順次比較の計算列

このトピックでは、 Sequential Comparison で使用できる計算列 Manage Data > Data Warehouse ページ。 以下に、その機能の説明を示し、その後に例と作成の仕組みを示します。

説明

この Sequential Comparison 列タイプ:連続したイベントの違いを検索します。 最も一般的なタイプの Sequential Comparison 列は Seconds since previous order 列。 この列には、次の 3 つの入力が必要です。

  1. Event Owner:この入力は、行がグループ化されるエンティティを決定します。 例: Seconds since previous order 列で、イベントの所有者は顧客です。これは、同じ顧客の前回の注文からの秒数を求めるためです。
  2. Event Date:この入力は、イベントのシーケンスを強制します。 の場合 Seconds since previous order。注文のタイムスタンプを含む列は、です Event Date. この入力は常にタイムスタンプです。
  3. Value to Compare:比較される実際の値です。 現在の行の値から前の行の値を減算します。 したがって、顧客の連続する注文の時間差を求める列が呼び出されます Seconds since previous order. この入力はタイムスタンプである必要はありません。 タイムスタンプ以外の例では、顧客の連続する注文間の注文値の違いを見つけます。

event_id
owner_id
timestamp
Seconds since owner's previous event
1
A
2015-01-01 00:00:00
NULL
2
B
2015-01-01 00:30:00
NULL
3
A
2015-01-01 02:00:00
7200
4
A
2015-01-02 13:00:00
126000
5
B
2015-01-03 13:00:00
217800

上記の例では、 Seconds since owner's previous eventSequential Comparison 集計列。 の場合 owner_id = A最初に、に基づいてシーケンスを識別します timestamp 列に追加し、直前のイベントの timestamp 現在のイベントのタイムスタンプから。 テーブルの 3 行目 – 2 行目 owner_id A – の値 Seconds since owner's previous event は、「2015-01-01 02:00」から「2015-01-01 00」までの秒数です:00:00'。 この差は、2 時間= 7200 秒に等しくなります。

この計算列タイプの場合、所有者の最初のイベントに対応する行には NULL の値。

仕組み

を作成するには イベント番号 列:

  1. に移動します。 Manage Data > Data Warehouse ページ。

  2. この列を作成するテーブルに移動します。

  3. クリック Create New Column 右上隅

  4. を選択 Same Table as the Definition Type (比較する列が同じテーブルにない場合は、再配置する必要がある可能性があります)。

  5. を選択 SEQUENTIAL_COMPARISON as the Column Definition Equation.

  6. 入力を選択します(前述)。

    • Event Owner
    • Event Date
    • Value to Compare
  7. フィルターを追加して、行を考慮から除外することもできます。 除外行には、 NULL この列の値。

  8. ページ上部の列の名前を指定し、 Save.

  9. 列は使用可能です 即時.

秒

recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc