のリリースノート Page Builder

これらのリリースノートは、のリリースを説明します Page Builder これには以下が含まれます。

新規 新機能

修正された問題 修正点および改善点

既知の問題 既知の問題

IMPORTANT
2.4.3 リリース以降、 Page Builder は、Magento Open Sourceのバンドル拡張機能として使用できるようになりました。 現在は、Adobe CommerceとMagento Open Sourceの両方に使用されるデフォルトのコンテンツ編集ツールになり、WYSIWG エディターをサードパーティのモジュールに置き換えることができます。

Commerce 2.4.5 向け 1.7.2

新規 新しいラッパーエンティティ - Columns 列レイアウトに導入されたコンテナ – 以前は、ユーザーは、次のような別のコンテナ/ラッパー型の内部でのみ列を追加できていました Tab または Row. さて、 Column には独自のラッパーがあり、ステージに直接追加できます。 また、 Columns コンテナには settings 要素があり、ユーザーはこのラッパーエンティティの設定を指定できます。

新規 列グループを複製、非表示、削除するための新しいメニューオプション – これらの新しいオプションを使用すると、ユーザーは複製、非表示および削除ができます Columns グループ – コンテンツタイプの場合と同様です。

新規 列グループに新しい複数行列のサポートが追加されました – この追加により、ユーザーは 1 つの列内で複数の行を操作できます Columns 列レイアウトの柔軟性を高めるためのグループです。

参照: レイアウト – 列 新しいの使用について Columns グループ。

Commerce 2.4.4 向け 1.7.1

修正された問題 ページビルダーは、PHP 8.1 と互換性を持つようになりました。

修正された問題 マーチャントは、代替テキスト(alt_text)を画像(画像、バナー、スライド)に変換して、コンテンツのアクセシビリティを強化します。

修正された問題 コンテンツ編集のみに権限を制限されている管理者ユーザーが、ページビルダーを使用して製品ウィジェットを CMS ページに追加する際にエラーが表示されなくなりました。 また、ページビルダーでは、ウィジェット設定ページに正確な製品数も表示されます。 以前は、ページビルダーで製品数を取得する際にカタログモジュールに対する権限が必要で、次のエラーが表示されていました。 A technical problem with the server created an error. Try again to continue what you were doing. If the problem persists, try again later.

修正された問題 ページビルダーの形式メニューに関する表示の問題は、TinyMCE 5 ライブラリのアップグレードにより解決されました。

修正された問題 マウスを使用して、 表示するテキスト リンクを挿入ポップアップの値。

修正された問題 ページビルダーで、フォントサイズ オプションメニューに、すべてのオプションが期待どおりに表示されるようになりました。 以前は、一部のオプションが表示されていませんでした。

修正された問題 をアップグレードしました phpgt/dom の Composer 依存関係 magento/magento2-page-builder を最新バージョンに拡張します。

修正された問題 ページビルダーで、スライダーを小さな列に表示した場合に、リンクを挿入ダイアログと画像を挿入ダイアログのサイズが変更されなくなりました。

修正された問題 ページビルダーのテーブルのプロパティメニューが期待どおりに表示されます。

修正された問題 スライダーにマウスポインターを置いていない場合、リンクを挿入または画像モーダルにスライダードットが表示されなくなりました。

修正された問題 「テーブル」メニューオプションの表示に使用されるフォントサイズが最適化されました。

修正された問題 画像の挿入/編集ダイアログとリンクの挿入/編集ダイアログの位置に伴う異常を修正しました。

修正された問題 クリックしてもページビルダーでエラーがスローされなくなりました テキストエディター (バナー用)。

修正された問題 アップグレード時に、ページビルダーですべての動的ブロックが 1 つの言語に変換されなくなりました。

Adobe Commerce 2.4.2 の場合は 1.6.0

新規 新規 Page Builder スタイリング - Page Builder コンテンツのスタイル設定に関して大幅な改善を行いました。 この変更により、既存のコンテンツタイプスタイルを上書きするシンプルな CSS セレクターを簡単に作成できるようになりました。 これらの変更により、 Page Builder すべてのコンテンツタイプに対応する応答性の高いテーマ。

新規 行コンテナがオプションになりました - コンテンツをに作成できるようになりました Page Builder 行コンテナを必要としません。 行に加えて、HTML、ブロック、動的ブロック、列、タブのコンテンツタイプを、ステージに直接ドラッグ&ドロップできるようになりました。

新規 新しいレスポンシブビューポートスイッチャー - プレビューできるようになりました Page Builder ステージ上の新しい管理ビューポートスイッチャーボタンを使用して、異なるデバイス幅(ブレークポイント)のコンテンツを管理します。 ビューポートスイッチャーは、異なるデバイスを使用してストアフロントに表示される際のコンテンツのスタイルをシミュレートします。

新規 新しいブレークポイント固有のフォームフィールド - コンテンツタイプフィールドの値を、特定のビューポートのブレークポイントに設定できるようになりました。 フィールドの横にあるアイコン インジケーターは、コンテンツタイプフィールド値が適用されるビューポートを示します。

新規 定義済みフォームフィールドのエントリを削除 – 余白、パディング、および境界線に関連するプロパティ(境界線、境界線の幅、境界線の半径)の詳細なフォーム設定が、次のように設定されるようになりました defaultを開きます。これにより、モジュールの CSS で値を定義できます。

新規 追加されたステージ間隔 – 行と列で、ストアフロントではなく、ステージ上に含まれるコンテンツタイプの周囲に追加のスペース許可が提供されるようになりました。 余分なステージ間隔により、コンテナと含まれるコンテンツタイプの両方でマウスオーバーオプションメニューにアクセスしやすくなります。

修正された問題 レビューへの自動スクロールの修正 - ストアフロントの製品レビューへの自動スクロールを修正しました。

修正された問題 固定切り抜きコンテンツ – 長いカテゴリや製品の説明が切り抜かれなくなりました。

修正された問題 全幅、フルブリードカテゴリコンテンツが固定 - カテゴリコンテンツを全幅レイアウトまたはフルブリードレイアウトで表示できるようになりました。

修正された問題 セキュリティ機能の強化

Adobe Commerce 2.4.1-p1 の場合は 1.5.1

修正された問題 エラー表示 – で修正された問題 Page Builder カタログのサブカテゴリを管理者に追加する際にエラーが表示されました。

Adobe Commerce 2.4.1 の場合は 1.5.0

新規 没入型のフルスクリーン編集 – 編集中 Page Builder コンテンツが、によって制御されるすべての領域で全画面表示されるようになりました Page Builder. この変更には、CMS ページ、製品およびカテゴリページ、ブロック、動的ブロックが含まれます。 全画面編集では、コンテンツに焦点を当て、ストアフロントでのユーザーエクスペリエンスにより適したビューを提供します。

新規 Page Builder コンテンツプレビュー​- デフォルト Page Builder では、CMS ページ、ブロック、動的ブロックだけでなく、製品ページやカテゴリページのコンテンツプレビューも提供するようになりました。 新しいを使用して、製品ページとカテゴリページに対してこの機能をオンまたはオフに設定できます。 Page Builder コンテンツのプレビュー設定。コンテンツ管理/詳細コンテンツツールのストア設定でアクセスできます。

新規 製品の簡単な説明へのアクセス性の向上 - デフォルトでは、製品の短い説明が長い説明の前に表示されるようになりました。 この変更により、ストアフロントでの表示順序と一致し、短い説明にアクセスするために長い説明コンテンツをスクロールする必要がなくなります。

新規 バナーとスライドでのネストされたリンクの防止 - バナーとスライドのコンテンツと外部要素の両方にリンクを追加すると、ストアフロントに表示されない、または正しく動作しないネストされたリンクが作成されました。 この問題を解決するために、にリンクを追加できなくなりました 両方 バナーとスライドの「メッセージテキスト」領域と「リンク」属性。

修正された問題 タブ項目に空の境界線の半径を設定すると、エラーが発生し、タブ項目の内容が途切れる問題を修正しました。

修正された問題 条件の特定の組み合わせを製品条件フィルターに追加すると、エラーが発生して製品フォームが保存されない問題を修正しました。

修正された問題 無限ループ設定が無効になっている場合に、スライダーのコンテンツタイプが正しく動作しない問題を修正しました。

修正された問題 現在はで動作するように広告された最低価格を修正しました Page Builder.

修正された問題 Safari および IE 11 で、バナーとスライドのアップロードエリアに画像をドラッグ&ドロップできない問題を修正しました。

修正された問題 Firefox で Slider コンテンツタイプが応答しない問題を修正しました。

修正された問題 ウィジェットの設定が、様々な外観の DOM で間違ったセレクターを作成していた問題を修正しました。

修正された問題 ヘッダーツールバーにコンテンツタイプのオプションメニューが表示されず、フォームやその他のオプションにアクセスできない問題を修正しました。

修正された問題 全画面表示モードに複数回切り替えると、視差背景を使用するスライダーと複数の行が正しくレンダリングされない問題を修正しました。

修正された問題 見出しコンテンツタイプからテキストコンテンツタイプにコンテンツをコピーしようとするとコピーされない問題を修正しました Page Builder 保存から。

修正された問題 非 Latin-1 文字を正しく処理して保存するように、テキスト コンテンツタイプを修正しました。

修正された問題 固定 Page Builder Safari 13.1 で、小さなビューポートとモバイル画面用に Luma テーマのサイトメニューが誤ってレンダリングされる CSS スタイル。

修正された問題 HTMLコンテンツタイプを修正して、ストアフロントに「Order by SKU」などの埋め込みウィジェットを正しく表示するようにしました。

Adobe Commerce 2.4.0-p1 の場合は 1.4.1

新規 TinyMCE 4 にアップグレードしました。 セキュリティを向上させるために TinyMCE 3 を削除しました。

Adobe Commerce 2.4.0 の場合は 1.4.0

新規 PHP 7.4 のサポートを追加。

修正された問題 条件が価格に設定されている場合に、製品コンテンツタイプに設定可能な製品が表示されない問題を修正しました。

修正された問題 製品コンテナ自体のみを配置し、製品コンテナのコンテンツ(製品名、価格、ボタン、画像、その他の要素など)は配置しないように、製品の位置揃え設定を修正しました。

修正された問題 パフォーマンスの向上。

修正された問題 セキュリティの強化。

Adobe Commerce 1.3.3-p1 (2.3.6-p1)

修正された問題 セキュリティの強化。

Adobe Commerce 1.3.3 2.3.6

修正された問題 Html 属性に追加された変数ディレクティブを正しく保存するように、テキスト コンテンツタイプを修正しました。

修正された問題 非 Latin-1 文字を正しく処理して保存するように、テキスト コンテンツタイプを修正しました。

修正された問題 固定 Page Builder Safari 13.1 で、小さなビューポートとモバイル画面用に Luma テーマのサイトメニューが誤ってレンダリングされる CSS スタイル。

修正された問題 HTMLコンテンツタイプを修正して、などの埋め込みウィジェットを正しく表示するようにしました SKU で並べ替え 店先で。

修正された問題 ユーザーがコンテンツタイプのフォームを保存できない場合があるエラーを修正しました。 エラー("Page Builder がロックを解除せずに 5 秒間レンダリングしていた")ため、フォームを保存しようとすると、ローダーアイコンが無限にスピンしていました。

Adobe Commerce 1.3.2 (2.3.5-p2)

新規 セキュリティの強化。

Adobe Commerce 1.3.1 2.3.5-p1

このバージョンの Page Builder は、Adobe Commerce 2.3.5-p1 のバージョン番号のアップデートです。 バージョン 1.3.0 で説明されているすべての機能も、このバージョンに適用されます。

Adobe Commerce 2.3.5 向け 1.3.0

新規 テンプレート - Page Builder には、既存のコンテンツから作成して新しいコンテンツ領域に適用できるテンプレートが追加されました。 Page Builder テンプレートは、既存のページ、ブロック、ダイナミック ブロック、製品属性、カテゴリの説明の内容とレイアウトの両方を保存します。 例えば、既存のを保存できます Page Builder CMS ページをテンプレートとして使用し、(すべてのコンテンツとレイアウトと共に)そのテンプレートを適用して、サイトの CMS ページをすばやく作成します。 この新機能は、次の場所で説明されています。 テンプレート.

新規 行、バナー、スライダーのビデオの背景 - Page Builder 行、バナー、スライダーで、背景にビデオを使用できるようになりました。 これらの新機能については、以下を参照してください。 , バナー, スライダー.

新規 ビデオサポートの追加と機能強化 - Page Builder では、より幅広いビデオ形式をサポートするようになりました。 YouTubeおよび Vimeo のビデオに加えて、ビデオコンテンツタイプとビデオ背景で、次のようなビデオフォーマットへのビデオ URL リンクがサポートされるようになりました。 .mp4 とその他のブラウザーでサポートされる形式。 ビデオコンテンツタイプには、自動再生機能も追加されています。 これらの新機能については、以下を参照してください。 ビデオコンテンツタイプ.

新規 高さ全体の行、バナー、スライダー - Page Builder 行、バナー、スライダーは、任意の CSS 単位(px、%、vh、em)または単位間の計算(100vh - 237px)を使用して、ページの完全な高さに高さを設定できるようになりました。 これらの新機能については、以下を参照してください。 , バナー, スライダー.

新規 コンテンツ タイプ アップグレード ライブラリ – 開発者は、のバージョンを作成できるようになりました Page Builder コンテンツタイプに、以前のバージョンとの後方互換性のない問題が発生しないもの。 このリリース以前は、コンテンツタイプの設定を大幅に変更すると、以前に保存したでの表示やデータ損失の問題が発生していました Page Builder コンテンツタイプ。 新しいアップグレードライブラリにより、これらの問題が解消されます。 ライブラリは、データベースに保存された旧バージョンのコンテンツ タイプをアップグレードして、新バージョンの設定変更と一致するように設計されています。 Page Builder 新しいリリースの必要に応じて、ネイティブコンテンツタイプでアップグレードライブラリを実行します。 この変更により、のビルトインが保証されます Page Builder コンテンツタイプは、新しいリリースのコンテンツタイプに加えられた変更に一致するように常にアップグレードされます。

IMPORTANT
保存する追加のデータベースエンティティを作成した場合 Page Builder コンテンツ、あなた これらのエンティティを etc/di.xml. しない場合、 Page Builder エンティティに保存されているコンテンツは更新されないので、データ損失や表示の問題が発生する可能性があります。 例えば、を格納するブログエンティティを作成したとします Page Builder コンテンツを追加するには、ブログエンティティをに追加する必要があります etc/di.xml ファイル名 UpgradableEntitiesPool アップグレードライブラリが更新できるようにを入力 Page Builder ブログで使用されるコンテンツタイプ。 アップグレードライブラリの使用方法と詳細については、を参照してください。 コンテンツタイプをアップグレード が含まれる ページビルダー開発者ガイド.

新規 新しい外観の追加に関するドキュメント – 開発者向け情報を公開済み: 外観の追加 既存またはカスタムのコンテンツ タイプ用。

修正された問題 様々な修正点

  • スライドの親コンテナが複製されている場合に、スライドコンテンツの TinyMCE メニューが他のコンテンツタイプの下に表示される問題を修正しました。
  • 更新日 Page Builder 場合によっては、メモリリークを防ぐために destroy メソッドを実装します。
  • 管理ステージで複数のインスタンスが使用される場合の TinyMCE のパフォーマンスが向上しました。
  • 一番上の行が非表示とマークされている場合に、動的ブロック コンテンツタイプが管理ステージでレンダリングされない問題を修正しました。
  • 様々な UI のコントロールから 200 ミリ秒の遅延を削除することで、管理ステージでのマウスのホバーイベントを絞り込みました。 この変更により、ステージ上のネストされたコンテンツ項目の操作が容易になります。
  • 管理ステージのブロック/動的ブロック内の製品リストウィジェットで、通貨記号が誤ってエスケープされていた問題を修正しました。
  • の製品合計に関する問題を修正しました Page Builder カスタム MSI Stock 製品で編集パネルが機能しませんでした。
  • を保存する問題を修正しました Page Builder Microsoft Edge 上に背景画像のあるコンテンツが、ストアフロントでこれらの画像をレンダリングしません。
  • がネストされた問題を修正しました Page Builder ページが完全にレンダリングされる前にユーザーが「保存」ボタンをクリックすると、コンテンツの保存に失敗する。
  • 次の理由により cron ジョブでスローされた例外エラーを修正しました Page Builder 分析。

Adobe Commerce 2.3.4-p2 の場合は 1.2.2

新規 セキュリティの強化。

Adobe Commerce 1.2.1 2.3.4-p1

新規 セキュリティの強化。

Adobe Commerce 2.3.4 の場合は 1.2.0

新規 Page BuilderPWA Studioとの統合 – が追加されました Page Builder PWA Studioでの Venia アプリに対するコンテンツレンダリング。 Page Builder コンテンツは、PWA Studioの Venia アプリ内で表示できるようになりました。 を参照してください。 Page Builder 内のドキュメント PWA Studio この新機能に関するすべての情報

新規 製品カルーセルを追加しました - 製品コンテンツタイプには、製品をカルーセル/スライダー形式で表示するオプションが追加されました。これには、カルーセルをニーズに合わせてカスタマイズするためのいくつかのオプションが含まれます。

新規 製品 SKU の並べ替えを追加しました - 製品コンテンツタイプには、管理内のリストに追加した順序で製品を SKU で並べ替えるオプションが追加されました。

新規 製品カテゴリの並べ替えを追加しました - . 製品コンテンツ タイプに、商品をカテゴリで並べ替えるオプションが追加されました 位置 ​を選択します。Commerce カタログ内で表示される順序と同じ順序で表示されます。

新規 製品選択の合計を追加しました - . 製品コンテンツタイプ管理エディターに、製品選択オプションに一致する製品の合計数が表示されるようになりました。

修正された問題 様々な修正点

  • セキュリティの強化。
  • UI 選択コンポーネント内の検索が修正され、検索語句ごとに 1 つのAJAX リクエストのみが作成されるようになりました。
  • 関連する場合、製品の星評価、色、サイズのオプションを含め、ストアフロントに一致するように管理の製品プレビューを更新しました。
  • の問題を修正しました Page Builder は、Commerceで JavaScript の縮小とバンドルが有効な場合、保存できませんでした。
  • 製品、ブロック、動的ブロックの管理プレビューが修正されて、管理者とフロントエンドの異なる URL を定義するCommerce インストールで正しくレンダリングされるようになりました。
  • と共に B2B がインストールされたCommerce インストールで正しくレンダリングされるように、製品、ブロック、動的ブロックの管理プレビューを修正しました。 ログインのみ 有効なオプション。 この修正の前に、 Page Builder プレビューを表示すると、ページがカスタマーアカウントのログインにリダイレクトされます。
  • で大きなページをプレビューすると発生する可能性があるセッションエラーを修正しました。 Page Builder 管理者。
  • 更新日 Page Builder ストアフロントスタイルの重複を防ぐための LESS スタイル。

Adobe Commerce 1.1.1 2.3.3-p1

新規 セキュリティの強化。

Adobe Commerce 2.3.3 の場合は 1.1.0

新規 製品コンテンツタイプに明示的な製品の並べ替えを追加しました。

新規 HTMLコンテンツタイプに画像、ウィジェット、変数を挿入するためのボタンが追加されました。

修正された問題 改善 Page Builder セキュリティ。

修正された問題 更新日 Page Builder PHP バージョン 7.3 をサポートします。

修正された問題 TinyMCE をバージョン 4.9.5 に更新しました。この更新は、追加の改善点と共に、TinyMCE インラインエディターのいくつかの問題を修正しました。

  • 変数、画像および画像リンクは、カーソルがある場所に追加されます。
  • テーブルとテーブルセルは、中央揃えにすることができます。
  • コピー/貼り付けで、コンテンツがカーソル位置に貼り付けられるようになりました。
  • リンクは、選択したテキストに適用できます。
  • 箇条書きが適切に配置されます。
  • インラインエディター内の変更は、最初にエディターの外側をクリックすることなく保存できます。

修正された問題 各コンテンツタイプの編集パネル上のセクション間で、最小の高さと垂直方向の整列に一貫性がなかった問題を修正しました。

修正された問題 見出しコンテンツタイプのツールバーを最初にステージ上にドロップしたときに、ツールバーが正しく配置されなかった問題を修正しました。

修正された問題 スライダーコンテンツタイプとビデオコンテンツタイプの両方で、ハードコーディングされた余白を修正しました。

修正された問題 フォームフィールドに必須のアスタリスク記号が 2 回表示される問題を修正しました。

Adobe Commerce 2.3.2-p2 の場合は 1.0.3

新規 セキュリティの強化。

Adobe Commerce 1.0.2 (2.3.2-p1)

新規 セキュリティの強化。

Adobe Commerce 2.3.2 の場合は 1.0.1

新規 Adobe Commerce 2.3.2 との互換性を確保します。

Adobe Commerce 2.3.1 の場合は 1.0.0

新規 一般提供リリース

recommendation-more-help
85b60248-86a4-4d5f-9933-5179643f608d