erlang のインストール

RabbitMQ は Erlang プログラミング言語で記述されており、と同じシステムにインストールする必要があります RabbitMQ.

参照: 手動インストール を参照してください。

を参照してください。 RabbitMQ/Erlang バージョン マトリックス 正しいバージョンをインストールします。

インストール RabbitMQ

この RabbitMQ サーバーは CentOS に含まれていますが、バージョンは多くの場合、古いです。 RabbitMQ では、Web サイトからパッケージをインストールすることをお勧めします。

を参照してください。 RabbitMQ ページをインストールして、サポートされている最新バージョンを入手します。 Adobe Commerce 2.3 および 2.4 のサポート RabbitMQ 3.8.x

こちらを参照してください RPM ベースの Linux へのインストール を参照してください。

設定 RabbitMQ

職員を再調査する RabbitMQ 設定および管理するドキュメント RabbitMQ. 次の項目に注意してください。

  • 環境変数
  • ポートアクセス
  • デフォルトのユーザーアカウント
  • ブローカーの起動と停止
  • システム制限

でのインストール RabbitMQ と接続

Adobe Commerceのインストール方法 をインストールします RabbitMQをインストールする際に、次のコマンドラインパラメーターを追加します。

--amqp-host="<hostname>" --amqp-port="5672" --amqp-user="<user_name>" --amqp-password="<password>" --amqp-virtualhost="/"

ここで、

パラメーター
説明
--amqp-host
ホスト名 RabbitMQ がインストールされました。
--amqp-port
への接続に使用するポート RabbitMQ. デフォルトはです 5672.
--amqp-user
に接続するためのユーザー名 RabbitMQ. デフォルトユーザーを使用しない guest.
--amqp-password
に接続するためのパスワード RabbitMQ. デフォルトのパスワードを使用しない guest.
--amqp-virtualhost
接続先の仮想ホスト RabbitMQ. デフォルトはです /.
--amqp-ssl
接続先を示します RabbitMQ. デフォルトはです false. 値を true に設定した場合、詳しくは、SSL の設定を参照してください。

接続 RabbitMQ

既にAdobe Commerceをインストールしていて、次への接続を希望する場合: RabbitMQ、を追加します queue セクション: <install_directory>/app/etc/env.php 次のようにファイルを指定します。

'queue' =>
  array (
    'amqp' =>
    array (
      'host' => 'rabbitmq.example.com',
      'port' => '11213',
      'user' => 'magento',
      'password' => 'magento',
      'virtualhost' => '/'
     ),
  ),

以下を設定することもできます RabbitMQ を使用した設定値 bin/magento setup:config:set コマンド:

bin/magento setup:config:set --amqp-host="rabbitmq.example.com" --amqp-port="11213" --amqp-user="magento" --amqp-password="magento" --amqp-virtualhost="/"

コマンドの実行後または <install_directory>/app/etc/env.php amqp 設定値を含むファイル、実行 bin/magento setup:upgrade で変更を適用し、必要なキューと交換を作成します。 RabbitMQ.

SSL を設定

SSL のサポートを設定するには、 ssl および ssl_options のパラメーター <install_directory>/app/etc/env.php 次のようになるようにファイルします。

'queue' =>
  array (
    'amqp' =>
    array (
      'host' => 'rabbitmq.example.com',
      'port' => '11213',
      'user' => 'magento',
      'password' => 'magento',
      'virtualhost' => '/',
      'ssl' => 'true',
      'ssl_options' => [
            'cafile' =>  '/etc/pki/tls/certs/DigiCertCA.crt',
            'certfile' => '/path/to/magento/app/etc/ssl/test-rabbit.crt',
            'keyfile' => '/path/to/magento/app/etc/ssl/test-rabbit.key'
       ],
     ),
  ),

メッセージキューコンシューマーの開始

Adobe Commerceに接続し、 RabbitMQの場合は、メッセージキューコンシューマーを起動する必要があります。 参照: メッセージキューの設定 を参照してください。

recommendation-more-help
0f8e7db5-0e9c-4002-a5b8-a0088077d995