.env ファイルの生成と設定 env-file

この .env は、サンプルモジュールには含まれていないが、Adobe Developer App Builder アプリケーションで使用するために重要な特別なファイルです。 このファイルには、シークレットやその他の情報が含まれています。 このファイルを任意のコードリポジトリにコミットしないでください。

このビデオの目的は誰ですか。

  • Adobe Commerceを初めて使用する開発者で、AdobeApp Builder を使用した経験が限られている人が、 .env ファイル。

ビデオコンテンツ

  • .env ファイルの概要とその目的
  • .env ファイルの生成方法
  • ファイルを追加して新しいシークレットを追加する方法
  • このファイルには機密情報が含まれているため、コミットしないでください

コードサンプル

# Specify your secrets here
# The .env file must not be committed to source control
## Adobe I/O Runtime credentials
AIO_runtime_auth=abcd1234-aaa-bbb-ccc-12345:Abcdd12345asdfadsfadsfee2323232323232
AIO_runtime_namespace=12345-someworkspace-stage
AIO_runtime_apihost=https://adobeioruntime.net
## Adobe I/O Console service account credentials (JWT) Api Key
SERVICE_API_KEY=

# You can include some commerce OAUTH credentials too, our sample module will use this
#COMMERCE_BASE_URL=https://somecommercewebsite.com/
#COMMERCE_CONSUMER_KEY=abcebdme5bvafnemk0mdeeiyfq123
#COMMERCE_CONSUMER_SECRET=ffff86sqws3pss5hhuofiqgq4t04rrr11
#COMMERCE_ACCESS_TOKEN=gdddfccronj098r4m04zyq773s5o64
#COMMERCE_ACCESS_TOKEN_SECRET=ggg7nb19jhr5gi9jzfan9ggzipe8yrus

これらの静的な値は、ファイルのサンプルモジュールで使用されていることがわかります actions/commerce.index.js.

        const oauth = getCommerceOauthClient(
            {
                url: params.COMMERCE_BASE_URL,
                consumerKey: params.COMMERCE_CONSUMER_KEY,
                consumerSecret: params.COMMERCE_CONSUMER_SECRET,
                accessToken: params.COMMERCE_ACCESS_TOKEN,
                accessTokenSecret: params.COMMERCE_ACCESS_TOKEN_SECRET
            },
            logger
        )

App Builder – 最初のアプリ関連ページを作成します

recommendation-more-help
3a5f7e19-f383-4af8-8983-d01154c1402f