sales_order テーブル

The sales_order テーブル (sales_flat_order M1) では、各注文がキャプチャされます。 通常、各行は 1 つの一意の順序を表しますが、Commerce のカスタム実装では、順序を別々の行に分割することになります。

このテーブルには、その注文がゲストのチェックアウトで処理されたかどうかに関わらず、すべての顧客注文が含まれます。 ストアがゲストによるチェックアウトを受け入れる場合、これに関する詳細を確認できます 使用例.

共通列

列名
説明
base_currency_code
で取り込まれるすべての値の通貨 base_* フィールド ( base_grand_total, base_subtotalなど )。 これは、通常、コマースストアのデフォルトの通貨を反映します
base_discount_amount
注文に適用される割引値
base_grand_total
すべての税金、送料、割引が適用された後に、注文に関して顧客が支払った最終的な価格。 正確な計算はカスタマイズできますが、一般に、 base_grand_total は次のように計算されます。 base_subtotal + base_tax_amount + base_shipping_amount + base_discount_amount - base_gift_cards_amount - base_customer_balance_amount
base_subtotal
注文に含まれるすべての品目の総商品価格。 税、送料、割引などは含まれません
base_shipping_amount
注文に適用される送料の値
base_tax_amount
注文に適用される税額
billing_address_id
Foreign key ~と関連している sales_order_address 表。 結合先 sales_order_address.entity_id 注文に関連付けられた請求先住所の詳細を決定するには
coupon_code
注文に適用されたクーポン。 クーポンが適用されていない場合、このフィールドは「 NULL
created_at
注文の作成タイムスタンプ。ローカルの UTC に保存されます。 の設定に応じて、 Commerce Intelligenceの場合、このタイムスタンプは、 Commerce Intelligence データベースのタイムゾーンと異なる
customer_email
注文をする顧客の電子メールアドレス。 これは、ゲストによるチェックアウトで処理される注文を含め、すべての状況で設定されます
customer_group_id
に関連付けられた外部キー customer_group 表。 結合先 customer_group.customer_group_id オーダーに関連付けられた顧客グループを特定するには、以下を実行します。
customer_id
Foreign key ~と関連している customer_entity 顧客が登録されている場合は、テーブル。 結合先 customer_entity.entity_id を使用して、注文に関連付けられている顧客属性を特定します。 注文がゲストによるチェックアウトを通じておこなわれた場合、このフィールドは NULL
entity_id (PK)
テーブルの一意の識別子。Commerce インスタンス内の他のテーブルへの結合で一般的に使用されます
increment_id
注文の一意の識別子 ( 一般的に order_id Adobe Commerceの The increment_id は、外部ソースへの結合に最も多く使用されます。 Google Ecommerce
shipping_address_id
に関連付けられた外部キー sales_order_address 表。 結合先 sales_order_address.entity_id 注文に関連付けられた配送先住所の詳細を決定するには
status
注文のステータス。 「complete」、「processing」、「cancelled」、「refunded」などの値と、Commerce インスタンスに実装されているカスタムステータスを返す場合があります。 オーダーの処理時に変更される場合があります
store_id
Foreign key ~と関連している store 表。 結合先 store.store_id 注文に関連付けられているコマースストア表示を特定するには

共通の計算列

列名
説明
Billing address city
注文の請求先住所(市区町村)。 結合によって計算 sales_order.billing_address_id から sales_order_address.entity_id そして city フィールド
Billing address country
注文の請求国コード。 結合によって計算 sales_order.billing_address_id から sales_order_address.entity_id そして country_id
Billing address region
注文の請求地域(多くの場合、州または都道府県)。 結合によって計算 sales_order.billing_address_id から sales_order_address.entity_id そして region フィールド
Customer's first order date
この顧客が最初に発注した注文のタイムスタンプ。 多くの場合、顧客の「獲得日」と見なされます。 最小値を返すことによって計算されます sales_order.created_at 各ユニーク顧客の価値
Customer's first order's billing region
注文をした顧客の獲得請求地域。 を返すことで計算されます。 Billing address region 顧客の最初の注文に関連している
Customer's first order's coupon_code
この注文をした顧客の獲得クーポンコード。 を返すことで計算されます。 coupon_code 顧客の最初の注文に関連している
Customer's group code
この注文を行った顧客のグループ名。 結合によって計算 sales_order.customer_group_id から customer_group.customer_group_id そして customer_group_code フィールド
Customer's lifetime number of coupons
この顧客が行ったすべての注文に適用されたクーポンの合計数。 注文の数をカウントして計算します。 coupon_code 等しくない NULL ユニーク顧客ごとに
Customer's lifetime number of orders
この顧客が行った注文の合計数。 行数を sales_order 個別顧客ごとの表
Customer's lifetime revenue
この顧客が行ったすべての注文に関する売上高の合計。 計算方法は base_grand_total 各ユニーク顧客のすべての注文のフィールド
Customer's order number
この顧客の注文の順番のランク。 顧客が発注したすべての注文を識別し、 created_at タイムスタンプを設定し、各注文に増分整数値を割り当てます。 例えば、顧客の最初の注文では、 Customer's order number が 1 の場合、顧客の 2 番目の注文は Customer's order number 2 など。
Customer's order number (previous-current)
顧客の前のオーダーのランクとこのオーダーのランクを連結したもので、 - 文字。 連結 ("Customer's order number - 1") を"-"の後に"Customer's order number". 例えば、顧客の 2 回目の購入に関連付けられた注文の場合、この列は、 1-2. 最も頻繁に使用されるのは、2 つの注文イベントの間の時間を表す場合です(つまり、「注文間の時間」グラフ)。
Is customer's last order?
注文が顧客の最後の注文に対応するか、最新の注文に対応するかを決定します。 比較によって計算される Customer's order numberCustomer's lifetime number of orders. これら 2 つのフィールドが指定された順序に等しい場合、この列は Yes;それ以外の場合は No
Number of items in order
注文に含まれる品目の合計数量。 結合によって計算 sales_order.entity_id から sales_order_item.order_id そして要約すると sales_order_item.qty_ordered フィールド
Seconds between customer's first order date and this order
この注文から顧客の最初の注文までの経過時間。 減算で計算 Customer's first order date から created_at 各注文に対して、秒数の整数で返されます。
Seconds since previous order
この注文から顧客の直前の注文までの経過時間。 計算には、 created_at 以前の注文について created_at この順序の値を秒単位で返します。 例えば、顧客の 3 番目の注文に対応する注文レコードの場合、この列は顧客の 2 番目の注文から 3 番目の注文までの秒数を返します。 顧客の最初の注文に対して、このフィールドは NULL
Shipping address city
注文の送料の市区町村。 結合によって計算 sales_order.shipping_address_id から sales_order_address.entity_id そして city フィールド
Shipping address country
注文の配送先国コード。 結合によって計算 sales_order.Shipping_address_id から sales_order_address.entity_id そして country_id
Shipping address region
注文の出荷地域(ほとんどの場合、州または都道府県)。 結合によって計算 sales_order.shipping_address_id から sales_order_address.entity_id そして region フィールド
Store name
この注文に関連付けられたコマースストアの名前。 結合によって計算 sales_order.store_id から store.store_id そして name フィールド

一般的な指標

指標名
説明
構築
Avg order value
注文あたりの平均売上高。売上高は base_grand_total
Operation: Average
Operand: base_grand_total
Timestamp: created_at
Avg time between orders
すべての顧客および注文に関して、顧客の (n-1) 注文から n 番目の注文までの平均時間
Operation: Average
Operand: Seconds since previous order
Timestamp: created_at
GMV
すべての税金と割引が適用される前の、GMV が小計として定義されているすべての注文の総商品額の合計
Operation: Sum
Operand: base_subtotal
Timestamp: created_at
Median time between orders
すべての顧客および注文について、顧客の (n-1) 注文から n 番目の注文までの中央値時間
Operation: Median
Operand: Seconds since previous order
Timestamp: created_at
Orders
発注された注文の総数
Operation: Count
Operand: entity_id
Timestamp: created_at
Revenue
すべての注文の売上高の合計。売上高は、すべての税金、割引、送料などの後に、顧客が支払った最終的な価格として定義されます。
Operation: Sum
Operand: base_grand_total
Timestamp: created_at
Shipping
すべての注文の送料の合計
Operation: Sum
Operand: base_shipping_amount
Timestamp: created_at
Tax
すべての注文に適用される税金の合計
Operation: Sum
Operand: base_tax_amount
Timestamp: created_at
Unique Customers
特定のレポート期間に注文をしたユニーク顧客の数。 例えば、レポートの間隔が毎週の場合、特定の週に 1 回以上注文した各顧客は、その週に注文した注文数に関係なく、正確に 1 回とカウントされます
Operation: Count Distinct
Operand: customer_email
Timestamp: created_at

Foreign Key パスの結合

customer_entity

  • 結合先 customer_entity 注文した顧客に関連付けられた新しい顧客レベルの列を作成するテーブル。
    • パス: sales_order.customer_id (多数) => customer_entity.entity_id (1)

customer_group

  • 結合先 customer_group 注文をした顧客の顧客グループ名を返す列を作成するテーブル。
    • パス: sales_order.customer_group_id (多数) => customer_group.customer_group_id (1)

sales_order_address

  • 結合先 sales_order_address 表を使用して、注文に関連付けられた請求先と配送先を返す列を作成します。 請求または配送の詳細が必要かどうかに応じて、2 つの結合パスが可能です。

    • パス:

      • 送料: sales_order.shipping_address_id(多数) => sales_order_address.entity_id (1)
      • 請求: sales_order.billing_address_id(多数) => sales_order_address.entity_id (1)

store

  • 結合先 store 注文に関連付けられたコマースストアに関連する詳細を返す列を作成するテーブル。
    • パス: sales_order.store_id (多数) => store.store_id (1)
recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc