サンプルデータ

ストアの開発時にサンプルデータが必要な場合は、サンプルデータをインストールできます。 このデータは、顧客、製品、その他のデータを含むアクティブなAdobe Commerceストアをシミュレートします。 このサンプルデータは、新しいAdobe Commerce on クラウドインフラストラクチャテンプレートのインストールで最も適しています。

ベストプラクティスとして、開発環境と統合環境にサンプルデータをインストールします。 ステージングまたは実稼動環境でサンプルデータを使用する場合は、 削除 運用を開始する前の情報と製品。

サンプルデータをインストール

サンプルデータをインストールするには:

  1. ローカルワークステーションで、プロジェクトディレクトリに移動します。

  2. ルートに、次のコマンドを入力してサンプルデータを追加します。

    code language-bash
    ./bin/magento sampledata:deploy
    
  3. コンポーネントが更新されるまで待ちます。

  4. 変更をコミットしてプッシュします。

    code language-bash
    git add -A && git commit -m "Install sample data"
    
    code language-bash
    git push origin <branch-name>
    
  5. プロジェクトがデプロイされるまで待ちます。

  6. 統合環境のストアフロントページに移動して、インストールが成功したことを確認します。 ストアフロントへの URL リンクは、 Cloud Console.

  7. 環境のスナップショットを作成します。

    code language-bash
    magento-cloud snapshot:create -e <environment-ID>
    

ライブデータを使用して開発のテストを開始できます。

サンプルデータのリセットまたはアンインストール

サンプルデータのインストールと同じ手順に従って、サンプルデータをリセットまたは削除できます。

  • サンプルデータの削除: ./bin/magento sampledata:remove
  • サンプルデータをリセット: ./bin/magento sampledata:reset
recommendation-more-help
05f2f56e-ac5d-4931-8cdb-764e60e16f26