Data Connection プロファイルレコード (Beta)

以下は、Data Connection 拡張機能をインストールする際に利用できるCommerce プロファイルレコードデータを説明しています。 プロファイルレコードのデータはAdobe Experience Platformに送信されます。

プロファイルレコード

プロファイルレコードの更新は、新しいプロファイルを作成、更新または削除すると、Experience Platformで利用できます。

プロファイルレコードから収集されたデータ

次に、プロファイルレコードに対して取り込まれるデータを示します。

フィールド
説明
channel
データのソースに関する情報が含まれます。 _id_type の両方に 名前空間の値が含まれています。
channel._id
チャネルの一意の識別子("https://ns.adobe.com/xdm/channels/web" など)。
channel._type
"https://ns.adobe.com/xdm/channel-types/web" などのチャネルデータのソースを識別します。
person
顧客に関する情報が含まれます。
person.name
顧客の名前に関する情報が含まれます。
person.name.firstName
顧客の名が含まれます。
person.name.lastName
顧客の姓が含まれます。
person.birthDate
買い物客の生年月日。
personalEmail
個人の電子メールアドレス。
personalEmail.address
例えば、技術的アドレス name@domain.com、RFC2822 および後続の標準で一般的に定義されています。
billingAddress
請求先住所。
billingAddress.street1
プライマリの番地レベルの情報、アパート番号、通り番号、通り名。
billingAddress.street2
オプションの住所情報 2 行目。
billingAddress.city
市区町村の名前。
billingAddress.state
州の名前。 これは自由形式フィールドです。
billingAddress.country
政府が管理する領土の名前。 xdm:countryCode 以外の場合、これは自由形式のフィールドで、どの言語でも国名を持つことができます。
billingAddress.primary
これが主要請求先住所かどうかを示します。 値は常に False です。
billingAddressPhone
請求先住所に関連付けられた電話番号。
billingAddressPhone.number
電話番号。 電話番号は文字列で、意味のある文字(角括弧 ()、ハイフン - など)や、サブダイヤル識別子を示す文字(内線 x 例:1-353(0)18391111+613 9403600x1234 など)を含める場合があることに注意してください。
billingAddressPhone.primary
これが請求先住所の主要電話番号かどうかを示します。 値は常に False です。
shippingAddress
配送先住所。
shippingAddress.street1
プライマリの番地レベルの情報、アパート番号、通り番号、通り名。
shippingAddress.street2
オプションの住所情報 2 行目。
shippingAddress.city
市区町村の名前。
shippingAddress.state
州の名前。 これは自由形式フィールドです。
shippingAddress.country
政府が管理する領土の名前。 xdm:countryCode 以外の場合、これは自由形式のフィールドで、どの言語でも国名を持つことができます。
shippingAddress.primary
これがプライマリ配送先住所かどうかを示します。 値は常に False です。
shippingAddressPhone
配送先住所に関連付けられた電話番号。
shippingAddressPhone.number
電話番号。 電話番号は文字列で、意味のある文字(角括弧 ()、ハイフン - など)や、サブダイヤル識別子を示す文字(内線 x 例:1-353(0)18391111+613 9403600x1234 など)を含める場合があることに注意してください。
shippingAddressPhone.primary
これが配送先住所の基本電話番号かどうかを示します。 値は常に False です。
userAccount
ロイヤルティの詳細、環境設定、ログインプロセス、その他のアカウント環境設定を示します。
userAccount.startDate
プロファイルが最初に作成された日付。
NOTE
各プロファイルレコードには、identityMap フィールドも含まれています。このフィールドには、プロファイルのプライマリ識別子としてシステム生成のCommerce顧客 ID と、セカンダリ識別子として使用されるメール ID が含まれます。

プロファイルレコードからデータを取り込むことができる プロファイルレコード固有のスキーマを作成する方法を説明します。

recommendation-more-help
6bf243c8-c8c6-4074-826f-546af445e840