Workspaceの制御

Amazon Sales Channel ホームページには、「フィルター」、「デフォルトビュー」、「列」、「書き出し」など、いくつかの一般的なワークスペースコントロールがあります。 すべてのページの制御オプションが同じわけではありません。

Amazon Sales Channelワークスペースコントロールの例

アクション

Actions ​セレクターには、ユーザーがページで使用できるアクションのリストが表示されます。 これを選択すると、選択したすべての項目にアクションが適用されます。 特定の項目にアクションを適用するには、各項目の最初の列にあるチェックボックスを選択し、「Actions」の下のオプションを選択します。

例えば、セレクターが Attributes ​ページに表示されている場合は、Re-import Product Attribute Values アクションが含まれています。 このアクションを選択すると、対応する Amazon Seller Central アカウントに Ping が実行され、左側の列でチェックされた各Amazon ストア項目の Commerce データが更新されます。

アクションメニューの例

フィルター

Filters ​コントロールは、テーブルに表示されるデータを絞り込むためのオプションを表示します。 フィルタ オプションは、列コントロールで選択した列に基づきます。 フィルターオプションは、列コントロールで有効になっている列にのみ表示されます。

フィルター制御には、指定した日付のデータを絞り込むための動的カレンダー、定義済みの選択肢を含んだ列のためのドロップダウンメニュー、カスタムデータを含む可能性のあるフリーテキストフィールドを含めることができます。

次の例では、注文のリストをフィルタリングして、次の条件を満たす注文のみを表示するための設定を示します。

  • 2019 年 2 月 1 日~2019 年 2 月 7 日の間に発注。
  • Smith という名前の購入者との注文
  • ステータスが Shipped の注文。

フィルタリングオプションを設定したら、「Apply Filters」をクリックして、リストされたデータをフィルタリングします。 [ キャンセル ] をクリックすると、[ フィルタ ] コントロールが適用されずに終了します。

フィルター制御の例

データにフィルターを適用すると、情報 Active Filters 表示されます。 フィルターを消去アイコン アイコンをクリックして特定のフィルターオプションを消去するか、「Clear All」をクリックして、適用されているすべてのフィルターを消去できます。

アクティブなフィルターの例

表示

ビューコントロールは、ページのデフォルトの列に基づいているので、デフォルトビューと呼ばれます。 列コントロールを使用して、使用可能な列を追加または削除できます。 列をカスタマイズすると、ビューをカスタム ビューとしてビューコントロールに保存できます。

ページ表示に列を追加または削除した場合:

  1. Default View/Save View As… をクリックします。

  2. ビューの名前を入力します。

  3. カスタムビューを保存するには、矢印アイコンをクリックします。

ビューコントロールの例

この例では、注文 ID 列が列コントロールに追加され、カスタムビューとして保存されます。 カスタム ビュー名を保存すると、ビューの名前が 既定のビュー から入力した名前に変更されます。

ビューを切り替えるには、View ​メニューで目的のビューを選択します。

カスタムビューの名前を削除または変更する場合は、鉛筆アイコンをクリックします。 別の名前を入力するか、ごみ箱アイコンをクリックしてカスタムビューを削除できます。 既定のビューは削除できません。

列コントロールを使用すると、ページ表示に対してデータ列の追加または削除を行うことができます。 各Amazonの営業チャネルページには、事前に設定されたデータ列の組み合わせがありますが、ほとんどのページには、使用可能な列が追加されています。 追加の列がない場合でも、デフォルトの列を表示から削除できます。

次の例は、列コントロールを示しています。 オンにしたオプションは、ページに表示される列ヘッダーに対応します。

  • ページにデータ列を追加するには、チェックボックスを選択します。
  • ページからデータ列を削除する場合は、このチェックボックスを選択しないでください。

列コントロールの例

チェックボックスの変更は直ちに表示されます。 変更を加えてページを終了すると、ページはデフォルトの列表示に戻ります。 定期的に行う変更の場合、列の変更をカスタム ビューとしてビューコントロールに保存できます。 列を手動で追加または削除しなくても、表示コントロールを切り替えることができます。

Reset」をクリックしてオプションをデフォルト設定に戻すか、「Cancel」をクリックして変更せずに終了します。

Export

[ 書き出し ] オプションを使用すると、データをデータ ファイルに書き出すことができます。このデータ ファイルは、サードパーティのソフトウェアや別のデータベースに読み込むことができます。 書き出されるデータは、表示されるデータに制限されます。 必要に応じて、書き出しコントロールを使用する前に、必ず列を追加または削除してください。

データをエクスポートする準備ができたら、エクスポートフォーマットオプションを選択し、「エクス Export ート」をクリックします。

  • CSV - プレーンテキストデータを含む、コンマ区切り値ファイル
  • Excel XML - XML ベースのスプレッドシートデータ形式(通常、Excel ユーザーに使用)

生成されたデータファイルは、指定したフォルダーに自動的に保存されてダウンロードされます。

書き出し制御

recommendation-more-help
d7aea088-4a5c-42a7-90a2-da8ec88c1b94