オンプレミスでの高度なインストール

TIP
失った? 手伝ってあげようか? お試しください クイックスタートインストール または 投稿者のインストール ガイド。
NOTE
SELinux の有効化を選択した場合は、 SELinux と iptables.

コマンドラインインターフェイス(CLI)

Adobe Commerceには、インストールおよび設定作業を行うための単一のコマンドラインインターフェイスがあります。 <magento_root>/bin/magento. インターフェイスは、次のような複数のタスクを実行します。

  • インストール(および、データベーススキーマの作成や更新、デプロイメント設定の作成などの関連タスク)。
  • キャッシュをクリアしています。
  • インデックスの管理(インデックスの再作成など)。
  • 翻訳辞書と翻訳パッケージの作成。
  • ファクトリやプラグインのインターセプタなど、存在しないクラスを生成し、オブジェクトマネージャの依存関係挿入設定を生成する。
  • 静的ビューファイルのデプロイ
  • Less から CSS を作成する。

その他のメリット:

  • 単一のコマンド(<magento_root>/bin/magento list)に、使用可能なすべてのインストールおよび設定コマンドを示します。
  • Symfony に基づく一貫性のあるユーザーインターフェイス。
  • CLI は拡張可能なため、サードパーティ開発者がプラグインすることができます。 これには、ユーザーの学習曲線を排除するという追加のメリットがあります。
  • 無効なモジュールのコマンドは表示されません。

このトピックでは、CLI を使用したAdobe Commerce ソフトウェアのインストールについて説明します。 設定については、を参照してください 設定ガイド.

インストーラーは、必要に応じて複数回実行できるので、次のことが可能です。

  • 異なる値を指定

    例えば、Web サーバーを Secure Sockets Layer (SSL)用に設定したら、インストーラーを実行して、SSL オプションを設定できます。

  • 以前のインストールでの誤りを修正する

  • 別のデータベースインスタンスへのAdobe Commerceのインストール

インストールを開始する前に

開始する前に、次の手順を実行します。

NOTE
Adobe Commerceは、 bin サブディレクトリ。

インストーラーを複数回実行し、様々なオプションを指定して、次のようなインストールタスクを完了することができます。

  • 段階的にインストールする – 例えば、Web サーバーを Secure Sockets Layer (SSL)用に設定した後、インストーラーを再度実行して、SSL オプションを設定できます。

  • 以前のインストールでの間違いを修正します。

  • 別のデータベースインスタンスにAdobe Commerceをインストールします。

NOTE
デフォルトでは、同じデータベースインスタンスにソフトウェアをインストールしても、インストーラーによってデータベースが上書きされることはありません。 オプションのを使用できます cleanup-database この動作を変更するパラメーター。

関連トピック 更新、再インストール、アンインストール.

安全なインストール

Secure Sockets Layer (SSL)(HTTPS とも呼ばれます)を管理者とストアフロントの両方で使用するには、次のパラメーターをすべて設定する必要があります。

  • --use-secure:に設定 1
  • --base-url-secure:セキュア URL (で始まる)に設定します https://
  • --use-secure-admin をに設定 1

これらのパラメーターの詳細については、このトピックの後半で説明します。

インストーラーヘルプコマンド

次のコマンドを実行すると、必要な引数の値を検索できます。

インストーラー引数
コマンド
言語
bin/magento info:language:list
通貨
bin/magento info:currency:list
タイムゾーン
bin/magento info:timezone:list
NOTE
これらのコマンドを実行したときにエラーが表示される場合は、で説明されているように、インストールの依存関係を更新したことを確認してください インストールの依存関係の更新.

コマンドラインからのインストール

インストールコマンドでは、次の形式を使用します。

bin/magento setup:install --<option>=<value> ... --<option>=<value>

次の表に、インストールオプションの名前と値を示します。 インストールコマンドの例については、を参照してください。 ローカルホストのインストールのサンプル.

NOTE
スペースや特殊文字を含むオプションは、一重引用符または二重引用符で囲む必要があります。

管理者の資格情報:

次のオプションでは、管理者ユーザーのユーザー情報と資格情報を指定します。

管理者ユーザーは、インストール中またはインストール後に作成できます。 インストール時にユーザーを作成する場合は、すべての管理者資格情報の変数が必要です。 参照: ローカルホストのインストールのサンプル.

次の表に、使用可能なすべてのインストールパラメーターではなく、多くのパラメーターを示します。 完全なリストについては、 コマンドラインツールリファレンス.

名前
必須?
--admin-firstname
管理者ユーザーの名。
はい
--admin-lastname
管理者ユーザーの姓。
はい
--admin-email
管理者ユーザーのメールアドレス。
はい
--admin-user
管理者ユーザー名。
はい
--admin-password
管理者ユーザーのパスワード。 パスワードは 7 文字以上で、アルファベットと数字が少なくとも 1 つずつ含まれている必要があります。 より長く、より複雑なパスワードをお勧めします。 パスワード文字列全体を一重引用符で囲みます。 例:--admin-password='A0b9%t3g'
はい

サイトとデータベースの構成オプション:

名前
必須?
--base-url
管理者およびストアフロントにアクセスするために使用するベース URL を次の形式のいずれかで指定します。

http[s]://<host or ip>/<your install dir>/.

注意: スキーム(http://またはhttps://)と末尾のスラッシュは両方とも必須です。

<your install dir> は、Adobe Commerce ソフトウェアをインストールするドキュメントルートの相対パスです。 Web サーバーと仮想ホストの設定方法に応じて、パスは magento2 になるか、空になります。

Adobe Commerceまたは MagenAdobe Commerceuse には、 http://127.0.0.1/<your install dir>/ または http://127.0.0.1/<your install dir>/.

- {{base_url}} これは、仮想ホスト設定または Docker などの仮想化環境で定義されたベース URL を表します。 例えば、ホスト名を使用して仮想ホストを設定する場合 magento.example.comにインストールする必要があります。 --base-url={{base_url}} 次のような URL で管理者にアクセスします。 http://magento.example.com/admin.
はい
--backend-frontname
管理者にアクセスするための URI (Uniform Resource Identifier)。 このパラメーターを省略すると、次のパターンのランダムな URI をアプリケーションで生成できます admin_jkhgdfq

セキュリティ上の理由から、ランダムな URI を使用することをお勧めします。 ランダム URI は、ハッカーや悪意のあるソフトウェアが悪用しにくくなります。

インストールの最後に URI が表示されます。 後で次のコマンドを使用して表示することができます。 bin/magento info:adminuri コマンド。

値を入力する場合は、admin、backend などの一般的な単語を使用しないことをお勧めします。 管理 URI には、英数字とアンダースコア文字(_)のみ。
不可
--db-host
次のいずれかを使用します。

- データベースサーバーの完全修飾ホスト名または IP アドレス。

- localhost (デフォルト)または 127.0.0.1 データベースサーバーが web サーバーと同じホスト上にある場合。localhost は、MySQL クライアントライブラリが UNIX ソケットを使用してデータベースに接続することを意味します。 127.0.0.1 クライアントライブラリで TCP プロトコルを使用します。 ソケットの詳細については、 PHP PDO_MYSQL ドキュメント.

注意: オプションで、www.example.com:9000のようなホスト名でデータベースサーバーポートを指定できます。
はい
--db-name
データベーステーブルをインストールするデータベースインスタンスの名前。

デフォルトは magento2.
はい
--db-user
データベース・インスタンス所有者のユーザー名。

デフォルトは root.
はい
--db-password
データベースインスタンス所有者のパスワード。
はい
--db-prefix
既にAdobe Commerce テーブルが含まれているデータベースインスタンスにデータベーステーブルをインストールしている場合にのみ、を使用します。

その場合は、プレフィックスを使用して、このインストールのテーブルを識別します。 一部のお客様は、同じデータベース内のすべてのテーブルを持つ複数のAdobe Commerceまたは MagenAdobe Commerceserver を持っています。

プレフィックスの長さは最大 5 文字です。 文字で始まる必要があり、文字、数字、アンダースコア文字のみを含めることができます。

このオプションを選択すると、複数のAdobe Commerce インストールとデータベースサーバーを共有できます
--db-ssl-key
クライアントキーへのパス。
不可
--db-ssl-cert
クライアント証明書へのパス。
不可
--db-ssl-ca
サーバー証明書へのパス。
不可
--language
管理およびストアフロントで使用する言語コード。 (言語コードのリストをまだ表示していない場合は、次のように入力して表示できます。 bin/magento info:language:list bin ディレクトリから)。
不可
--currency
ストアフロントで使用するデフォルト通貨。 (まだ行っていない場合は、次のように入力して通貨のリストを表示できます bin/magento info:currency:list bin ディレクトリから)。
不可
--timezone
管理およびストアフロントで使用するデフォルトのタイムゾーン。 (タイムゾーンのリストをまだ表示していない場合は、次のように入力して表示できます。 bin/magento info:timezone:list から bin/ ディレクトリ。)
不可
--use-rewrites
1 つまり、ストアフロントおよび管理者で生成されたリンクに対して、web サーバーの書き換えを使用します。

0 web サーバーの書き換えの使用を無効にします。 これがデフォルトです。
不可
--use-secure
1 ストアフロント URL での Secure Sockets Layer (SSL)の使用を有効にします。 このオプションを選択する前に、web サーバーで SSL がサポートされていることを確認してください。

0 は SSL の使用を無効にします。 この場合、他のすべてのセキュア URL オプションも 0 と見なされます。 これがデフォルトです。
不可
--base-url-secure
管理者およびストアフロントにアクセスするために使用するセキュアなベース URL を次の形式で指定します。 http[s]://<host or ip>/<your install dir>/
不可
--use-secure-admin
1 は、SSL を使用して管理者にアクセスすることを意味します。 このオプションを選択する前に、web サーバーで SSL がサポートされていることを確認してください。

0 は、管理者で SSL を使用しないことを意味します。 これがデフォルトです。
不可
--admin-use-security-key
1 を指定すると、アプリケーションはランダムに生成されたキー値を使用して、管理およびフォームのページにアクセスします。 これらのキー値は、クロスサイトスクリプトフォージェリー攻撃を防ぐのに役立ちます。 これがデフォルトです。

0 キーの使用を無効にします。
不可
--session-save
次のいずれかを使用します。

- db セッションデータをデータベースに保存します。 クラスター化されたデータベースがある場合は、データベースストレージを選択します。そうしないと、ファイルベースのストレージに比べて大きなメリットがない可能性があります。

- files セッションデータをファイルシステムに格納する。 ファイルベースのセッションストレージは、ファイルシステムアクセスが遅い場合、クラスター化されたデータベースがある場合、または Redis にセッションデータを保存する場合を除いて、適切です。

- redis セッションデータを Redis に保存します。 デフォルトまたはページキャッシュに Redis を使用している場合は、Redis がインストールされている必要があります。 Redis のサポートの設定に関する詳細は、セッションストレージに Redis を使用するを参照してください。
不可
--key
キーがある場合は、データベース内の機密データを暗号化するキーを指定します。 ユーザーが定義されていない場合は、自動的に定義されます。
はい
--cleanup-database
Adobe Commerceをインストールする前にデータベーステーブルをドロップするには、このパラメーターに値を指定しません。 それ以外の場合、データベースはそのまま残ります。
不可
--db-init-statements
MySQL の詳細設定パラメーター。 データベース初期化文を使用して、MySQL データベースへの接続時に実行します。 値を設定する前に、これに類似したリファレンスを参照してください。

デフォルトは SET NAMES utf8;.
不可
--sales-order-increment-prefix
販売注文のプレフィックスとして使用する文字列値を指定します。 通常、これは支払い処理者向けの一意の注文番号を保証するために使用されます。
不可

検索エンジン設定オプション:

名前
必須?
--search-engine
検索エンジンとして使用するElasticsearchまたは OpenSearch のバージョン。 デフォルトはです elasticsearch7. Elasticsearch 5 は非推奨(廃止予定)となったので、お勧めしません。
不可
--elasticsearch-host
Elasticsearchが動作しているホスト名または IP アドレス。 デフォルトはです localhost.
不可
--elasticsearch-port
受信 HTTP リクエストのElasticsearchポート。 デフォルトはです 9200.
不可
--elasticsearch-index-prefix
Elasticsearch検索インデックスを識別するプレフィックス。 デフォルトはです magento2.
不可
--elasticsearch-timeout
システムがタイムアウトするまでの秒数。 デフォルトはです 15.
不可
--elasticsearch-enable-auth
Elasticsearchサーバーでの認証を有効にします。 デフォルトはです false.
不可
--elasticsearch-username
Elasticsearchサーバーに対して認証するユーザー ID。
いいえ(認証が有効になっていない場合)
--elasticsearch-password
Elasticsearchserver に対して認証するパスワード。
いいえ(認証が有効になっていない場合)
--opensearch-host
OpenSearch が実行されているホスト名または IP アドレス。 デフォルトはです localhost.
不可
--opensearch-port
受信 HTTP リクエストの OpenSearch ポート。 デフォルトはです 9200.
不可
--opensearch-index-prefix
OpenSearch 検索インデックスを識別するプレフィックス。 デフォルトはです magento2.
不可
--opensearch-timeout
システムがタイムアウトするまでの秒数。 デフォルトはです 15.
不可
--opensearch-enable-auth
OpenSearch サーバーでの認証を有効にします。 デフォルトはです false.
不可
--opensearch-username
OpenSearch サーバーに対して認証するユーザー ID。
いいえ(認証が有効になっていない場合)
--opensearch-password
OpenSearch サーバーに対して認証するパスワード。
いいえ(認証が有効になっていない場合)

RabbitMQ設定オプション:

名前
必須?
--amqp-host
を使用しないでください。 --amqp のインストールを既に設定していない場合のオプション RabbitMQ. 参照: RabbitMQ インストールと設定の詳細については、インストールを参照してください RabbitMQ.

ホスト名 RabbitMQ がインストールされました。
不可
--amqp-port
への接続に使用するポート RabbitMQ. デフォルトは 5672 です。
不可
--amqp-user
に接続するためのユーザー名 RabbitMQ. デフォルトユーザーを使用しない guest.
不可
--amqp-password
に接続するためのパスワード RabbitMQ. デフォルトのパスワードを使用しない guest.
不可
--amqp-virtualhost
接続先の仮想ホスト RabbitMQ. デフォルトはです /.
不可
--amqp-ssl
接続先を示します RabbitMQ. デフォルトはです false. 参照: RabbitMQ の SSL の設定について RabbitMQ.
不可
--consumers-wait-for-messages
消費者はキューからのメッセージを待つ必要がありますか? 1 – はい、0 – いいえ
不可

ロック設定オプション:

名前
必須?
--lock-provider
プロバイダ名をロックします。

使用可能なロック プロバイダー: db, zookeeper, file.

デフォルトのロックプロバイダーは次のとおりです。 db
不可
--lock-db-prefix
を使用する際にロックの競合を回避するための特定の db プレフィックス db プロバイダをロックします。

デフォルト値は次のとおりです。 NULL
不可
--lock-zookeeper-host
使用時に Zookeeper クラスターに接続するホストおよびポート zookeeper プロバイダをロックします。

例: 127.0.0.1:2181
はい(設定する場合) --lock-provider=zookeeper
--lock-zookeeper-path
Zookeeper がロックを保存するパス。

デフォルトのパスはです。 /magento/locks
不可
--lock-file-path
ファイルのロックが保存されるパス。
はい(設定する場合) --lock-provider=file

コンシューマー設定オプション:

名前
説明
必須
--consumers-wait-for-messages
コンシューマーがキューからのメッセージを待機するかどうかを決定します。
1 – はい、0 – いいえ
不可
  • 0:コンシューマーは、キュー内の使用可能なメッセージを処理し、TCP 接続を閉じて、終了します。 処理されたメッセージの数がよりも少ない場合でも、コンシューマーは追加のメッセージがキューに入るのを待ちません --max_messages コンシューマーの開始時に指定された値。

  • 1:コンシューマーは、メッセージの最大数(に指定された値)に達するまで、メッセージキューからのメッセージの処理を続行します --max_messagesqueue:consumers:start コマンド)を実行してから、TCP 接続を終了し、コンシューマープロセスを終了します。 に達する前にキューが空になった場合 --max_messages 消費者は、さらに多くのメッセージが届くのを待ちます。 cron ジョブを使用する代わりにワーカーを使用してコンシューマーを実行する場合は、この変数をに設定します。 1.

WARNING
この --consumers-wait-for-messages オプションはグローバルなオプションであり、消費者ごとに個別に設定することはできません。
NOTE
Adobe Commerceのインストール後にモジュールを有効または無効にする方法については、を参照してください。 モジュールの有効化と無効化.

機密データ:

Adobe Commerceでは、暗号化キーを使用して以下を暗号化します。

  • クレジットカード情報
  • 管理者設定で指定されたユーザー名とパスワード (例:支払いゲートウェイへのログイン)
  • ネットワーク経由で送信される CAPTCHA 値

Adobe Commerce do ではない 暗号化:

  • 管理者および顧客のユーザー名とパスワード(これらのパスワードはハッシュ化されます)
  • アドレス
  • 電話番号
  • クレジットカード番号を除く、他のタイプの個人を特定できる情報

ローカルホストのインストールのサンプル

次の例は、Adobe Commerceを様々なオプションを使用してローカルにインストールするコマンドを示しています。

例 1 – 管理者ユーザーアカウントを使用した基本インストール

次の例では、次のオプションを使用してAdobe Commerceをインストールします。

  • アプリケーションは magento2 の web サーバーのドキュメントルートに相対したディレクトリ localhost また、管理者へのパスはです adminしたがって、

    ストアフロント URL はです http://127.0.0.1

  • データベース・サーバは、Web サーバと同じホスト上にあります。

    データベース名は magento、およびユーザー名とパスワードは両方とも magento

  • サーバーの書き換えを使用

  • 管理者には次のプロパティがあります。

    • 氏名は Magento User
    • ユーザー名: admin パスワードはです admin123
    • 電子メール アドレス: user@example.com
  • デフォルト言語はです。 en_US (米国英語)

  • デフォルトの通貨は米国ドルです

  • デフォルトのタイムゾーンは米国中部(アメリカ/シカゴ)です

  • OpenSearch 1.2 はにインストールされています os-host.example.com ポート 9200 で接続します。

magento setup:install --base-url=http://127.0.0.1/magento2/ \
--db-host=localhost --db-name=magento --db-user=magento --db-password=magento \
--admin-firstname=Magento --admin-lastname=User --admin-email=user@example.com \
--admin-user=admin --admin-password=admin123 --language=en_US \
--currency=USD --timezone=America/Chicago --use-rewrites=1 \
--search-engine=opensearch --opensearch-host=os-host.example.com \
--opensearch-port=9200

次のようなメッセージが表示され、インストールが成功したことが示されます。

Post installation file permissions check...
For security, remove write permissions from these directories: '/var/www/html/magento2/app/etc'
[Progress: 274 / 274]
[SUCCESS]: Magento installation complete.
[SUCCESS]: Admin Panel URI: /admin_puu71q

例 2 – 管理者ユーザーアカウントを使用しない基本インストール

次の例に示すように、管理者ユーザーを作成せずにAdobe Commerceをインストールできます。

magento setup:install --base-url=http://127.0.0.1/magento2/ \
--db-host=localhost --db-name=magento --db-user=magento --db-password=magento \
--language=en_US --currency=USD --timezone=America/Chicago --use-rewrites=1 \
--search-engine=opensearch --opensearch-host=os-host.example.com \
--opensearch-port=9200

インストールが成功すると、次のようなメッセージが表示されます。

Post installation file permissions check...
For security, remove write permissions from these directories: '/var/www/html/magento2/app/etc'
[Progress: 274 / 274]
[SUCCESS]: Magento installation complete.
[SUCCESS]: Admin Panel URI: /admin_puu71q

インストール後、を使用して管理者ユーザーを作成できます。 admin:user:create コマンド:
管理者の作成または編集

例 3 – 追加オプションを使用したインストール

次の例では、次のオプションを使用してAdobe Commerceをインストールします。

  • アプリケーションは magento2 の web サーバーのドキュメントルートに相対したディレクトリ localhost また、管理者へのパスはです adminしたがって、

    ストアフロント URL はです http://127.0.0.1

  • データベース・サーバは、Web サーバと同じホスト上にあります。

    データベース名は magento、およびユーザー名とパスワードは両方とも magento

  • 管理者には次のプロパティがあります。

    • 氏名は Magento User
    • ユーザー名: admin パスワードはです admin123
    • 電子メール アドレス: user@example.com
  • デフォルト言語はです。 en_US (米国英語)

  • デフォルトの通貨は米国ドルです

  • デフォルトのタイムゾーンは米国中部(アメリカ/シカゴ)です

  • インストーラーは、まずデータベースをクリーンアップしてから、テーブルとスキーマをインストールします

  • 受注増分プリフィクスを使用できます ORD$ (特殊文字が含まれているので) [$](値は二重引用符で囲む必要があります)

  • セッションデータはデータベースに保存されます

  • サーバーの書き換えを使用

  • OpenSearch はにインストールされています os-host.example.com ポート 9200 で接続します。

magento setup:install --base-url=http://127.0.0.1/magento2/ \
--db-host=localhost --db-name=magento --db-user=magento --db-password=magento \
--admin-firstname=Magento --admin-lastname=User --admin-email=user@example.com \
--admin-user=admin --admin-password=admin123 --language=en_US \
--currency=USD --timezone=America/Chicago --cleanup-database \
--sales-order-increment-prefix="ORD$" --session-save=db --use-rewrites=1 \
--search-engine=opensearch --opensearch-host=os-host.example.com \
--opensearch-port=9200
NOTE
コマンドは、1 行で入力するか、前述の例のように、 \ 各行の末尾の文字。

インストールが成功すると、次のようなメッセージが表示されます。

Post installation file permissions check...
For security, remove write permissions from these directories: '/var/www/html/magento2/app/etc'
[Progress: 274 / 274]
[SUCCESS]: Magento installation complete.
[SUCCESS]: Admin Panel URI: /admin_puu71q
recommendation-more-help
0f8e7db5-0e9c-4002-a5b8-a0088077d995