enterprise_rma 表

各行 enterprise_rma テーブル (多くの場合、 magento_rma Adobe Commerce 2.x では。ただし、名前はカスタマイズできます)には、特定のリターンリクエストに関する情報が含まれます。

NOTE
この表は、次のユーザーの場合、Adobe Commerce アカウントに標準で付属しています Enterprise Edition または Enterprise Cloud Edition 顧客。

共通ネイティブ列

列名
説明
entity\_id
テーブルの一意の識別子。 Each entity\_id return リクエストを表します。
date\_requested
返品がリクエストされた日付。
status
返品のステータス。 値には「received」、「pending」、「authorized」などがあります。
order\_id
に関連付けられた外部キー sales\_flat\_order テーブル。
customer\_id
に関連付けられた外部キー customer\_entity テーブル。

一般的な計算列

列名
説明
Order's created\_at
これは元の注文の日付です。 これを使用して、注文から返品要求までの時間を取得できます。
Customer's order number
これは、元の注文に関連付けられた顧客の注文番号です。
Seconds between order's created\_at and return's date\_requested
注文日から返品要求までの秒数。
Return's total value
これは、返される合計金額です。 これは、各返品品目の個々の返品金額の合計です。

一般的な指標

指標名
説明
建設
Number of returns
リクエストされた戻り値の数。
Operation 列: entity id
Operation: Count
Timestamp 列: date requested
Total returned amount
返される合計金額。
Operation 列: Return's total value
Operation:合計
Timestamp 列:リクエストされた日付
Average returned amount
返される平均金額。
Operation Column: Return's total value
Operation: Average
Timestamp 列: date requested
Average time to return
注文から返品までの平均時間。
Operation 列:注文が作成されてから返品がリクエストされた日付までの秒数
Operation: Average
Timestamp 列: date requested

その他のテーブルへの接続

sale_flat_order

  • セグメント化する結合列を作成し、で注文レベルの属性でフィルタリングする enterprise_rma 以下の結合を使用したテーブル:

    • Commerce 1.x: enterprise_rma.order_id (多) => sales_flat_order.entity_id (1)
    • Commerce 2.x: magento_rma.order_id (多) => sales_order.entity_id (1)

enterprise_rma_item_entity

  • 次のような多対 1 列の作成 Return's total valueenterprise_rma 以下の結合を使用したテーブル:

    • Commerce 1.x: enterprise_rma_item_entity.rma_entity_id (多) => enterprise_rma.entity_id (1)
    • Commerce 2.x: magento_rma_item_entity.rma_entity_id  (多) => magento_rma.entity_id (1)
recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc