一般的な MySQL ガイドライン

詳しくは、 必要システム構成 を参照してください。

Adobe 強く では、データベースを設定する際に、次の標準を遵守することをお勧めします。

  • Adobe CommerceとMagento Open Sourceの使用 MySQL データベーストリガー インデックス再作成時のデータベースアクセスを改善する。 インデクサーモードが スケジュール. カスタムトリガーは将来のAdobe CommerceおよびMagento Open Sourceトリガーと互換性がなくなる可能性があるので、このアプリケーションはデータベース内のカスタムバージョンをサポートしていません。
  • に慣れてください。 MySQL の潜在的なトリガー制限 続行する前に
  • データベースのセキュリティの姿勢を強化するには、 STRICT_ALL_TABLES 無効なデータ値の保存を防ぐ SQL モード。データベースとのやり取りが望ましくない可能性があります。
  • Adobe CommerceとMagento Open Sourceド not は、MySQL 文ベースのレプリケーションをサポートします。 必ず のみ 行ベースのレプリケーション.
WARNING
Adobe Commerceは現在 CREATE TEMPORARY TABLE 取引内の明細書 ( 互換性がない データベース実装では、GTID ベースのレプリケーションを使用します ( 例: Google Cloud SQL 第 2 世代インスタンス. Cloud SQL 8.0 の場合は、MySQL を代わりに使用すると考えてください。
NOTE
Web サーバーとデータベース・サーバーが異なるホスト上にある場合は、このトピックで説明するタスクをデータベース・サーバー・ホスト上で実行し、次を参照してください。 リモート MySQL データベース接続を設定する.

Ubuntu への MySQL のインストール

Adobe CommerceおよびMagento Open Source2.4 では、MySQL 8.0 をクリーンインストールする必要があります。お使いのマシンに MySQL をインストールする手順については、以下のリンクを参照してください。

大量の製品を読み込む場合は、 max_allowed_packet はデフォルトの 16 MB より大きくなります。

NOTE
デフォルト値は、クラウドインフラストラクチャ上のAdobe Commerceに適用されます。 および オンプレミスプロジェクト。 Adobe Commerce on cloud infrastructure Pro のお客様は、 max_allowed_packet の値です。 クラウドインフラストラクチャ上のAdobe Commerce Starter のお客様は、 /etc/mysql/mysql.cnf ファイル。

値を増やすには、 /etc/mysql/mysql.cnf ファイルを編集し、 max_allowed_packet. 変更を mysql.cnf ファイルを閉じ、テキストエディタを閉じて MySQL (service mysql restart) をクリックします。

設定した値をオプションで確認するには、次のコマンドを mysql> プロンプト:

SHOW VARIABLES LIKE 'max_allowed_packet';

すると、 データベースインスタンスの設定.

MySQL 8 の変更

Adobe CommerceおよびMagento Open Source2.4 に対して、MySQL 8 のサポートを追加しました。
ここでは、開発者が認識する必要がある MySQL 8 の大きな変更について説明します。

整数タイプ(パディング)の幅を削除しました。

MySQL 8.0.17 では、整数データ型 (TINYINT, SMALLINT, MEDIAMINT, INT, BIGINT) の表示幅の指定が廃止されました。出力にデータ型定義を含むステートメントは、TINYINT(1) を除き、整数型の表示幅を表示しなくなりました。 MySQL コネクタは、TINYINT(1) 列が BOOLEAN 列として生成されたことを想定しています。 この例外により、ユーザーは引き続きその前提を提示できます。

mysql 8.19 の admin_user について説明する

フィールド
タイプ
Null
キー
デフォルト
追加
user_id
int unsigned
いいえ
PRI
NULL
auto_increment
firstname
varchar(32)
はい
NULL
lastname
varchar(32)
はい
NULL
email
varchar(128)
はい
NULL
username
varchar(40)
はい
UNI
NULL
password
varchar(255)
いいえ
NULL
created
timestamp
いいえ
CURRENT_TIMESTAMP
DEFAULT_GENERATED
modified
timestamp
いいえ
CURRENT_TIMESTAMP
DEFAULT_GENERATED 更新時 CURRENT_TIMESTAMP
logdate
timestamp
はい
NULL
lognum
smallint unsigned
いいえ
0

例外: TINYINT(1)、すべての整数パディング (TINYINT > 1, SMALLINT, MEDIAMINT, INT, BIGINT) を db_schema.xml ファイル。

詳しくは、 https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/8.0/en/news-8-0-19.html#mysqld-8-0-19-feature.

デフォルトの並べ替え順の動作

8.0 以前は、エントリは外部キーで並べ替えられていました。 デフォルトの並べ替え順は、使用するエンジンによって異なります。
コードが特定の並べ替えに依存する場合は、常に並べ替え順を指定します。

GROUP BY の非推奨の ASC 修飾子と DESC 修飾子

MySQL 8.0.13 以降、非推奨(廃止予定) ASC または DESC 次の条件を満たす GROUP BY 節が削除されました。 以前に依存していたクエリ GROUP BY 並べ替えを実行すると、以前の MySQL バージョンとは異なる結果が生じる場合があります。 特定の並べ替え順を生成するには、 ORDER BY 句を使用します。

Commerce と MySQL 8

MySQL 8 を適切にサポートするために、Adobe CommerceとMagento Open Sourceにいくつかの変更が加えられました。

クエリと挿入の動作

Adobe CommerceとMagento Open Sourceは、 /lib/internal/Magento/Framework/DB/Adapter/Pdo/Mysql.php:424.. 検証が無効になっている場合、MySQL がデータを切り捨てる可能性があります。 MySQL で、クエリの動作が変更されました。 Select * on my_table where IP='127.0.0.1' IP アドレスが整数ではなく文字列として適切に表示されるようになったので、は結果を返さなくなりました。

MySQL 5.7 から MySQL 8 へのアップグレード

MySQL をバージョン 5.7 からバージョン 8 に適切に更新するには、次の手順に従う必要があります。

  1. Adobe CommerceまたはMagento Open Sourceを 2.4.0 にアップグレードします。すべてをテストし、システムが期待どおりに動作することを確認します。

  2. メンテナンスモードを有効にする:

    code language-bash
    bin/magento maintenance:enable
    
  3. データベースのバックアップを作成する:

    code language-bash
    bin/magento setup:backup --db
    
  4. MySQL をバージョン 8 に更新しました。

  5. バックアップしたデータを MySQL にインポートします。

  6. キャッシュをクリーンアップします。

    code language-bash
    bin/magento cache:clean
    
  7. メンテナンスモードを無効にする:

    code language-bash
    bin/magento maintenance:disable
    

データベースインスタンスの設定

この節では、Adobe CommerceまたはMagento Open Source用のデータベースインスタンスを作成する方法について説明します。 新しいデータベースインスタンスを使用することをお勧めしますが、必要に応じて、既存のデータベースインスタンスとAdobe CommerceまたはMagento Open Sourceをインストールすることもできます。

MySQL データベースインスタンスを設定するには、次の手順に従います。

  1. 任意のユーザーとしてデータベースサーバーにログインします。

  2. MySQL コマンドプロンプトに移動します。

    code language-bash
    mysql -u root -p
    
  3. MySQL を入力 root ユーザーのパスワードを求められた場合。

  4. 次のコマンドを、図の順序で入力して、という名前のデータベースインスタンスを作成します。 magento ユーザー名 magento:

    code language-sql
    create database magento;
    
    code language-sql
    create user 'magento'@'localhost' IDENTIFIED BY 'magento';
    
    code language-sql
    GRANT ALL ON magento.* TO 'magento'@'localhost';
    
    code language-sql
    flush privileges;
    
  5. 入力 exit をクリックして、コマンドプロンプトを終了します。

  6. データベースを検証します。

    code language-bash
    mysql -u magento -p
    

    MySQL モニタが表示される場合は、データベースが正しく作成されています。 エラーが表示される場合は、前述のコマンドを繰り返します。

  7. Web サーバーとデータベース・サーバーが異なるホスト上にある場合は、このトピックで説明するタスクをデータベース・サーバー・ホスト上で実行し、次を参照してください。 リモート MySQL データベース接続を設定する.

    ビジネスに応じて、データベースインスタンスを適切に設定することをお勧めします。 データベースを設定する際は、次の点に注意してください。

    • インデクサーは高い値を必要とします tmp_table_size および max_heap_table_size の値(例:64 M)。 次に、 batch_size パラメータを使用すると、テーブルサイズ設定と共にその値を調整して、インデクサーのパフォーマンスを向上させることができます。 詳しくは、 最適化ガイド を参照してください。

    • 最適なパフォーマンスを得るには、すべての MySQL およびAdobe CommerceまたはMagento Open Sourceインデックステーブルをメモリに保持できるようにします ( 例えば、 innodb_buffer_pool_size) をクリックします。

    • MariaDB 10.4 でのインデックス再作成は、他の MariaDB または MySQL バージョンと比べて時間がかかります。 詳しくは、 設定のベストプラクティス.

  8. MySQL の場合 TIMESTAMP アプリケーションの宣言的スキーマアーキテクチャ(システム変数)で期待される環境設定と構成に従うフィールド explicit_defaults_for_timestamp は、次のように設定する必要があります on.

    参照:

    この設定が有効でない場合、 bin/magento setup:db:status 常に Declarative Schema is not up to date.

NOTE
The explicit_defaults_for_timestamp の設定は非推奨です。 この設定は、将来の MySQL リリースで削除される、非推奨の TIMESTAMP 動作を制御します。 これらの動作が削除されると、 explicit_defaults_for_timestamp 設定も削除されます。
WARNING
Adobe Commerce on cloud infrastructure プロジェクトの場合、 explicit_defaults_for_timestamp MySQL (MariaDB) の設定のデフォルト値はです。 オフ.

MariaDB 10.4 および 10.6 でのインデックス再作成は、以前の MariaDB または MySQL バージョンと比べて時間がかかります。 インデックスの再作成を高速化するには、次の MariaDB 設定パラメーターを設定することをお勧めします。

MariaDB 10.6 にアップグレードした後、インデックス化に関連しないパフォーマンスの低下が発生する場合は、 --query-cache-type 設定。 例: --query-cache-type=ON.

クラウドインフラストラクチャプロジェクト上のAdobe Commerceをアップグレードする前に、MariaDB (MariaDB アップグレードのベストプラクティスを参照してください。) をクリックします。

例:

  • Adobe Commerce 2.4.6(MariaDB バージョン 10.5.1 以降を使用)
  • Adobe Commerce 2.3.5(MariaDB バージョン 10.3 以前)

次の推奨事項に加えて、次のパラメーターの設定については、データベース管理者に問い合わせる必要があります。

NOTE
これらの設定は、オンプレミスでの展開でのみ使用できます。 Adobe Commerce on cloud infrastructure のお客様は、これらの設定にアクセスできません。
recommendation-more-help
0f8e7db5-0e9c-4002-a5b8-a0088077d995