BB2B-2598:にキャッシュ機能を追加 storeConfig, currency, country, countries、および availableStores GraphQl クエリ

BB2B-2598 パッチは、次のキャッシュ機能を追加します。 storeConfig, currency, country, countries、および availableStores GraphQl クエリ このパッチは、 Quality Patches Tool (QPT) 1.1.30 がインストールされています。 パッチ ID は BB2B-2598 です。 この問題はAdobe Commerce 2.4.7-beta1 で修正される予定であることに注意してください。

影響を受ける製品とバージョン

Adobe Commerce バージョン用のパッチが作成されます。

  • Adobe Commerce(すべてのデプロイメント方法) 2.4.4 - 2.4.6

Adobe Commerce バージョンとの互換性:

  • Adobe Commerce(すべてのデプロイメント方法) 2.4.4 - 2.4.6
NOTE
パッチは、新しいを含む他のバージョンにも適用される可能性があります。 Quality Patches Tool リリース。 パッチがお使いのAdobe Commerceのバージョンと互換性があるかどうかを確認するには、 magento/quality-patches を最新バージョンにパッケージ化し、 Quality Patches Tool:パッチの検索ページ. パッチ ID を検索キーワードとして使用して、パッチを見つけます。

問題

availableStores, countries, country, currency, storeConfig、および customAttributeMetadata GraphQL クエリはキャッシュできません。

前提条件:

  • サーバーが次を指している Varnish Adobe Commerce バックエンドへのプロキシ化。
  • 設定 system/full_page_cache/caching_application はに設定されています。 2 (Varnish)、または、Adobe Commerce管理者/に移動します。 Stores > System > Full Page Cache > Caching Application > に設定し、に設定します Varnish.

パッチを適用した後、次の手順を実行して、キャッシュ機能が使用可能になっていることを確認します。

  1. 送信 GET 任意のフィールドを使用して、上記のGraphQL クエリのいずれかにリクエストします。
  2. 変更を加えずにリクエストを再送信します。ずっと速くなっていることがわかります。 リクエストはバックエンドに送信されませんが、によって完全に処理されます。 Varnish キャッシュヒットとして。
  3. さらにプルーフが必要な場合は、未設定をコメントアウトします。 X-Magento-Debug ヘッダーがに存在する VCLを選択してから、再起動します Varnish そして、上記の手順を再度実行します。

パッチの適用

個々のパッチを適用するには、デプロイメント方法に応じて、次のリンクを使用します。

関連資料

について詳しくは、 Quality Patches Toolを参照してください。

QPT で使用可能なその他のパッチについては、を参照してください。 Quality Patches Tool:パッチの検索 が含まれる Quality Patches Tool ガイド。

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a